ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

ショスタコーヴィチ:交響曲第10番、トルミス:序曲第2番 P.ヤルヴィ&シンシナティ響

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CD80702
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

パーヴォ・ヤルヴィの凄い実力を伝える快演盤!
ショスタコーヴィチ交響曲第10番&トルミス序曲第2番


最近は発表するすべての作品が高水準といわれるパーヴォ・ヤルヴィ。大編成作品はシンシナティ交響楽団とのテラーク・レーベルへの一連の録音のほか、フランクフルト放送響や、エストニア国立響などと録音しており、中規模作品ではドイツ・カンマーフィルハーモニーと良い仕事をしてきました。
 今回登場するのはショスタコーヴィチの交響曲第10番とトルミスの序曲第2番という組み合わせのアルバムで、ヴィルトゥオジティの求められる作品ということもあってか、シンシナティ交響楽団が相手に選ばれています。
 共に大編成の作品ですが、曲が曲だけにいつもの彼らのサウンドよりもさらに重厚に仕上げられており、久々に手ごたえのあるテラーク・サウンドが聴けるのが嬉しい限り。
 演奏も見事です。第1楽章では、克明な旋律線を刻み込む低弦からまず立派。トゥッティの盛り上げも悲壮感漂わせながらも下品にならず、長大な音楽を一貫した緊張感で描く手腕はさすがです。細部まで緊密な造形にも驚くほかありません。
 スターリンをあらわすとされる第2楽章アレグロのスケルツォは、音が良いこととオケがうまいこともあってパワフルかつ緻密なコントロールの効いた演奏が、スリリングでありながらもどこか冷たく機械的という作品の内容を正しく伝えてパーフェクトな仕上がりです。
 緩徐楽章にあたる第3楽章アレグレットでも、各パートのバランスが適正に保たれた上で豊かな表情が付されているため情報量が多く、シニカルでコミカル、そしてうら寂しいという複雑な雰囲気がよく示されています。ホルンやファゴットなど管楽器のテクニックが卓越しているため、強力なピツィカートが印象的な弦楽、そして銅鑼と組みあわされることで陰影の濃い情感がダイレクトに伝わってくるのも大きなポイント。にぎやかな中間部も馬鹿騒ぎにならず、きわめて精緻に演奏されるため、スターリンの恐怖を回想するかのようなスケルツォ引用や、若き日の恋愛感情へのノスタルジーなども交えたシリアスな音楽が聴きごたえ十分です。
 第4楽章は、強力な音圧で迫る弦楽が印象深いアンダンテの序奏部と、リズミカルでユーモラスなアレグロの主部の切れ味の良いサウンドのコントラストも鮮やかな快演。ここでもオケのうまさが光っています。
 組み合わせのトルミスは、パーヴォ・ヤルヴィの故郷エストニアの作曲家で、ショスタコーヴィチに深く傾倒していることでも知られる人物。合唱作品が有名ですが、わずかながらオーケストラ作品も書いており、ここに収められた序曲第2番は、パーヴォの父であるネーメもレコーディングをおこなっています。
 鳴りの良さはある意味ショスタコーヴィチ以上のこの曲は、ダイナミックで明快な音楽で開始され、叙情的な中間部を経て、R.シュトラウスの『サロメ』の幕切れを思わせるエンディングで締めくくられるという作品。ヤルヴィとシンシナティ交響楽団はここでも実に見事で、ショスタコーヴィチ10番と同じく、父のシャンドス盤を大きく上回る演奏を繰り広げています。

【収録情報】
・ショスタコーヴィチ:交響曲第10番ホ短調Op.93
・トルミス:序曲第2番
 シンシナティ交響楽団
 パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)

 録音:2008年4月27-28日、シンシナティ、ミュージック・ホール

収録曲   

  • 01. Shostakovich: Symphony No. 10, Op. 93: I. Moderato 24:52
  • 02. II. Allegro 4:09
  • 03. III. Allegretto 13:04
  • 04. IV. Andante; Allegro 13:51
  • 05. Tormis: Overture No. 2 11:19

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
じっくりと構えた10番の演奏、しっかりと...

投稿日:2012/04/22 (日)

じっくりと構えた10番の演奏、しっかりと歌わせる個所は歌わせシンチナティ響も答えます、この人のオヤジもショスタコの名手でしたが息子もなかなか、これからの続編を期待します。8番11番なんかを待ってます。

沼垂の五郎ちゃん さん | 所在地 | 不明

0
★
★
★
★
☆
テンポが速くてオーケストラが微妙に合わな...

