シベリウス(1865-1957)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、ポンセ:ヴァイオリン協奏曲 シェリング、ブール&コロンヌ管

シベリウス(1865-1957)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EZCD020
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

シベリウス、ポンセ:ヴァイオリン協奏曲
ヘンリク・シェリング、ブール&コロンヌ管弦楽団

シェリングはこのシベリウスとポンセの協奏曲を幾度か録音していますが、この録音は1951年、シェリング33歳時のもの。北欧とラテンという実にユニークなカップリングですが、両曲とも後年の録音に比べ、スケール感よりは若さが前面に出たストレートな演奏といえるでしょう。その点で我々が知る真摯なシェリングとはひと味もふた味も違う、直情的ともいえるシェリングを聴く事ができます。
 国内盤仕様。日本語帯付、裏面の曲目トラックリストも日本語併記、簡単な解説も封入しております。(アインザッツ)

【収録情報】
・シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調
・ポンセ:ヴァイオリン協奏曲
 ヘンリク・シェリング(ヴァイオリン)
 コロンヌ管弦楽団
 エルネスト・ブール(指揮)

 録音:1951年(モノラル)
 原盤:仏ODEON ODX159からの復刻

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
シェリングの若々しい音と技の冴えを聴くべ...

投稿日:2009/09/19 (土)

シェリングの若々しい音と技の冴えを聴くべき1枚。珍しい音源が聴けることは嬉しい。ただし、特にシベリウスでは指揮とオケに物足りなさが残る。

eroicka さん | 不明 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シベリウス(1865-1957)

Jean Sibelius (1865-1957) was Finland's leading post-Romantic composer of symphonies and a national icon. Beginning as a follower of Richard Strauss, Sibelius achieved fame with his symphonic poems Kullervo and Finlandia, and his early symphonies also gained many supporters. A crisis in 1908 over a throat tumor darkened Sibelius' mood, and music composed after this time bears a brooding character,

プロフィール詳細へ

シベリウス(1865-1957)に関連する商品・チケット情報

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

  • マルチヌー:チェロと管弦楽のための作品全集(2CD) チェコのボフスラフ・マルチヌーのチェロのための協奏作品をまとめた2枚組。チェロは、チェコのチェリストのペトル・ノウゾフスキー。伴奏は、 トマス・ブラウナー指揮、ピルゼン・フィルハーモニー管弦楽団。 ローチケHMV|3日前
  • ドミトリー・マスレエフ/ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第2番、他 1988年生まれのドミトリー・マスレエフ。バイカル湖とモンゴル国境にあるシベリアの町、ウラン・ウデの出身、モハメド音楽院とイタリアのコモ湖ピアノアカデミーで学びました。2015年に開催されたチャイコフスキー国際ピアノ・コンクール優勝など、数多くの国際コンクールに入賞しています。 ローチケHMV|3日前
  • A.M.ワグナー/チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番、他 1995年生まれのアレクサンダー・マリア・ワグナーは、ピアニストでもあり作曲家でもある多才な若き音楽家。このアルバムは、彼の技巧を存分に堪能できるチャイコフスキーのピアノ協奏曲1番と、彼の交響曲第2番を収録。 ローチケHMV|6日前
  • オリヴァー・シュニーダー/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集 1973年生まれのスイスのピアニスト、オリヴァー・シュニーダー。これまでハイドン、モーツァルト、メンデルスゾーンの協奏曲など充実した録音を発表してきましたが、ついにベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集の登場となります。 ローチケHMV|2017年11月10日(金)
  • マツーエフ、ゲルギエフ/ラフマニノフ、プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 SACDハイブリッド盤。マツーエフはこれまで、ゲルギエフ&マリインスキー劇場管とラフマニノフのピアノ協奏曲第1、3番と『パガニーニの主題による狂詩曲』をリリースしましたが、ついに第2番登場となります。しかも、カップリングはプロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番です。 ローチケHMV|2017年11月10日(金)
  • レイチェル・バートン・パイン/エルガー:ヴァイオリン協奏曲、ほか 1995年の列車事故による大怪我から復帰を果たし、バロックからへヴィメタを自らのフィールドとしてジャンルにとらわれない活発な活動を展開していているアメリカの女流ヴァイオリニスト、レイチェル・バートン・パイン。バートン・パインのアヴィー(AVIE)第4弾は、エルガーのヴァイオリン協奏曲とブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番という偉大な名曲コンチェルト。 ローチケHMV|2017年11月8日(水)

おすすめの商品