シベリウス(1865-1957)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

交響曲全集、クレルヴォ交響曲、管弦楽作品集 パーヴォ・ベルグルンド&ヘルシンキ・フィル(5CD)

シベリウス(1865-1957)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029586915
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

シベリウス:交響曲全集、クレルヴォ交響曲、管弦楽作品集(5CD)
パーヴォ・ベルグルンド&ヘルシンキ・フィル


ベルグルンドはシベリウスの交響曲全集を3回録音行っています。1970年代にボーンマス交響楽団、1990年代にヨーロッパ室内管弦楽団、そしてこのボックスでの1984〜1987年にヘルシンキ・フィルとの録音です。シベリウスのスペシャリストとして、キャリアの始めから同郷のシベリウスの研究と演奏を世界各地で行っており、どの演奏も決定盤とも言える業績を残しています。この録音では、シベリウス作品の持つ神秘的で冷たいながらも、柔らかい乳白色の雪景色も感じられる、内向的、自己批評の強い作曲家の弁証的指揮者ともいえるベルグルンドの名演です。(輸入元情報)

【収録情報】
シベリウス:交響曲全集、クレルヴォ交響曲、管弦楽作品集


Disc1
● 交響曲第1番ホ短調 op.39
● 交響曲第2番ニ長調 op.43

Disc2
● 交響曲第3番ハ長調 op.52
● 交響曲第4番イ短調 op.63

Disc3
● 交響曲第5番変ホ長調 op.82
● 交響曲第6番ニ長調 op.104

Disc4
● 交響曲第7番ハ長調 op.105
● 交響詩『大洋の女神』 op.73
● 交響詩『フィンランディア』 op.26
● 交響詩『タピオラ』 op.112
● カンタータ『故郷』 op.92
● 火の起源 op.32

Disc5
● クレルヴォ交響曲 ホ短調 Op.7

 ヨルマ・ヒュンニネン(バリトン)
 エーヴァ=リサ・ナウマネン(メゾ・ソプラノ)
 ソ連・ロシア国立アカデミー・エストニア男声合唱団
 ヘルシンキ大学合唱団
 ヘルシンキ大学男声合唱団

 ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団
 パーヴォ・ベルグルンド(指揮)

 録音時期:1984-1987年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
5番から7番までをすでに聴いている(レビ...

投稿日:2017/11/13 (月)

5番から7番までをすでに聴いている(レビューも書かせていただいた) ここでは”4番”までを聴く 乱暴を承知でベルグルンドのシベリウス観を云えば 非ロマン主義で脱民族主義の音楽そして表現主義の先駆けという捉え方がこうした演奏を産んだ 第1番の冒頭クラリネットとティンパニのソリが象徴している 情緒性を排した奏でに違和感を覚える人はシベリウスをロマンチックに見ている シベリウスの交響曲は作曲者の内面を吐露したものと考えるベルグルンドと相容れない この個人主義は突き詰めればフィンランド気質でもある スラヴ人気質とは一線を画す 赤信号みんなで渡れば怖くないというどこかの島国根性では理解できない 侵略され蹂躪されたのは国家民族ではない 私なのだ 私があって初めて一族も国も存在する 独立への闘争を人任せにはできない だからこの演奏の随所に見られる暴力的とも言える攻撃性にたじろぐ人もあろう 頬を紅潮させ涙ぐみ聴く人には胸に迫る音楽と演奏だ 番号を追ってより内向的になる交響曲は取っ付き難く感じられるものだ だがここにシベリウスの詩と真実があからさまになっている このシベリウスの現代性は個人から発して普遍なるものへと転化し フィンランドの心を救い世界へ飛び出て人類の心に届いた ベルグルンドは伝達の使徒となった お聴きになっては如何 

風信子 さん | 茨城県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シベリウス(1865-1957)

Jean Sibelius (1865-1957) was Finland's leading post-Romantic composer of symphonies and a national icon. Beginning as a follower of Richard Strauss, Sibelius achieved fame with his symphonic poems Kullervo and Finlandia, and his early symphonies also gained many supporters. A crisis in 1908 over a throat tumor darkened Sibelius' mood, and music composed after this time bears a brooding character,

プロフィール詳細へ

シベリウス(1865-1957)に関連する商品・チケット情報

交響曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品