シューマン、ロベルト(1810-1856)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD

『詩人の恋』 ジョン・健・ヌッツォ、中島 剛

シューマン、ロベルト(1810-1856)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FOCD9735
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

2015年9月10日、東京・ハクジュホールが感動に揺れた・・・
伝説のライヴ、待望のCD化!


世界を舞台に活躍を続けるジョン・健・ヌッツォ。2015年9月に東京・ハクジュホールで行われた「John Ken NUZZO in Recital」からの『詩人の恋』ライヴ録音、待望のCD化です。
 多くの苦難を乗り越え、1840年に最愛の人クララと結婚式をあげたシューマン。愛の苦悩とその結実の歓喜を反映するかのように、シューマンは『ミルテの花』『リーダークライス』『女の愛と生涯』など、愛に溢れた多くの歌曲を同年に生み出します。ハイネの詩による『詩人の恋』は全16曲からなり、1-6曲は愛の歓びを、7-14曲は破れた恋の哀しみを、終りの2曲は過ぎ去った日々への想いを描いています。シューマン「歌の年」ともいわれるこの年に作られた歌曲の中でも、最も優れたもののひとつといえる歌曲集です。
 ライヴならではの空気の中、表情豊かな中島 剛のピアノとともに、溶け込むように紡ぎだされるジョン・健・ヌッツォの歌声は、極上の宝石のような輝きに溢れています。その類いまれな奇跡の声と、限りない愛に包まれる幸福な1枚の登場です。(メーカー資料より)

【収録情報】
● シューマン:詩人の恋 op.48(全16曲)


 ジョン・健・ヌッツォ(テノール)
 中島 剛(ピアノ)

 録音時期:2015年9月10日
 録音場所:東京、Hakuju Hall
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

内容詳細

日本を代表するテノール歌手の入魂のライヴ。「詩人の恋」組曲一つだけの収録だが、Hakuju Hallならではの美しい響きを捉えた録音も相まって、会場の聴衆の感動がストレートに伝わる。ピアニストとともに作り上げる、シューマンならではの愛の喜びと悲しみの世界。スピーカーの前で贅沢に味わいたい。(月)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シューマン、ロベルト(1810-1856)

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音

プロフィール詳細へ

シューマン、ロベルト(1810-1856)に関連する商品・チケット情報

声楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品