ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD

交響曲全集 井上道義&サンクト・ペテルブルク響、東京フィル、新日本フィル、名古屋フィル、広島響、千葉県少年少女オーケストラ(日比谷公会堂ライヴ2007,2016)(12CD)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCX00100
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

井上道義/ショスタコーヴィチ:交響曲全集 at 日比谷公会堂(12CD)

【井上道義とショスタコーヴィチが日比谷公会堂にて伝説と化す!】
「今はショスタコーヴィチは僕自身だ!」と語る井上道義が、2007年に成し遂げた大偉業が遂にパッケージとなりました。
 昭和のクラシックの殿堂として多くのコンサートが行なわれてきた日比谷公会堂にて、2007年に行なわれた「ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏会 at 日比谷公会堂」。当公演では計1万人を上る観客を動員し、国内外の各オーケストラが競うように快演を生み、各方面で絶賛の嵐を受け、大成功を収めました。
 当アルバムは一部2016年の公演を入れて、全集となりました。

【井上道義の全てをかけたショスタコーヴィチへの挑戦】
「ショスタコーヴィチが経験してしまったような戦争に、われわれが再び妨げられるようなことになりませんように北の国を含むすべての国々との文化の交流を!」と語る井上道義。
 日本人指揮者では、まだ誰も成し遂げていない一大プロジェクトをぜひお聴き下さい。(メーカー資料より)

【収録情報】
ショスタコーヴィチ:
● 交響曲第1番ヘ短調 op.10 ※2種類演奏を収録
● 交響曲第2番ロ長調 op.14『十月革命に捧げる』
● 交響曲第3番変ホ長調 op.20『メーデー』
● 交響曲第4番ハ短調 op.43
● 交響曲第5番ニ短調 op.47
● 交響曲第6番ロ短調 op.54
● 交響曲第7番ハ長調 op.60『レニングラード』
● 交響曲第8番ハ短調 op.65
● 交響曲第9番変ホ短調 op.70
● 交響曲第10番ホ短調 op.93
● 交響曲第11番ト短調 op.103『1905年』
● 交響曲第12番ニ短調 op.112『1917年』
● 交響曲第13番変ロ短調 op.113『バビ・ヤール』
● 交響曲第14番ト短調 op.135『死者の歌』
● 交響曲第15番イ長調 op.141

 セルゲイ・アレクサーシキン(バリトン:第13番、第14番)
 アンナ・シャファジンスカヤ(ソプラノ:第14番)
 栗友会合唱団(第2番、第3番)
 東京オペラシンガーズ男声合唱(第13番)
 サンクト・ペテルブルク交響楽団(第1,2,3番、第5,6,7番、第10番、第13番)
 千葉県少年少女オーケストラ(第1番)※
 東京フィルハーモニー交響楽団(第4番)
 新日本フィルハーモニー交響楽団(第8番、第9番、第15番)
 名古屋フィルハーモニー交響楽団(第11番、第12番)
 広島交響楽団(第14番)
 井上道義(指揮)

 録音時期:2007年11月3日(第1,2,3番)、11月4日(第5,6番)、11月10日(第1番※、第7番)、11月11日(第10,13番)、11月18日(第14番)、12月1日(第4番)、12月5日(第11,12番)、12月9日(第8番)、2016年2月13日(第9,第15番)
 録音場所:東京、日比谷公会堂
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

収録曲   

  • 01. 交響曲第1番 ヘ短調 作品10 (2種類演奏を収録)
  • 02. 交響曲第2番 ロ長調 作品14「十月革命に捧げる」
  • 03. 交響曲第3番 変ホ長調 作品20「メーデー」
  • 04. 交響曲第4番 ハ短調 作品43
  • 05. 交響曲第5番 ニ短調 作品47
  • 06. 交響曲第6番 ロ短調 作品54
  • 07. 交響曲第7番 ハ長調 作品60「レニングラード」
  • 08. 交響曲第8番 ハ短調 作品65
  • 09. 交響曲第9番 変ホ短調 作品70
  • 10. 交響曲第10番 ホ短調 作品93
  • 11. 交響曲第11番 ト短調 作品103「1905年」
  • 12. 交響曲第12番 ニ短調 作品112「1917年」
  • 13. 交響曲第13番 変ロ短調 作品113「バビ・ヤール」
  • 14. 交響曲第14番 ト短調 作品135「死者の歌」
  • 15. 交響曲第15番 イ長調 作品141

