CD 輸入盤

交響曲第9番 アバド&ヨーロッパ室内管弦楽団

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4236562
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. "Piano In The Dark"
  • 02. "So Good, So Right"
  • 03. "Kiss Me With The Wind"
  • 04. "Get Here"
  • 05. "Dinner With Gershwin"
  • 06. "Stop Running Away"
  • 07. "If Only For One Night"
  • 08. "Way Back When"
  • 09. "Justice In Truth"
  • 10. "Le Restaurant"

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
グレイトの演奏で、室内管弦楽団 と言うだ...

投稿日:2012/04/02 (月)

グレイトの演奏で、室内管弦楽団 と言うだけで、買う気が失せてしまった。この曲は、フルオーケストラによる壮麗雄大な演奏で聴きたいのだ。 ところが、この当時のアバドのCD,聴く気がしなくなる肩書きのモノにこそに、意外な名演が多い。このシューベルトもその一つ。 編成の小さなオケでこそ醸し出せ得る魅力が満ち満ちている。さすがに誰にでも推薦できるというレヴェルではないが、あくまで正統的名演の客体として充分に面白い演奏であるとは言える。

エーテルの風 さん | 長野県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
ろくすっぽ確かめもしないで聴き始め、違う...

投稿日:2011/07/30 (土)

ろくすっぽ確かめもしないで聴き始め、違う音がいっぱい聴こえてきて「ありゃありゃりゃっ?!」とジャケットを見てみると、手書き版に基づく初録音とのこと。ああ、さうでしたか、と合点がいきました。フレージングなんかも違っていて、なかなかに興味深い演奏です。但し、その手書き楽譜をこちらは見ていないので、アバドさんの独自のフィーリングなのかシューベルトのオリジナルなのかは何とも言えませんがね。ま、爽やか系の演奏ですかな。もたれず、すっきりとまとまりました。かつてサヴァリッシュ&NHK交響楽団でこの曲を聴いたとき(実演)、この曲が「グレート」と称される理由が初めてわかった私としては、こういう演奏にやっぱり一抹の物足りなさを感じるのはしょうがない事実。個人的な感懐としてそれは言っておきましょう。悪い演奏では決してありません(飛びぬけていい演奏でもないかも)。「ロザムンデ(魔法の竪琴)」も同様。末尾ながら、この交響曲に込めたシューベルトのオリジナルの想念、かなり大きいような印象です。ブルックナーにつながっていく系図が見えてくる感じですね〜。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
シューベルト自筆版による好演。雄大に広が...

投稿日:2008/07/12 (土)

シューベルト自筆版による好演。雄大に広がり繊細な表現も合わせ備えた名盤である。ヨーロッパ室内管弦楽団は高い順応性と自発性を発揮し、木管の温かさ、弦のしなやかさも印象的である。アバドも高い抒情性を発揮している。数多くの名盤を聞いてきたが、本盤も座右に置くべき高い価値を持つと確信している。61分を自然に聴き通せる。ロザムンデ序曲も稀にみる好演である。

音楽人 さん | 川崎市 | 不明

0

シューベルト(1797-1828)に関連する商品情報

  • ナタリー・デセイ/シューベルト:歌曲集 デセイの長いキャリアにおいて初のシューベルト・アルバムであるのみならず、ドイツ歌曲のアルバムそのものが初めてです。ピアノはデセイとの共演歴も長く、フランスを代表するドビュッシーの大家でもあるカッサール。 HMV&BOOKS online|2017年4月28日(金)
  • 在庫特価!シュトゥッツマン/シューベルト:3大歌曲集(3CD) 人気のコントラルト歌手、シュトゥッツマンがカリオペに録音した名盤をセット化したもので、リマスターも行われています。 HMV&BOOKS online|2017年4月24日(月)
  • ヴァント&ケルン放送響/シューベルト:交響曲全集(5CD) ヴァントのシューベルトは、モダン楽器オケの重みのあるリズムと響きを基本に、端正で構築的な世界を描き出したもので、ブルックナーやベートーヴェン、ブラームスの演奏にも一脈通じる剛毅な美質が備わっています。 HMV&BOOKS online|2017年3月26日(日)
  • バス歌手、グロイスベックの歌う『冬の旅』と『白鳥の歌』 ヴェルザー=メストの『ばらの騎士』で、これまでの下品なオックス男爵像から脱却、洗練された容姿と、とんでもない行動のギャップがかえって面白さに繋がるという作劇の本質を衝くアプローチで唸らせたギュンター・グロイスベックがシューベルトに挑戦。 HMV&BOOKS online|2017年3月2日(木)
  • 独Profil リヒテル・シューベルト・ボックス(10CD) Profileレーベルが、キングインターナショナルの依頼でドイツの放送局に眠るリヒテルの音源を調査し、当時ソ連の放送局から提供された驚愕のマスターテープを多数発掘しました。1949年から1963年までのライヴ中心で、大半がディスコグラフィにない初出物。 HMV&BOOKS online|2017年2月13日(月)
  • 【映像】フィッシャー=ディースカウの冬の旅が復活 フィッシャー=ディースカウの『冬の旅』のDVDが復活。1979年1月にベルリンのジーメンスヴィラで自由ベルリン放送により撮影されたもので、ピアノ伴奏はシューベルトの権威でもあるアルフレート・ブレンデルが受け持っています。 HMV&BOOKS online|2017年1月30日(月)

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品