シューマン、ロベルト(1810-1856)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

オーボエとピアノの作品集 キシュ/ヤンド-

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8550599
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
たまたま買ったCDなのですが なかなかこの...

投稿日:2008/07/08 (火)

たまたま買ったCDなのですが なかなかこのようにじんわりした感激を味わえた盤は久しぶりです。決してメジャーな 曲目、演奏者、レーベル(今でこそ膨大なリリースで業界の一定位置を占めつつありますが)でありませんがビジネス優先で有名演奏家によるものを次々粗製乱造の如くリリースしているケースもあるだけにこの地味な盤はその製作姿勢とともに貴重と思います。曲は例えば秋〜冬〜春にかけて聴いていると人生の明け暮れも思い合わされ正しく「最高」の時間をすごせましょう。

一人のクラシックオールドファン さん | 芦屋 | 不明

0
★
★
★
★
★
味わい深い一枚だと思う。オーボエのソロア...

投稿日:2003/07/04 (金)

味わい深い一枚だと思う。オーボエのソロアルバムでは「3つのロマンス」を冒頭に持ってくるものが多いが、このアルバムでは、珍しい「民謡風の5つの小品」をまず聴かせ、つぎにオーボエ=ダモーレというなじみのない楽器で「幻想小曲集」を唄いあげる。そのあとに何気なく始まる「ロマンス」。このプログラムのセンスが抜群なのだ。キシュのオーボエには、シェレンベルガーのような緊張感や、フランソワ・ルルーのようなつややかさはない。しかし、聴いていると、真摯に音楽に取り組んでいる様子が伝わってくる。ヤンドーのピアノも、陰影をつけて録ら

WoodBell さん | nakano | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連する商品情報

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品