シューマン、ロベルト(1810-1856)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

シューマン:ピアノ協奏曲、ブラームス:チェロ・ソナタ第1番、C.シューマン:歌曲集、他 グリモー、サロネン&ドレスデン国立管、オッター、モルク

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4775892
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

エレーヌ・グリモー“Reflexions”

シューマン、彼の妻クララ、そしてクララに密かに思いを寄せたブラームスの作品を一枚に収録。
 コンセプト・アルバム「クレド」(4717692)でDGデビューを果たした、エレーヌ・グリモー。この「クレド」はフランスからはじまり世界で大ヒット・アルバムとなりました。2作目となる今作もまた、こだわりのコンセプト・アルバム。『リフレクション』と題されたこのアルバムでは、自らテーマを「愛」と語っており、シューマンとその妻クララ、そしてそのクララにひそかに思いを寄せるブラームスという3人の作品を1枚に収めています。曲目を、そしてアート・ワークを一瞥するだけで、なにか感傷的で切ない気持ちを呼び起こすアルバムに仕上げたグリモーが、実際の音楽で何を訴えかけてくるのか非常に楽しみなリリースです。ひとつひとつの作品に、サロネンやフォン・オッター、そして大注目のチェリスト、トルルス・モルクらを迎えているあたりは、DGならではの贅沢なキャスティング。
 とりわけ、シュターツカペレ・ドレスデンのセッション本拠地、聖ルカ教会で収録されたシューマンのコンチェルトは、グリモーと相性の良いサロネンの好バックを得てこれまでにない斬新なアプローチで驚きと感動を与えてくれます。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
1. シューマン:ピアノ協奏曲イ短調 Op.54
2. クララ・シューマン:リュッケルトの詩による3つの歌曲 Op.12
3. クララ・シューマン:岸辺で
4. ブラームス:チェロ・ソナタ第1番ホ短調 Op.38
5. ブラームス:2つのラプソディ Op.79

 エレーヌ・グリモー(ピアノ)
 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ:2,3)
 トルルス・モルク(チェロ:4)
 シュターツカペレ・ドレスデン(1)
 エサ=ペッカ・サロネン(指揮:1)

 録音時期:2005年5月(1,4)、2005年9月(2,3)、2000年6月(5)
 録音場所:ドレスデン、ルカ教会(1,4) ベルリン、スコーリング・スタジオ(2,3) テルデックス・スタジオ(5)
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
シューマンの協奏曲も、サロネンとのキビキ...

投稿日:2012/10/26 (金)

シューマンの協奏曲も、サロネンとのキビキビ演奏に、ドレスデンのオケとともに、詩情を讃えて良いが、モルクと組んだ、或いは、ソロで弾いたブラームスもすこぶる、良い。クララの作品をはさんで、しとやかに、、決しておまけでなく、又、派手でもなく真摯に、こちらもモルクと、共に取り組んでいる。このコンビで、ブラームスのソナタ2番が聴きたくなる。ラプソディも、迫真の激しい演奏でブラームスへの愛情が伝わってくる。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
 狼娘(失礼!)と、気鋭の指揮者サロネンと...

投稿日:2010/06/27 (日)

 狼娘(失礼!)と、気鋭の指揮者サロネンと、伝統の美音を保ち続けるオーケストラとの、ロマンティシズム溢れる、清新で、堀の深い名演。グリモ―は、フランス人なのに、フランス物は、あまりやらず、堂々、ドイツ、ロシアの作品に、挑んで小気味よい。気が強いのだろうなあ。クララ・シューマン、ブラームスのカップリングもユニークでよろしい。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
グリモー/ペッカ・サロネンのシューマンの...

投稿日:2009/08/09 (日)

グリモー/ペッカ・サロネンのシューマンのピアノ協奏曲・・・2005年収録・・・は中々聴き物です。他のレビューの方も書かれた様に私もこの曲・・・シューマンは好きな割りに少し距離を置いてしまうのですがSKDの重厚な音色とグリモーの情感豊かな時として雄弁的とさえ思わせる曲運び。第1楽章でのカデンツァも素晴らしく聴き入りました。第2楽章もロマンチックだし終楽章もゆったり目に情濃く展開していきます。得てしてこの曲とセットにされる曲次第の処も意外とあります。曲の組み合わせって結構大切な時があります。それはともかくグリモー/ペッカ・サロネンは兎に角スピードだけではありませんがゆっくり・・そうタイム的には31〜2分、忙しくなく曲を味わえます。この曲の割りには最高に近いランクとしたいのですが・・。

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連する商品・チケット情報

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品