CD 輸入盤

八重奏曲 イザベル・ファウスト、クリスティン・フォン・デア・ゴルツ、ロレンツォ・コッポラ、他

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HMM902263
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


イザベル・ファウスト
豪華共演者とともにシューベルトの八重奏曲で登場!
名手たちが魅せる絶美の第2楽章


クラリネット、ホルン、バスーン、弦楽四重奏、そしてコントラバス、という編成のシューベルトの八重奏曲。シューベルトの室内楽でもっとも編成が大きな作品で、これまでにも多くの巨匠たちが録音をしてきましたが、イザベル・ファウストが、豪華共演者陣と、ピリオド楽器で録音しました!シューベルトの、音楽に生きる喜びが込められているともいわれる『八重奏曲』。心打つ旋律、そしてシューベルトの楽器の采配の妙に感動する瞬間の連続のような作品です。そしてきわめつけは絶美の第2楽章。各奏者の旋律の受け渡しなど、シューベルトの音楽の素晴らしさ、そして素晴らしい演奏者たちが「アンサンブル」することによって生じる化学反応にあらためて感じ入るばかりです。シューベルトの音楽世界の旅において、これ以上の仲間はなかった、とファウストが語るメンバーによる八重奏曲。極上の70分となっています。
 弦楽奏者はすべてフライブルク・バロック・オーケストラやオーストラリア室内管のメンバー、そして管楽器もフライブルク・バロック・オーケストラでもおなじものコッポラ(クラリネット)とズヴァールト(ホルン)、ザフラ(バスーン)といった、ピリオド楽器の最前線で活躍する奏者たち。彼らの奏でるピリオド楽器の親密な音色が、作品のもつ色彩感が鮮やかによみがえらせ、ひとつひとつのパッセージが活き活きと語り出しているようです。
 シューベルトの八重奏曲は、1824年3月に作曲された、シューベルトの室内楽でもっとも編成の大きな作品。クラリネットを愛したフェルディナント伯のリクエストで作曲されました。伯爵は当時弁護士の家で行われていた音楽の夕べでしばしば演奏し、そこにシューベルトも出入りしていました。伯爵は、モーツァルトやベートーヴェンの弦楽四重奏の優れた演奏者としても知られたヴァイオリン奏者シュパンツィヒとも共演していました。ベートーヴェンの七重奏曲が当時大評判となっていたので、それと同様の作品を、とシューベルトに依頼したといいます。シューベルトの死後20年以上経過した1853年に第4、5楽章を除いたかたちで一度出版され、1875年に全曲出版されました。弦楽四重奏『ロザムンデ』や『死と乙女』と同じ時期に作曲され、直後には『美しい水車小屋の娘』も完成するなど、非常に充実した時期の作品となっています。当時の交響曲や弦楽四重奏曲などのスタンダードであった4楽章構成でなく、ベートーヴェンの七重奏曲と同じ6楽章の構成をとっており、これはディヴェルティメント、つまりはどちらかというと楽しみのためという色合いが強いものとなっています。天上の美しさの旋律に満ちた作品です。
 『5つのメヌエット』は演奏機会が少ない弦楽四重奏作品。この録音のために、2つのメヌエットを八重奏版に編曲して演奏しています。編曲をしたのはアルゼンチン系フランス人のオスカー・ストランスノイ。ファウストの友人でもあり、室内オペラやカンタータ、歌曲などの分野でも知られています。シューベルトが書いた宝石のようなパッセージのひとつひとつを見事に八重奏用に編みなおし、この作品の魅力を私たちに気づかせてくれます。(写真c Felix Broede)(輸入元情報)

【収録情報】
シューベルト:
● 八重奏曲 ヘ長調 op.166, D.803
● 5つのメヌエットと5つのドイツ舞曲 D.89より(原曲:弦楽四重奏曲/ストランスノイによる八重奏版)
 第3番 メヌエット
 第5番 メヌエット


 イザベル・ファウスト(ヴァイオリン/ストラディヴァリウス‘スリーピング・ビューティ’ 1704)
 アンネ・カタリーナ・シュライバー(ヴァイオリン/製作者不明、オランダ、1700年頃)
 ダヌシャ・ヴァスキエヴィチ(ヴィオラ/製作者不明、ボヘミア、1860年頃)
 クリスティン・フォン・デア・ゴルツ(チェロ/製作者不明、ウィーン、1800年頃)
 ジェイムス・マンロ(コントラバス/ G.パノルモ、ロンドン、1827)
 ロレンツォ・コッポラ(クラリネット/ 11キー、B管、ウィーン、1820年頃モデル/6キー、C管、J.B.メルクライン・モデル 1810年頃 ともにアニエス・グエルーによるコピー 2010)
 トゥーニス・ファン・デア・ズヴァールト(ホルン/ Courtois neveu aine, Paris, 1802)
 ハヴィエル・ザフラ(バスーン/ W.Triebert, Paris, 1805)

 録音時期:2017年7月5,6,7,9日
 録音場所:テルデックス・スタジオ・ベルリン
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

シューベルト(1797-1828)に関連する商品情報

  • ナタリー・デセイ/シューベルト:歌曲集 デセイの長いキャリアにおいて初のシューベルト・アルバムであるのみならず、ドイツ歌曲のアルバムそのものが初めてです。ピアノはデセイとの共演歴も長く、フランスを代表するドビュッシーの大家でもあるカッサール。 HMV&BOOKS online|2017年4月28日(金)
  • 在庫特価!シュトゥッツマン/シューベルト:3大歌曲集(3CD) 人気のコントラルト歌手、シュトゥッツマンがカリオペに録音した名盤をセット化したもので、リマスターも行われています。 HMV&BOOKS online|2017年4月24日(月)
  • ヴァント&ケルン放送響/シューベルト:交響曲全集(5CD) ヴァントのシューベルトは、モダン楽器オケの重みのあるリズムと響きを基本に、端正で構築的な世界を描き出したもので、ブルックナーやベートーヴェン、ブラームスの演奏にも一脈通じる剛毅な美質が備わっています。 HMV&BOOKS online|2017年3月26日(日)
  • バス歌手、グロイスベックの歌う『冬の旅』と『白鳥の歌』 ヴェルザー=メストの『ばらの騎士』で、これまでの下品なオックス男爵像から脱却、洗練された容姿と、とんでもない行動のギャップがかえって面白さに繋がるという作劇の本質を衝くアプローチで唸らせたギュンター・グロイスベックがシューベルトに挑戦。 HMV&BOOKS online|2017年3月2日(木)
  • 独Profil リヒテル・シューベルト・ボックス(10CD) Profileレーベルが、キングインターナショナルの依頼でドイツの放送局に眠るリヒテルの音源を調査し、当時ソ連の放送局から提供された驚愕のマスターテープを多数発掘しました。1949年から1963年までのライヴ中心で、大半がディスコグラフィにない初出物。 HMV&BOOKS online|2017年2月13日(月)
  • 【映像】フィッシャー=ディースカウの冬の旅が復活 フィッシャー=ディースカウの『冬の旅』のDVDが復活。1979年1月にベルリンのジーメンスヴィラで自由ベルリン放送により撮影されたもので、ピアノ伴奏はシューベルトの権威でもあるアルフレート・ブレンデルが受け持っています。 HMV&BOOKS online|2017年1月30日(月)

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品