ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Comp.symphonies: Rostropovich / Lso, National.so Etc

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0630.17046
組み枚数
:
12
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

ロストロポーヴィチ/ショスタコーヴィチ:交響曲全集
1988〜1995年デジタル録音(第14番のみ1973年のステレオ録音)。
作曲者と親交のあったロストロポーヴィチならではのホットな演奏の聴ける強力な全集です。その重量感たっぷりのアプローチからは、軽い演奏では聴かれることのないメッセージ性が強く漂い、第7番や第10番はもちろん、初期の作品に至るまで徹底して大きな身振りと熱い歌心で再現されており、第5番第2楽章ではユニークな解釈が示されるなど、聴きどころも満載。なお、第14番《死者の歌》に関してはロストロ自身の希望により、これ以上の演奏は不可能と言うことで、特別にメロディア・レーベルからのライセンス収録となっています。

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Dmitri Shostakovich (1906 - 1975)
    Symphony no 1 in F minor, Op. 10
    演奏者 :

    指揮者 :
    Rostropovich, Mstislav
    楽団  :
    National Symphony Orchestra
    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1924-1925, USSR
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Dmitri Shostakovich (1906 - 1975)
    Symphony no 9 in E flat major, Op. 70
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1945, USSR
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ショスタコービッチの親友にして、弟子のロ...

投稿日:2013/09/02 (月)

ショスタコービッチの親友にして、弟子のロストロポーヴィチのえんそうなんだけど、交響曲第8番の凄みは、一聴に価する。演奏の美しさでは、第5番はアシュケナージのほうがいいし、同じ人の第15番の凄さもいい。ただ、第7番「レーニングラード」は、ノイマン指揮チェコ・フィルがいいし、第11番「1905年」は、コルドラッシン指揮モスクワがいいし、第5番や第12番「1917年」は、ムラビンスキーや第10番はフェドセーエフ指揮モスクワが捨てがたい。でもすべてについて、安定している。第2番のウルトラ対位法は、安定した演奏を聴きたいし、その映像をみてみたい。とにかく安定しているので愛着がある。

カニさん さん | 兵庫県 | 不明

4
★
★
★
★
☆
 どの曲もロストロポーヴィチ特有の大らか...

投稿日:2011/06/19 (日)

 どの曲もロストロポーヴィチ特有の大らかさを呈しつつ,スコアを忠実に再現している.アンサンブルに緻密さに欠ける瞬間がないでもないが,全体ではデジタル録音初期の決定盤としてじゅうぶん成功している.但し例外があって,5番のフィナーレには特別の思い入れがあるらしく,とりわけテンポ設定において,慣例を大きく逸脱したデフォルメが聞かれる.嫌いではないが,まるで別人のようで驚いた.録音は,残響が少なく極めて明快で,聴きやすい.

ケニチ さん | 愛知県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
この全集、コンドラシン、ハイティンク、バ...

投稿日:2009/03/15 (日)

この全集、コンドラシン、ハイティンク、バルシャイあたりと比べて、今ひとつ評価(あるいは認知度)が低いようですね。ロストロポーヴィチの指揮にしては、濃厚さがなく、むしろ端正にまとまっているところが原因でしょうか。で、端正な美しさとなるとハイティンクにはかなわない、という…。とはいえ、ロストロならではの重さ、暗さはある程度感じられますし、オケも優秀。決して低レベルな全集ではありません。録音も良好で、ソ連時代の14番も聴きやすい音にリマスターされています。

SeaCrow さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連する商品・チケット情報

交響曲 に関連する商品・チケット情報

  • 【在庫特価】アバド&BPO/ベートーヴェン交響曲全集(4DVD) ベーレンライター新校訂譜の採用などで話題を呼んだこの全集は、2000年ベルリンでの第9番でスタートしましたが、ほどなくアバドが病に倒れたため、一時は完成を不安視されてさえいましたが、幸いにもアバドが復調、2001年の2月に、他の作品をローマで一気に収録したものです。 ローチケHMV|7時間前
  • 【映像】小澤&サイトウ・キネン/ベートーヴェン:交響曲第7,2番,他 『セイジ・オザワ 松本フェスティバル』2015年のベト2と、「マエストロ・オザワ 80歳バースデー・コンサート」での合唱幻想曲 、翌2016年のベト7のライヴ映像が収録されています。 ローチケHMV|1日前
  • マリス・ヤンソンス&バイエルン放送響/マーラー:交響曲第5番 各々の楽器によるフレーズの歌わせ方、テンポ、デュナーミクに至るまで、もう一度スコアを見たくなるような驚きに満ちています。スコアを深く丁寧に読み込み、一つ一つの音を大切に奏でることで生まれた完成度の高い演奏です。SACD Hybrid盤は日本だけの販売となります。(輸入元情報) ローチケHMV|1日前
  • エールハルト&ラルテ・デル・モンド/オルドネツ:交響曲集 オルドネスの作風は実験的でもあり、洗練されたサイケデリックな統一性をもった斬新的なもので、非常に独特で独創的なものです。ラルテ・デル・モンドの演奏は、作曲家の優れた資質を表現することに成功しています。 ローチケHMV|1日前
  • セルゲイ・クーセヴィツキーの芸術(40CD) このボックスは、1929年から1950年にかけて収録された音源を集めたもので、RCAへの録音を中心に、EMI、SONYへの録音とライヴ音源から構成される大規模で興味深い内容となっています。 ローチケHMV|4日前
  • エーリヒ・ラインスドルフの芸術(40CD) このボックスは、1946年から1966年にかけて収録された音源を集めたもので、RCAへの録音を中心に、ウエストミンスター、EMI、SONYへの録音と、ライヴ音源から構成される興味深い内容となっており、ステレオ録音も多数含まれています。 ローチケHMV|4日前

おすすめの商品