CD 輸入盤

交響曲11 Cluytens / French National Radio.o

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SBT1099
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

ショスタコーヴィチ:交響曲 第11番 ト短調 作品103《1905年》
[ショスタコーヴィチ立ち会いのもとの録音]
フランス国立放送管弦楽団、指揮:アンドレ・クリュイタンス
録音:1958年5月19日 パリ、サル・ワグラム
ショスタコーヴィチと親交のあったクリュイタンスによる、作曲者立ち会いのもとの録音。
クリュイタンスは1905年アントワープに生まれ、1967年パリで亡くなった指揮者。1942年にリヨン歌劇場の音楽監督、43年にパリ音楽院管弦楽団と国立放送管弦楽団と契約し、以後フランスとの関係が密接になりました。この演奏も、主任指揮者を務めていたフランス国立放送管弦楽団を指揮してのものです。録音当時はLP3面で、モノラル・ヴァージョンしか発売されず、今回のCD発売が初めてのステレオ発売となります。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ショスタコを聞くにはちょっと軽いですが、...

投稿日:2006/05/03 (水)

ショスタコを聞くにはちょっと軽いですが、この軽さがなかなか、というよりかなり面白いです。 ショスタコ立会いだったのにこんな軽くて満足したか!?まあ、聞く価値はあると思いますよ!

Fujio@Tuba さん | 愛媛県かな。 | 不明

0
★
★
★
★
☆
おもしろかったです。第4楽章の最後の一部...

投稿日:2003/03/07 (金)

おもしろかったです。第4楽章の最後の一部分(2分間くらい)がモノーラルでした。このために以前はモノーラルでの発売だったのでしょうか。

HYAKUSHOW さん | 長野県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品