シベリウス(1865-1957)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、ポンセ:ヴァイオリン協奏曲 シェリング、ブール&コロンヌ管

シベリウス(1865-1957)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EZCD020
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

シベリウス、ポンセ:ヴァイオリン協奏曲
ヘンリク・シェリング、ブール&コロンヌ管弦楽団

シェリングはこのシベリウスとポンセの協奏曲を幾度か録音していますが、この録音は1951年、シェリング33歳時のもの。北欧とラテンという実にユニークなカップリングですが、両曲とも後年の録音に比べ、スケール感よりは若さが前面に出たストレートな演奏といえるでしょう。その点で我々が知る真摯なシェリングとはひと味もふた味も違う、直情的ともいえるシェリングを聴く事ができます。
 国内盤仕様。日本語帯付、裏面の曲目トラックリストも日本語併記、簡単な解説も封入しております。(アインザッツ)

【収録情報】
・シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調
・ポンセ:ヴァイオリン協奏曲
 ヘンリク・シェリング(ヴァイオリン)
 コロンヌ管弦楽団
 エルネスト・ブール(指揮)

 録音:1951年(モノラル)
 原盤:仏ODEON ODX159からの復刻

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
シェリングの若々しい音と技の冴えを聴くべ...

投稿日:2009/09/19 (土)

シェリングの若々しい音と技の冴えを聴くべき1枚。珍しい音源が聴けることは嬉しい。ただし、特にシベリウスでは指揮とオケに物足りなさが残る。

eroicka さん | 不明 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

シベリウス(1865-1957)

Jean Sibelius (1865-1957) was Finland's leading post-Romantic composer of symphonies and a national icon. Beginning as a follower of Richard Strauss, Sibelius achieved fame with his symphonic poems Kullervo and Finlandia, and his early symphonies also gained many supporters. A crisis in 1908 over a throat tumor darkened Sibelius' mood, and music composed after this time bears a brooding character,

プロフィール詳細へ

シベリウス(1865-1957)に関連する商品・チケット情報

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品