CD 輸入盤

Piano Works: Luisada

ショパン (1810-1849)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
74321690872
組み枚数
:
2
レーベル
:
Rca
オリジナル盤発売年
:
1999
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
コルトー、フランソワの流れをくむ自由闊達...

投稿日:2011/11/25 (金)

コルトー、フランソワの流れをくむ自由闊達なショパンです。その自由奔放な演奏だけはなく、このピアノの音にも注目してください。ノクターンのうっとりするような美しく磨き抜かれた音、革命エチュードやスケルツォでの大地を揺るがす激しい音、かと思うと、ワルツでの猫に引っかかれたような不快?とも感じられるような音まで、この人のピアノの音はありとあらゆる音が変幻自在です。徹底した美音の追求を実現したキーシンが、ピアノ演奏の一つの到達点なら、ここには全く別のピアノ演奏のあるべき姿(霊感とインプロヴィゼーションに満ちた演奏とでも言いましょうか)があるように感じました(この人のJazzが聞いてみたいです)。コルトーの演奏を最新録音でと思う方は是非ご一聴ください。

lovely heart さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
☆
楽譜通りか否かは別として、聴いていて実に...

投稿日:2008/03/06 (木)

楽譜通りか否かは別として、聴いていて実に新鮮です。楽譜から多少逸脱していても素晴らしい演奏があるかと思えば、楽譜通りキチッと弾いた筈がツマラナイ演奏になることもあるもので、ここが実に難しいところです。他のレビューから察するに、ルイサダの演奏は楽譜に忠実かつ素晴らしい演奏となるのでしょう。とかく我が国の愛好家は楽譜に忠実であることが即ち良い演奏と解釈する傾向にあり、現にそれゆえ演奏が通り一辺になっている嫌いがあるようです。ですから、楽譜通り弾くことを最終目的にするのではなく、楽譜に忠実に弾くことで何を聞き手に伝えるのかが肝要と言えましょう。その点のイマジネーションでも、ルイサダは優れていると思います。

0
★
★
★
★
☆
ルイサダはマズルカで良い演奏をしていたの...

投稿日:2008/01/11 (金)

ルイサダはマズルカで良い演奏をしていたので、NHKから出ているテキストを求めようとしました。でも、ルイサダが推薦盤として挙げている演奏の項目を読み、購入をやめました。さすがプロ、自分の演奏が不利になるような録音は1つも選んでない。自らの商品価値を下げるほど西洋人は馬鹿ではないが、そのような積み重ねが、結局は2流3流ニセショパンがはびこる原因になっている。ルイサダは、これらの録音を聴くことで自分の正しい方法が注目されると計算してると思う。しかし、現在「正しい」は少数派で、誤解されるだけだ。

学習中(資料検索中) さん | TOKIO | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショパン (1810-1849)

。39年の短い生涯を、作曲とピアノ演奏で駆け抜けた「ピアノの詩人」の素晴らしい音楽が世界中で鳴り響きます。世界各国でさまざまなコンサートやイベントがおこなわれ、CDやDVDなど、数多くの音楽ソフトもリリースされ、ショパンの音楽が過去最高の注目を集めるにぎやかな年になりそうです。

プロフィール詳細へ

ショパン (1810-1849)に関連する商品情報

  • 【LP】ポリーニ幻のステレオ・ライヴが初LP化 スペクトラム・サウンドの仏国立視聴覚研究所提供による音源を使用したシリーズ「ベルアーム」最新作は、ポリーニのショパン、それもピアノ協奏曲第1番1960年ステレオ・ライヴ! HMV&BOOKS online|2018年6月1日(金)
  • メジューエワ/ショパン・ポロネーズ集 ソフロニツキーやネイガウスなど偉大なショパン演奏の伝統を感じさせる、充実の一枚です。 HMV&BOOKS online|2017年2月24日(金)
  • リシエツキのショパン:ピアノと管弦楽のための作品集 1995年ポーランド人の両親の元、カナダに生まれた天才ピアニスト、リシエツキは5歳でマウント・ロイヤル大学の音楽院でピアノを学び始め、2004年、9歳の時にカルガリー・シヴィック・シンフォニー共演しデビュー。 HMV&BOOKS online|2017年2月11日(土)
  • 入荷 ポリーニ/ショパン後期作品集 幻想ポロネーズ、舟歌、小犬のワルツ、ほか超メジャー傑作が満載。現代最高のピアニスト、円熟を極める楽壇の至宝による再録音を含めたショパン録音。最高の熟成を醸すショパン。 HMV&BOOKS online|2017年1月29日(日)
  • 入荷! メジューエワ/ショパン・リサイタル  恒例の京都リサイタル・シリーズ、2016年は得意とするオール・ショパン・プログラム。確信に満ちた解釈を名器ヴィンテージ・スタインウェイによる輝かしいサウンドでお楽しみください。 HMV&BOOKS online|2017年1月26日(木)
  • 若き日のヒューイットのショパン 1980年、22歳のヒューイットがポーランドのワルシャワ、第10回ショパン国際ピアノ・コンクールで奏でたショパンの秘蔵音源が、ショパン・インスティテュート(NIFC)が登場。 HMV&BOOKS online|2017年1月19日(木)

器楽曲 に関連する商品情報

  • 【LP】オーラヴル・アルナルズ/re:member 際的に活躍するアイスランドの若き作曲家&演奏家、オーラヴル・アルナルズのニュー・アルバムがDeccaからリリース。ピアノを独創的で新しい楽器に変えることのできる斬新なソフトウェアであるストラタスを使用。 HMV&BOOKS online|1日前
  • アルゲリッチ/ルガーノ・レコーディングズ 2002〜2016(22CD) このボックスは、2002〜2016年に行われた「ルガーノ音楽祭」ライヴCD(旧EMI→ワーナークラシックス)として発売されていた音源から、アルゲリッチ自身が演奏したものを全て収録したものです。 HMV&BOOKS online|2日前
  • ミシェル・ダルベルト/エラート録音全集(17CD) このボックスは、ダルベルトの演奏活動40年を記念して発売されるもので、エラート、旧EMI、旧Virginへ録音したものを全て収録したものです。ディスク8の『リスト:超絶技巧練習曲集』(1986年録音)はお蔵入りになっていたものですが、今回のボックスのために特別に初出音源として収録されています。 HMV&BOOKS online|2日前
  • 村治佳織/シネマ 2016年にリリースした5年ぶりのアルバム「ラプソディー・ジャパン」がロングセラーを続けている村治佳織。周年にあたる2018年にリリースするアルバムは、かねてから村治佳織が思いを寄せていた映画音楽集。 HMV&BOOKS online|3日前
  • 【入荷】アルゲリッチ/放送用録音、ライヴ録音集 1955-1961(4CD) アルゲリッチはデビュー当時、ドイツのラジオ局にいくつか放送用録音を残しています。それをエア・チェックした音源は他レーベルから発売されましたが、今回「Profile」レーベルがドイツの放送局のマスター音源から初CD化しました。 HMV&BOOKS online|4日前
  • ティボー・コーヴァン/『シティーズ II』 ギタリスト、ティボー・コーヴァンのニュー・アルバムは、彼がコンサートなどで訪れた世界各都市の成り立ち、物語や伝説にインスパイアされた曲や、彼とゲストアーティストらによってアレンジされた曲が収められています。 HMV&BOOKS online|4日前

おすすめの商品