シュトラウス・ファミリー

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Waltzes: Boskovsky / Vpo

シュトラウス・ファミリー

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
417706
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Johann Strauss Jr. (1825 - 1899)
    An der schonen, blauen Donau, Op. 314
    演奏者 :

    指揮者 :
    Boskovsky, Willi
    楽団  :
    Vienna Philharmonic Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Waltz
    • 作曲/編集場所 : 1867, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Johann Strauss Jr. (1825 - 1899)
    Wein, Weib und Gesang, Op. 333
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Waltz
    • 作曲/編集場所 : 1869, Vienna, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ボスコフスキー指揮ウィーン・フィルのウィ...

投稿日:2012/12/08 (土)

ボスコフスキー指揮ウィーン・フィルのウィンナ・ワルツ集は以前いろいろな盤があったと思っていましたが今このHMVカタログ一覧では割と少なく多分ウィーン・ヨハン・シュトラウスO分(エドゥアルト・シュトラウス二世の跡を継いでこのオーケストラの首席指揮者を務めた)と混同していたようです。さて、この盤はVPOコンサートマスターたるボスコフスキーがクレメンス・クラウスに続き他の追随を許さぬウィーン独特の伝統に根ざした演奏を展開しており恐らく同曲集では最高級と言えましょう。特に派手目のボーイング技術はウィーンのヴァイオリニストの中でも群を抜いており、弾き振りの演奏は華やかな雰囲気の内に私達の心を浮きたてましたね・・・何故か脈絡無く先日亡くなった歌舞伎の中村勘三郎の舞台を連想してしまいました・・・華やかさが懐かしいですね。「ウィーンの森の物語」ではあのチターのアントン・カラスが天下のVPOには負けないで頑張っています。収録時期は1959年から1976年とボスコフスキーがVPOニューイヤーコンサート指揮者在任期とほぼ重なって結構期間的には幅があるのですがW.ボスコフスキーが年齢的には50〜65歳の頃ですね。DECCA音色が各曲相応しい効果をあげております。順不同で必ずしも私の愛聴盤と曲目が一致はしていませんが代表的収録曲の演奏タイムもメモしておきましょう。「美しく青きドナウ」(タイム9’15)、「春の声」(同6’00)、「オーストリアの村つばめ」(同8’03)、「皇帝円舞曲」(同10’10)、「南国のばら」(同8’00)、「金と銀」(同7’22)、「天体の音楽」(同8’29)、「酒、女、歌」(同9’46)、「ウィーンの森の物語」(同11’06)、「芸術家の生涯」(同8’25)(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

1
★
★
★
★
★
ボスコフスキーとウィーンフィルのDecca時...

投稿日:2010/01/08 (金)

ボスコフスキーとウィーンフィルのDecca時代のセッション録音の代表的な有名曲が網羅されている。録音は50年代末〜70年代のものでいずれもデッカらしい分離の良いステレオで、演奏も昔、LPや廉価版CDでかつて何度も聴いたものが多いのだが、今、久しぶりに聴き返しても、どれも模範的なものだ。この頃のWPの音色は実に薫り高いのだが、これに比べれば、今のWPなど香りの抜けたマツタケのようなものだというと言い過ぎだろうか。マスターピースという安めの5枚組のものを買ったが、辞書的な用途も考えると、この6枚組にすればよかったかもしれない。

eroicka さん | 不明 | 不明

2
★
★
★
★
★
ヒスの濃度に若干の差はあれど、どれも輝か...

投稿日:2008/10/31 (金)

ヒスの濃度に若干の差はあれど、どれも輝かしいWPの音が鮮明に捉えられている。従来国内盤はニューイヤーコンサートからのアンソロジーばかり。輸入盤も「ウィンナボンボン」などずいぶん偏った選曲で、「正統派」が欲しかったところ。ため息が出るような美しさに包まれたワルツはもちろん、粋を極めたポルカが最高。逆に金管をバリバリ吹き鳴らせるマーチも痛快の極み。6枚のどれもこれも掛けたら最後、飽くことなく聴き通してしまった。

蓮華人 さん | 船橋市 | 不明

2

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品