シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

歴史的録音集(10CD)

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
223514
組み枚数
:
10
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

R.シュトラウス:歴史的録音集(10CD)

紙ジャケット・スリム・ボックス仕様

リヒャルト・シュトラウス作品のヒストリカル・レコーディングを集めた10枚組。『英雄の生涯』など管弦楽作品はもちろん、『ばらの騎士』と『エレクトラ』は全曲収録。指揮はフルトヴェングラー、シューリヒト、クレメンス・クラウス、ミトロプーロス、さらに作曲者自身と豊富な内容です。

【収録情報】
CD-1:
・家庭交響曲 op.53
 ミラノ・スカラ座管弦楽団
 カール・シューリヒト(指揮)
 録音:1941年

・交響詩『ドン・ファン』
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クレメンス・クラウス(指揮)
 録音:1950年

CD-2:
・交響詩『英雄の生涯』
 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
 ウィレム・メンゲルベルク(指揮)
 録音:1941年

・『インテルメッツォ』 op.72〜間奏曲第2番
 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 トマス・ビーチャム(指揮)
 録音:1947年

・管弦楽伴奏付き歌曲(4曲)
 ペーター・アンダース(T)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
 録音:1942年

CD-3:
・交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
 録音:1943年

・交響詩『ドン・キホーテ』
 グレゴール・ピアティゴルスキー(vc)
 ピッツバーグ交響楽団
 フリッツ・ライナー(指揮)
 録音:1941年

・『サロメ』〜7枚のヴェールの踊り
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 リヒャルト・シュトラウス(指揮)
 録音:1928年

CD-4:
・交響詩『死と変容』
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 リヒャルト・シュトラウス(指揮)
 録音:1944年

・交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』
 ボストン交響楽団
 セルゲイ・クーセヴィツキー(指揮)
 録音:1947年

・『ファイアースノート』〜愛の場面
 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 トマス・ビーチャム(指揮)
 録音:1947年

CD-5:
・組曲『町人貴族』 op.60(IIIa)
 ピッツバーグ交響楽団
 フリッツ・ライナー(指揮)
 録音:1946年

・ホルン協奏曲第1番変ホ長調 op.11
 デニス・ブレイン(hr)
 フィルハーモニア管弦楽団
 アルチェオ・ガリエラ(指揮)
 録音:1947年

CD-6〜8:
・楽劇『ばらの騎士』全曲

 元帥夫人:ヴィクトリア・ウルスレアク(S)
 オックス男爵:ルートヴィヒ・ウェーバー(Bs)
 オクタヴィアン:下オルギーネ・フォン・ミリンコヴィチ(Ms)
 ファニナル:ゲオルグ・ハン(Br)
 ゾフィー:アデーレ・ケルン(S)、他

 バイエルン国立歌劇場管弦楽団&合唱団
 クレメンス・クラウス(指揮)
 録音:1942年

CD-9+10:
・歌劇『エレクトラ』全曲

 エレクトラ:アニー・コネツニ(S)
 ムリテムネストラ:マルタ・メードル(S)
 クリソテミス:ダニーザ・イリッチュ(S)
 エギスト:フランツ・クラーウェイン(T)
 オレスト:ハンス・ブラウン(Br)、他

 フィレンツェ五月祭管弦楽団&合唱団
 ディミトリ・ミトロプーロス(指揮)
 録音:1950年

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Schuricht, Carl - Sinfonia Domestica Op. 53
  • 02. Krauss, Clemens - Don Juan Op. 20 (tondichtung Nac

ディスク   2

  • 01. Helman, Ferdinand - Ein Heldenleben Op. 40 (sinfon
  • 02. 4. Des Helden Walstatt
  • 03. Sinfonisches Zwischenspiel Nr. 2: Traeumerei Am Ka
  • 04. Anders, Peter - Lieder Op. 49 Nr. 1-8 (auszug)
  • 05. Nr. 1: Waldseligkeit
  • 06. Anders, Peter - Lieder Op. 49 Nr. 1-8 (auszug)
  • 07. Nr. 3: Liebeshymnus
  • 08. Anders, Peter - Lieder Op. 33 Nr. 1-4 (auszug)
  • 09. Nr. 1: Verfuehrung
  • 10. Anders, Peter - Lieder Op. 48 Nr. 1-5 (auszug)
  • 11. Nr. 5: Winterliebe

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
録音は古いが歴史的ということで価値がある...

投稿日:2010/10/14 (木)

録音は古いが歴史的ということで価値があるのではないか。 一点だけ気になる箇所があるが、メンゲルベルクの英雄の生涯で、 英雄の戦いの場面で、なぜか突然演奏が中断して再開される ところがあった。(音友スコアの練習番号62のあたり) これはそういう解釈なのか??それとも編集ミス?(昔のレコードで B面にかえる部分?)

opr さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
立派な装置では確かに辛い部分も多いけれど...

投稿日:2009/01/19 (月)

立派な装置では確かに辛い部分も多いけれど、フルレンジ1発の安いSPをリサイクルで見つければいい。ヒストリカルな録音専用で聞けば楽しめます。私など車より出費した装置よりこの安いフルレンジで聞くSP時代の演奏の方が面白くて仕方ない。ノイズは気にならないし、エネルギーが固まって放出される様はある種迫力満点で胸に迫る。お金使ってこれを体験出来ないなんて、モッタイナイご同輩。

三河武士 さん | 愛知県 | 不明

2
★
★
★
★
★
作曲者自身を含む名指揮者たちによるR.シュ...

投稿日:2006/10/04 (水)

作曲者自身を含む名指揮者たちによるR.シュトラウスの歴史的録音集のBOX。全体的に録音は良好なものが多く聞きやすいが、長丁場の楽劇などは古い録音では少し疲れますね。特に興味深かった演奏は、シュリヒトの”家庭交響曲”、メンゲルベルクの”英雄の生涯”、クーセヴィッキーの”ツァラトゥストラはかく語りき”など。そして、シュトラウス自身指揮の”死と変容”は内省的な作品だけに、より一層説得力を持っている気がします。”ティル”は、同レーヴェルのフルベンBOXにも1930年の録音が入っていますので、聞き比べてみるのも面白いかも。

たーこ さん | 京都府 | 不明

0

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)に関連する商品情報

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品