投稿日:2011/05/17 (火)

テンポが速くてオーケストラが微妙に合わない場面が多い。 オーケストラの技術はしっかりしているので、指揮者 の問題だろう。スタジオ録音なら取り直しても良さそうな ものだが、多忙ゆえか? トルミとやらは曲がちょっと・・・・。

フルシチョフ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ショスタコーヴィチ交響曲第10番を初めてLP...

投稿日:2010/04/04 (日)

ショスタコーヴィチ交響曲第10番を初めてLPで聴いたのはカラヤン/BPOの旧盤ででした・・・カラヤンのショスタコーヴィチというのが珍しくLPリリース直後に飛びついた事が昨日のように思い出します。そして第1楽章、第2楽章が昔TVニュースではBGMによく使われていたことを思い起こしたものでした。さて、好調のP.ヤルヴィがこのショスタコーヴィチ交響曲第10番を2008年録音した本盤、実に丁寧に演奏が進められています。タイムとしては@24’57A4’13B13’07C13’57となっており特にやや作品としては説明的・理屈っぽい第3楽章をダレずに聴く者を惹きつけて行きます。ホルンによる長めの気分転換やピチカートで曲を引き締めたりとにかく各楽器の使い方が効果的であります。少し戻って第1楽章スタートやや粘りつくような低音弦から初めの山は段々ゆっくり攻めて行き時折の打楽器を効果的に散りばめます。そしてせっつくような焦りというか不安感を煽り真綿で首を絞める如く・・・そして全奏への橋渡し(この辺りふと魔がさした様に不用意な「間」が私には感じられたのですが些細なことかと思います)・・・枠一杯の迫力あるコーダ、執拗な弦、管楽器の踊らせも絶妙でオーケストラ機能を上手く引き出した演奏であります。第2楽章舞踏風に強弱リズミカルな展開で管楽器底力と弦、ティンパニーの共感は凄いの一言! 一気呵成感はマァマァという処です。最終楽章・・・元々社会主義リアリズムからすればその勝利感からは少し軽い楽章で評価も賛否が分かれたらしいです。出だしは相変わらず暗く彷徨いその内一つの動機を拾って活発な方へ転換、歯切れも良く各楽器の動きに精緻な明らかさを見せ抒情的局面を経て最後高揚して曲は終わります。録音にも私の程度では満足しております。P.ヤルヴィこうした大曲はCSO等を振って演奏録音していますが私の好みからもこのジャンルの彼の演奏が気に入っております(プロコフィエフ交響曲第5番盤にもメモした通りです)。トルミスの作品演奏は初めて聴くので正直相対的な評価が私の能力では出来ません、済みません。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連する商品・チケット情報

  • ボレイコのショスタコーヴィチ第8番 ロシアの指揮者、アンドレイ・ボレイコのショスタコーヴィチ交響曲シリーズ第5弾。メリハリの利いた表現と痺れるほどの緊張感の持続が持ち味。この第8番では、作品の持つ悲惨な面を掘り下げ、じっくりと聴かせます。 ローチケHMV|2017年4月7日(金)
  • ショスタコーヴィチ:協奏曲全集 2015年に開催された「チャイコフスキー国際コンクール」の入賞者(ドガジンのみ2011年の入賞者)をソリストに迎えた3枚組の協奏曲全集。 ローチケHMV|2017年4月2日(日)
  • ミヒャエル・ザンデルリングのベートーヴェン『英雄』&ショスタコ第10番 6月24日〜7月5日にかけて来日公演も予定されているコンビによるベートーヴェンとショスタコーヴィチの重量級作品の組み合わせアルバム。 ローチケHMV|2017年3月21日(火)
  • 再生産! スクロヴァチェフスキのショスタコ第10番 キリリと引締った快速テンポが採用され、変幻自在な棒さばきにドイツ響が見事に反応する様子は魔術のようです。音量の強弱、大小のコントラストの強さは、凄絶を極めます。 ローチケHMV|2017年3月7日(火)
  • ドノホーのショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガ 各曲の性格は多彩であり、ときに深い瞑想性を感じさせる音楽から、いかにもショスタコらしい凶暴さを窺わせるものまで、見事なまでの対位法的統一感のもとに雄弁な楽想を展開しています。 ローチケHMV|2017年2月19日(日)
  • 指揮者なしオーケストラによるショスタコ5番 ダヴィド・グリマルにより結成された「レ・ディソナンス」によるショスタコーヴィチ。指揮者なし(コンサートマスターであるグリマルがアンサンブルを率いる)による緊迫感に漲った演奏、注目です。 ローチケHMV|2017年1月13日(金)

交響曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド