CD 輸入盤

(Chamber)sym, 15, : K.blacher(Vn)Maintz(Vc)Cruixent(P)Curfs C.estay Haeldermans(Perc)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PHIL06030
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Shostakovich:
Symphony No. 15 in A major, Op. 141 (arranged for sextet by Viktor Derevianko)
Suite for Variety Orchestra (arr. O. Cruixent for piano trio and percussion)

Kolja Blacher (violin)
Jens Peter Maintz (cello)
Oriol Cruixent (piano)
Raymond Curfs (percussion)
Claudio Estay (percussion)
Mark Haeldermans (percussion)

収録曲   

  • 01. Allegretto
  • 02. Adagio
  • 03. Allegretto
  • 04. Adagio - Allegretto
  • 05. March
  • 06. Dance No. 1
  • 07. Dance No. 2
  • 08. Little Polka
  • 09. Lyric Waltz
  • 10. Waltz No. 1
  • 11. Waltz No. 2
  • 12. Finale

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連する商品情報

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品