シューマン、ロベルト(1810-1856)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

交響曲全集 サヴァリッシュ&SKD 

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5677712
組み枚数
:
2
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1997
フォーマット
:
CD

商品説明

全盛期シュターツカペレ・ドレスデンの代表作のひとつ!
サヴァリッシュ / シューマン:交響曲全集(2CD)

1972年9月、ドレスデン、ルカ教会でのステレオ録音。当時絶頂期に会った名門シュターツカペレ・ドレスデンのサウンドを満喫できる素晴らしいセット。
 キビキビしたサヴァリッシュの音楽づくりもオーケストラのキャラクターと相乗効果をあげていて、第4番など随所で決まりまくるゾンダーマンのティンパニ名人芸に感謝感激。  弾力に富む弦楽セクションに、ときに濃密にときにダイナミックに絡む管楽器群も申し分なく、シューマンならではの音響美の世界を存分に味わわせてくれます。交響曲はもちろん、《序曲、スケルツォとフィナーレ》も素晴らしい演奏です。
 カラヤンのチャイコフスキーで一躍有名になった辣腕エンジニア、イアン・ジョーンズによるARTリマスターのセンスの良さも特筆されるところで、往年の深々としたドレスデン・サウンドがみごとに蘇生しています。 これまで何度かリリースされてきたサヴァリッシュのシューマンですが、どれも高域処理に問題があり(歪っぽくしかも強調感あり)、特に大型システムでは汚い音に聴こえていたのは有名な話。今回のリマスター音質はそれらとは次元の異なるハイ・グレードなものだと言えるでしょう。

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Robert Schumann (1810 - 1856)
    Symphony no 1 in B flat major, Op. 38 "Spring"
    演奏者 :

    指揮者 :
    Sawallisch, Wolfgang
    楽団  :
    Dresden Staatskapelle
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1841, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : 32:12
    • 録音場所 : 09/1972, Lukas Church, Dresden, Germany [Studio]
  • Robert Schumann (1810 - 1856)
    Symphony no 2 in C major, Op. 61
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1845-1846, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : 37:33
    • 録音場所 : 09/1972, Lukas Church, Dresden, Germany [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
33
★
★
★
★
☆
 
9
★
★
★
☆
☆
 
5
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
この時期のふくよかで音楽的な質実の良さを...

投稿日:2017/08/13 (日)

この時期のふくよかで音楽的な質実の良さをきちんと保っていたころのカペレが聞けます。カペレファン・オケファン必聴のアイテムでしょう。シューマンファンというより。サヴァリッシュさんは音楽を停滞させない手腕はさすがなのですが、強い個性とか、スコアに刻まれた何らかの思いとか、そういうものを表現する事にはまったく興味が無いようです。自然に語らせれば充分に美しい。我々は作曲者のしもべにすぎないのだから。そんな風にいっているようです。

タシマ さん | 宮城県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
演奏は素晴らしい 但し、EMIサウンド(評...

投稿日:2017/04/17 (月)

演奏は素晴らしい 但し、EMIサウンド(評価が高い方じゃなくて、高音がこもって中音協調の) ワーナーサウンドだと思って購入すると期待外れとなる(このワーナー・シリーズは復刻の意味が強いのか、リマスターをしていない) 演奏は相変わらず立派で、すべてにおいて鮮血が流れきっている。しかもアクの強い部分を勢いで吹っ飛ばす一気呵成な部分が多々あり、当時のシュターツカペレ・ドレスデンの硬質で縦のきつい演奏スタイルからは、やや戦闘的ではないかと思う、激しいパッションを見せる。 ライヴ録音のようなシューマンだ。 細かいことだが、シュターツカペレ・ドレスデン特有の本革仕様のティンパニが全体の融和と、音楽の高揚に成果を上げている

音楽の彼方に さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
SACD2chでの試聴。CD(おそらくLP)時代...

投稿日:2012/06/29 (金)

SACD2chでの試聴。CD(おそらくLP)時代からの名盤です。世界的なシューマン研究者で、ヨーロッパで活躍されている前田昭雄さんもこの盤を推薦なさっています。シューマンの交響曲の名演奏は数あれど、この録音の良さは何と言っても、(混濁しがちな)各パートがとても分離良く聞こえることです。かといって、シューマンらしさは微塵も減らさない、すばらしい演奏です。そんな録音ですが、SACDになってさらに分離がよくなりました。シューマンの交響曲のファーストチョイスとして強く推薦したいと思います。

かくとしらじ さん | 愛知県 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連する商品・チケット情報

交響曲 に関連する商品・チケット情報

  • フルトヴェングラーの『ニコライの第9』、オタケンリマスタ盤 「今回、当社のリマスタリングにおきましては、ノイズリダクションに伴うデジタル的漂白化を避け、極力アナログ的雰囲気を残しつつも、録音年代の古さを全く感じさせない、眼前で演奏しているかのようなリアリティーを引き出すことに注力いたしました」(オタケンレコード 太田憲志) ローチケHMV|13時間前
  • ポーランドのピリオド・オーケストラによるショパン&シューベルト ポーランドのピリオド・オーケストラ、カペラ・クラコヴィエンシスによる、ショパン:ピアノ協奏曲第2番、シューベルト:交響曲第8番『未完成』。指揮はヤン・トマシュ・アダムス。ショパンのソロはマリウシュ・クリムシャク(フォルテピアノ/1830年製プレイエル複製)。 ローチケHMV|15時間前
  • 【映像】シャイー&ゲヴァントハウス管/マーラー:『巨人』 シャイーとゲヴァントハウス管の映像によるマーラー・チクルス。これまでに第2、4、5、6、7、8、9番がリリースされ、いずれも充実した演奏で高い評価を受けました。最新タイトルは、2015年1月、ゲヴァントハウスでのライヴを収録した第1番『巨人』。 ローチケHMV|17時間前
  • ユニバーサル カラヤン SACDシングルレイヤー ユニバーサル・ミュージックのカラヤンSACDシングルレイヤー・シリーズ、最新タイトルはブルックナー第7〜9番(1975)、シューマン交響曲全集、マーラー5番。 ローチケHMV|1日前
  • ストコフスキーのマーラー『復活』&『千人』、ライヴ 交響曲第2番『復活』は、フィラデルフィア管弦楽団で1967年11月9日のステレオ・ライヴ。第8番『千人の交響曲』は、ニューヨーク・フィルで1950年4月9日のモノラル・ライヴです。 ローチケHMV|1日前
  • 【在庫特価】マナコルダのシューベルト交響曲全集 モダン楽器による室内オケですが、ピリオド楽器奏法と、金管楽器とティンパニには古楽器を取り入れています。在庫限りの特別価格です。 ローチケHMV|4日前

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト