CD 輸入盤

練習曲集 ポリーニ(p)

ショパン (1810-1849)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4137942
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ショパン:
・12の練習曲作品10
・12の練習曲作品25
 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
 録音:1972年1月、5月、ミュンヘン(ステレオ)

収録曲   

  • 01. No. 1 in C Major
  • 02. No. 2 in a Minor
  • 03. No. 3 in e Major, "Tritesse" - "L'Intimite"
  • 04. No. 4 in C Sharp Minor, "Torrent"
  • 05. No. 5 in G Flat Major, "Black Keys"
  • 06. No. 6 in e Flat Minor
  • 07. No. 7 in C Major, "Toccata"
  • 08. No. 8 in F Major
  • 09. No. 9 in F Minor
  • 10. No. 10 in a Flat Major
  • 11. No. 11 in e Flat Major
  • 12. No. 12 in C Minor, "Revolutionary" - "Fall of Warsaw"
  • 13. No. 13 in a Flat Major, "Aeolian Harp" - "Shepherd Boy"
  • 14. No. 14 in F Minor, "Balm"
  • 15. No. 15 in F Major, "Carwheel"
  • 16. No. 16 in a Minor
  • 17. No. 17 in e Minor
  • 18. No. 18 in G Sharp Minor
  • 19. No. 19 in C Sharp Minor
  • 20. No. 20 in D Flat Major
  • 21. No. 21 in G Flat Major, "Butterfly"
  • 22. No. 22 in B Minor
  • 23. No. 23 in a Minor, "Winter Wind"
  • 24. No. 24 in C Minor, "Ocean"

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
25
★
★
★
★
☆
 
8
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
練習曲集はテクニックと弾ききった爽快感が...

投稿日:2014/03/21 (金)

練習曲集はテクニックと弾ききった爽快感がまずは大切だと思います。少なくともテクニカルな部分について全体としてこの盤より完璧な演奏は無いと思います。ただ、歌う箇所については好みにより分かれるかもしれませんが。私は確かなテクニックの上に音楽が表現されているこのポリーニ盤が最高だとと思います。

ムサイシス さん | 三重県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
本録音はミュンヘンのヘルクレスザールで収...

投稿日:2012/02/18 (土)

本録音はミュンヘンのヘルクレスザールで収録され、トーンマイスターはクーベリック録音でお馴染みの名手ハインツ・ヴィルトハーゲンである。しかし従来のCDではヴィルトハーゲン録音の良さが出ておらず、なんとも歯がゆい思いであったが、今回のSACD化で初めてこの録音の真価が明らかになった。ひとつ目はDレンジの大幅な拡大である。ポリーニの演奏がこれほどのダイナミックレンジを有していたとはうかつにも今回初めて認識した。Dレンジの拡大に伴い、演奏における微妙な音量変化もしっかりと聴き分けられるようになった。もうひとつはキンキンしていた高域がしっとりと落ち着いたこと。このような高域成分の音質改善に伴い、機械仕掛けのような無機的な演奏といった印象は随分緩和された。一方でホールの暗騒音や演奏ノイズといった「ライブ感」は相変わらず乏しいし、本来このホールはもっと暖かい響きがするはずだが、この硬質で冷たい響きを聴くとどうしても何か作為的な悪さが行われているように思われてしようがない。とは言っても、ポリーニの演奏とヴィルトハーゲンによる録音は見事にマッチしており、これが良くも悪くも本ディスクの価値を唯一無二のものに高めているように思える。好きではないが凄い演奏だ。

meji さん | 神奈川県 | 不明

3
★
★
★
★
★
 作品10の1番の冒頭から,もう耳を奪われ...

投稿日:2012/02/17 (金)

 作品10の1番の冒頭から,もう耳を奪われっぱなしの状態…。何て厳しく美しい音(打鍵)なんだろう…。ロルティの優しく美しい出だしも魅力的ですが,このくっきりとした硬質のタッチもたまらない。  3番も“通俗曲”とは呼ばせないぞ!ってほどの厳しさ。あの魅力的な出だしから,徐々にヒートアップしていく様は圧巻。頂点での強打の何という迫力…!  5番にしろ,12番にしろ,“通俗”“有名”というレッテルをことごとく破壊しながら,素晴らしい音楽が展開されていく…。そして,一気に作品25のエンディング…正に「木枯らし」のように一気に吹き抜ける…。  これ以上何を望みますか…? 当然,望みたいものはある。温かさ,優しさ,ちょっとしたファジィ感(曖昧さ)…。が,私にとっての同曲の頂点であることは間違いない。

masato さん | 新潟県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショパン (1810-1849)

。39年の短い生涯を、作曲とピアノ演奏で駆け抜けた「ピアノの詩人」の素晴らしい音楽が世界中で鳴り響きます。世界各国でさまざまなコンサートやイベントがおこなわれ、CDやDVDなど、数多くの音楽ソフトもリリースされ、ショパンの音楽が過去最高の注目を集めるにぎやかな年になりそうです。

プロフィール詳細へ

ショパン (1810-1849)に関連する商品情報

  • メジューエワ/ショパン・ポロネーズ集 ソフロニツキーやネイガウスなど偉大なショパン演奏の伝統を感じさせる、充実の一枚です。 HMV&BOOKS online|2017年2月24日(金)
  • リシエツキのショパン:ピアノと管弦楽のための作品集 1995年ポーランド人の両親の元、カナダに生まれた天才ピアニスト、リシエツキは5歳でマウント・ロイヤル大学の音楽院でピアノを学び始め、2004年、9歳の時にカルガリー・シヴィック・シンフォニー共演しデビュー。 HMV&BOOKS online|2017年2月11日(土)
  • 入荷 ポリーニ/ショパン後期作品集 幻想ポロネーズ、舟歌、小犬のワルツ、ほか超メジャー傑作が満載。現代最高のピアニスト、円熟を極める楽壇の至宝による再録音を含めたショパン録音。最高の熟成を醸すショパン。 HMV&BOOKS online|2017年1月29日(日)
  • 入荷! メジューエワ/ショパン・リサイタル  恒例の京都リサイタル・シリーズ、2016年は得意とするオール・ショパン・プログラム。確信に満ちた解釈を名器ヴィンテージ・スタインウェイによる輝かしいサウンドでお楽しみください。 HMV&BOOKS online|2017年1月26日(木)
  • 若き日のヒューイットのショパン 1980年、22歳のヒューイットがポーランドのワルシャワ、第10回ショパン国際ピアノ・コンクールで奏でたショパンの秘蔵音源が、ショパン・インスティテュート(NIFC)が登場。 HMV&BOOKS online|2017年1月19日(木)
  • 横山幸雄/雨だれのプレリュード〜ショパン名曲集 SACDハイブリッド。横山幸雄デビュー25周年記念アルバムは、ショパンの名曲中の名曲を横山自らが厳選、新たにDSDフォーマットでレコーディングしたもの。 HMV&BOOKS online|2017年1月13日(金)

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト