シューマン、ロベルト(1810-1856)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Frauenliebe Und Leben, Lieder: Popp(S)Parsons(P)

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
21404972
組み枚数
:
1
レーベル
:
Rca
:
Europe
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ボケも写真表現において重要にしてきわめて...

投稿日:2012/06/15 (金)

ボケも写真表現において重要にしてきわめて難しいテクニックで、一つ間違えると単なるピンぼけ写真になってしまう。しかしこの写真は所謂手ぶれ、あるいは動体ぶれではなさそうだ。モノクロだが白部分のディテールからするとカラーのモノクロ焼きのような感じだが、周辺ボケの大きさはきちんと設計したレンズとは思えず、もしかすると古い単玉レンズ、あるいは単純にレンズが壊れていたのかもしれない。唇周辺だけに僅かに芯があって、気品と凛とした雰囲気が周りの甘さ故に際立っている。私は赤いRCAのロゴや文字を赤黄青の信号機のような配色にしたデザイナーの神経の方が安っぽくていやだ。まあ演奏については、殆ど何を語ることが出来ない、語れば言葉が安っぽくなりそうなので、ここでは、写真の出来映えを擁護することにした。少なくとも国内盤のベッタンみたいに平面的な、ピントだけ合っているような、本人に全く失礼な写真より、ずーーと良いと思いまーす。

蓮華人 さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ジャケット写真がピンボケ(手ぶれ?)でチ...

投稿日:2012/03/26 (月)

ジャケット写真がピンボケ(手ぶれ?)でチープな感じを与えてしまうのが残念な盤である。しかし、ディスクの中身は、歌唱、伴奏ともに各曲の楽想と歌詞をしっかりと把握して歌い込まれた名演である。録音も優秀で、ポップの美声を堪能できる。リンクがある国内盤のページへ行って、試聴トラックを聴いてみていただきたい。こちらのEUR盤には歌詞対訳がついていないが、近頃ではウェブ上でいくらでも読めるので問題ないだろう。(国内盤−−ジャケット写真がまるで別人−−も廉価だが、日本語対訳が付いているかは未確認。)ポップの芸風から想像できるとおり、「女の愛と生涯」は、主人公を「夫への愛を生涯貫いた良き家庭夫人」として描く、伝統的な解釈で歌われている。白井光子ほかのような新解釈ではもちろんない。しかし、シューマンの描いた女性像は、それへの賛否は別として、このポップの演奏で聴かれるようなものだったと素直に受け止めるのがよいと思う。

ニャンコ先生 さん | 栃木県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連する商品・チケット情報

声楽曲 に関連する商品・チケット情報

  • ジェイムズ・ギルクリスト/V・ウィリアムズ:歌曲集 ヴォーン・ウィリアムズの『旅の歌』を中心とする歌曲集に、ヴィオラとピアノのための室内楽作品や、テノール、ピアノとオブリガート・ヴィオラのための『4つの賛歌』、テノール、ヴィオラとピアノのために編曲された『ロシメドル(ウェールズの讃美歌による3つの前奏曲より)』を組み合わせたプログラム。 ローチケHMV|23時間前
  • ペーター・シュライアー、リーダー・アーベント1996 1996年10月16日、東京芸術劇場でのライヴ録音です。シューマン:『詩人の恋』全曲や、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーンなどの歌曲を収録。 ローチケHMV|5日前
  • 【入荷】ルネ・ヤーコプス/モーツァルト:レクィエム(デュトロン補完版) ヤーコプスがついにモーツァルトのレクィエムを録音。70歳を迎え(1946年10月30日生まれ)、満を持しての録音・リリースとなります。オーケストラはフライブルク・バロック・オーケストラ。 ローチケHMV|7日前
  • バリトン、合唱&ピアノ伴奏による『冬の旅』 このアルバムは、若手合唱指揮者のグレゴール・マイヤーが、バリトン、合唱とピアノ用に編曲(ブライトコプフ・ウント・ヘルテル社より出版)したもの。2016年ウィーン・フォルクスオーパーの来日公演でも歌声を披露したダニエル・オチョアがソロを、グレゴール・マイヤーが設立したヴォーカルコンソート・ライプツィヒ、そしてブラジル出身のピアニスト、クリスティアン・パイクスが伴奏を務めます。 ローチケHMV|2017年11月13日(月)
  • ルイス・フューレイ(ヴォーカル、ピアノ)/HAUNTED BY BRAHMS 1949年カナダ生まれのポップス畑の音楽家ルイス・フューレイが、なんとブラームスの歌曲弾き語りをリリース。歌い方は完全にポップスのそれで不思議な感覚。英語訳で歌っています。 ローチケHMV|2017年11月2日(木)
  • カペッラ・プラテンシス、オランダ室内合唱団、他/無伴奏合唱曲集 無伴奏混声合唱の美にあふれた1枚。イギリスの現代作曲家アンソニー・ピッツ[1969-]の「Missa Unitatis」をメインに古楽と現代の合唱曲を間に散りばめ構成したアルバムです。 ローチケHMV|2017年11月2日(木)

おすすめの商品