シュミット、 フローラン(1870-1958)

人物・団体ページへ

SACD

交響曲第2番、『アントニーとクレオパトラ』組曲第1番、第2番 サカリ・オラモ&BBC交響楽団(日本語解説付)

シュミット、 フローラン(1870-1958)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
RCHSA5200
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明


サカリ・オラモ&BBC交響楽団の新録音!
フローラン・シュミットの交響曲第2番!

日本語解説付き

ロンドンのバービカン・センターでのシベリウス・サイクルが大きな話題を呼んでいるフィンランドの名匠サカリ・オラモとBBC交響楽団。2013年の首席指揮者就任以降、知られざる近現代作品の発掘、演奏に積極的に取り組み、着実に関係を深めてきたオラモとBBC響が、近代フランスの大作曲家、フローラン・シュミットの交響曲第2番をレコーディング!
 『詩篇第47番』や『サロメの悲劇』、『ディオニソスの祭り』に代表されるように、卓越した作曲技法とオーケストレーション、色彩豊かで絢爛な和声が特徴的な傑作を続々と生みだしたフローラン・シュミット。交響曲第2番は、1957年12月に完成したシュミット87歳の時の重厚かつロマンティックな作品。他界する2ヶ月前の1958年6月にストラスブールで、シャルル・ミュンシュの指揮で初演が行われ、大喝采を浴びた最晩年の代表作として知られています。
 オラモはBBC交響楽団を指揮し、フローラン・シュミットの『アントニーとクレオパトラ』のイギリス初演を手がけた実績があるだけに、まさに満を持して取り組んだこの交響曲第2番への期待が高まります!(Photo by Benjamin Ealovega)(輸入元情報)

【収録情報】
フローラン・シュミット:
● 交響曲第2番 Op.137
● 『アントニーとクレオパトラ』 Op.69より組曲第1番、第2番


 BBC交響楽団
 サカリ・オラモ(指揮)

 録音時期:2017年10月29,30日
 録音場所:イギリス、ワトフォード・コロッセウム
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

 国内仕様盤
 日本語解説&日本語曲目表記オビ付き
 解説書日本語翻訳:生塩昭彦(輸入元情報)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

シュミット、 フローラン(1870-1958)に関連する商品情報

  • フローラン・シュミットの4手作品全集(4CD) パリ音楽院に学び、シャブリエやドビュッシーの印象主義音楽の影響から出発、その後ロシア音楽にも傾倒するなど、その独特な音楽性で知られる作曲家フローラン・シュミット。 HMV&BOOKS online|2017年2月4日(土)

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品