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連する商品・チケット情報

  • 【在庫特価】ロストロポーヴィチのショスタコーヴィチ交響曲全集 作曲者と親交のあったロストロポーヴィチならではのホットかつ重量感たっぷりのアプローチの聴ける全集。第7番や第10番はもちろん、初期の作品に至るまで徹底して大きな身振りと熱い歌心で再現されています。 ローチケHMV|2017年6月23日(金)
  • ボレイコのショスタコーヴィチ第8番 ロシアの指揮者、アンドレイ・ボレイコのショスタコーヴィチ交響曲シリーズ第5弾。メリハリの利いた表現と痺れるほどの緊張感の持続が持ち味。この第8番では、作品の持つ悲惨な面を掘り下げ、じっくりと聴かせます。 ローチケHMV|2017年4月7日(金)
  • ショスタコーヴィチ:協奏曲全集 2015年に開催された「チャイコフスキー国際コンクール」の入賞者(ドガジンのみ2011年の入賞者)をソリストに迎えた3枚組の協奏曲全集。 ローチケHMV|2017年4月2日(日)
  • ミヒャエル・ザンデルリングのベートーヴェン『英雄』&ショスタコ第10番 6月24日〜7月5日にかけて来日公演も予定されているコンビによるベートーヴェンとショスタコーヴィチの重量級作品の組み合わせアルバム。 ローチケHMV|2017年3月21日(火)
  • 再生産! スクロヴァチェフスキのショスタコ第10番 キリリと引締った快速テンポが採用され、変幻自在な棒さばきにドイツ響が見事に反応する様子は魔術のようです。音量の強弱、大小のコントラストの強さは、凄絶を極めます。 ローチケHMV|2017年3月7日(火)
  • ドノホーのショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガ 各曲の性格は多彩であり、ときに深い瞑想性を感じさせる音楽から、いかにもショスタコらしい凶暴さを窺わせるものまで、見事なまでの対位法的統一感のもとに雄弁な楽想を展開しています。 ローチケHMV|2017年2月19日(日)

交響曲 に関連する商品・チケット情報

  • 入荷しました!ギーレン&南西ドイツ放送響/マーラー交響曲全集(17CD+DVD) ミヒャエル・ギーレンの集大成BOXの第6集。今回の新装BOXには、2004年以降の録音も含まれ、歌曲集には『さすらう若人の歌』と『リュッケルト』の初出音源も収録。また、DVDには、2003年の第9番の初出ライヴ映像が収録されています。 ローチケHMV|1日前
  • ガッティ&コンセルトヘボウ/マーラー:交響曲第2番『復活』 SACDハイブリッド盤。2016年9月14-16日、コンセルトヘボウでのライヴ録音。濃密に細部を描きあげドラマティックな展開を志向するガッティのスタイルは、このオケの豊かなサウンドに見事にマッチしています。ソプラノは、イスラエル出身のソプラノ、チェン・レイス。 ローチケHMV|1日前
  • 【映像】ガッティ&コンセルトヘボウ/マーラー:交響曲第2番『復活』 映像(ブルーレイ、DVD)は、2016年9月18日、コンセルトヘボウでのライヴ収録で、SACDハイブリッド盤とは別日になります。ソプラノは、ドイツのアンネッテ・ダッシュ。ブルーレイには、いま話題の次世代オーディオ・フォーマットの「Auro-3D」が収録されています。 ローチケHMV|1日前
  • D・R・デイヴィス&リンツ・ブルックナー管/ブルックナー交響曲全集 ドイツ・ソニーからデニス・ラッセル・デイヴィス&リンツ・ブルックナー管によるブルックナーの交響曲全集が登場。この全集は、ORF(オーストリア放送協会)によって、リンツ・ブルックナー管の本拠地であるリンツ・ブルックナーハウス大ホールで実際の演奏会をライヴ収録した音源を使用したもので、かつてARTE NOVAレーベルから単品リリースされていました。 ローチケHMV|2日前
  • ルドゥック=バローム/ショスタコーヴィチ:室内交響曲、他 サンクト・ペテルブルク・フィルの弦楽セクションで結成されたバルティック室内管弦楽団。あの超絶オケの弦による室内管弦楽を楽しめる超豪華アンサンブルです。 ローチケHMV|2日前
  • 【在庫特価】マッケラス/ベートーヴェン:交響曲全集 基本的に快速なテンポ設定と強めのアクセント、第2ヴァイオリンを右側に配した正統的な楽器配置は前回同様。第九以外は二管編成オーケストラによるタイトで刺激的な響きを追及しており... ローチケHMV|7日前

おすすめの商品