シェーンベルク(1874-1951)
新商品あり

シェーンベルク(1874-1951)

シェーンベルク(1874-1951) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【ローチケHMV】では、2,500円以上(税込)で送料無料!(一部商品を除く) 本・雑誌・コミックは1000円以上(税込)のご購入で送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

シェーンベルク(1874-1951)のプロフィール

アルノルト・シェーンベルク (Arnold Sch?nberg、1874年9月13日 - 1951年7月13日) は、オーストリアの作曲家・指揮者・教育者。

調性を脱し無調音楽に入り12音技法を創始したことで知られる。アメリカに帰化してから1934年以降は、「アメリカの習慣を尊重して」"o"(o-ウムラウト)を"oe"と表記した...

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

シェーンベルク(1874-1951)のチケット情報

現在、シェーンベルク(1874-1951)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

シェーンベルク(1874-1951)の代表作/ベストセラー

シェーンベルク(1874-1951)の商品一覧

商品一覧

商品を絞り込む

シェーンベルク(1874-1951)の商品をフォーマットで絞り込む

220件中1-10件を表示

すべての商品を見る

シェーンベルク(1874-1951)の関連商品

シェーンベルク(1874-1951)に関する商品・チケット情報

商品・チケット情報一覧

シェーンベルク(1874-1951)の商品ユーザーレビュー

206件

すべてのユーザーレビューを見る(206件)

  • このところすっかり惚れ込んでいるのがこの一枚。輝か...

    投稿日:2016/01/16

    このところすっかり惚れ込んでいるのがこの一枚。輝かしいベートーヴェン全集の録音&録画でついに「世界に冠たる」クワルテットの座についたベルチャSQ。またレーベルを替えて新ウィーン楽派の作品集を出してきた。抒情組曲のカップリング曲と言えば、LP時代には同じベルクの弦楽四重奏曲 Op.3あたりと相場が決まっていたのだが、これは総演奏時間 80:32という盛り沢山なプログラム。新しい第2Vnのシャハーが「出」と「引っ込み」の呼吸を良く心得た人なので、かつてはエマーソンSQ似の双頭型クワルテットだったこの団体、結局は第1Vn主導、つまりはベルチャという名前通りの「女王様」主導の形に落ち着いた感があるが、持ち前の表現主義はもちろんまだ健在。このアルバムでは5つの楽章と抒情組曲の最後の二楽章が特に凄い。ヴェーベルンは無機的、冷たいというこの作曲家のイメージをくつがえすような演奏。何ともエロティックで、なまめかしい。抒情組曲はそもそも曲自体が、楽章が進むごとに表現の振幅が大きくなるように書かれているわけだが、この演奏では速い楽章はさらに速く、遅い楽章はさらに遅い。第6楽章「ラルゴ・デゾラート」は『ルル』の最終場みたいな陰鬱でクールな音楽という感触を持っていたのだが、これほど絶叫型の側面を見せるとは驚いた。ヴェーベルン、ベルクの後に置かれると『浄められた夜』はどうしても微温的に聴こえてしまうが、抒情組曲の最終楽章はまさしく「荒涼とした(デゾラート)」音楽なので、ちゃんとカタルシスの感じられる曲でアルバムを締めようとするのは仕方のないところ。もちろんこれも、きわめて起伏の大きい、濃密な演奏だ。

    村井 翔 さん

    0
  • SWR響前シェフのカンブルランの置き土産(本当は二度...

    投稿日:2014/07/31

    SWR響前シェフのカンブルランの置き土産(本当は二度もやったアッシジの聖フランチェスコも録音してほしかったが).カンブルランに新ヴィーン楽派の商業録音がないのは単純に苦手だからだと思っていたが、なかなかどうして、大変充実を感じる演奏だった. モーゼとアロンはシェーンベルクが十二音技法の実験段階を終え、膨大な対位法を(自由な無調期に発展させた)音色旋律の技法で肉付け彩色するスタイルを確立した亡命直前期の大作だが、作曲家の最も脂の乗った音楽を的確に把握しつつも一気呵成に処理している.時に白熱しすぎる棒を破綻すれすれで返す合奏力もこのオケならではと言えるだろうし、端正で洗練された音色の混合の美しさが冴える. ライヴとはいえ演奏会形式ゆえソロが明瞭なのも美点で、第1幕における6声の「燃える柴からの声」や語り・歌唱の混合等独創的な書法がクリアに聞かれる一方、オケの複雑さが頂点に達する「黄金の仔牛を巡る踊り」ではぎりぎりの緩急と煽りを見せる(さすがにそれなりの乱れが生じているが).とりわけアーロン役アンドレアス・コンラッドの凛とした歌唱が光るが、題名役のグルントヘーバーは立派ではあるものの若干マイペースに感じてしまった.一大プロジェクトとして臨んだオイローパコーアアカデミーも、雑味はあるものの、準備の成果を反映した力感のある合唱を聴かせる. 総じて完璧な演奏かというとそうではないのだが、何と言ってもこの終始苛烈な音楽の熱気をそのままに聴ける、というところがよい(フライブルク公演は行われなかったので、9月20日は録り直しセッション). なおSWR響は、南西ドイツ放送の予算削減計画の煽りを受け、2016年を以て活動終了する事が決まった(シュトゥットガルトの放送響に統合される).モーゼとアロンの世界初演者である初代首席指揮者ハンス・ロスバウト以来、現代音楽への長い貢献のみならず古典でも優れた演奏を見せたオケが無くなるのは残念極まりないが、このオペラはその両領域に亘るSWR響の個性を描くのに正に最適な演目だろう.

    ombredouble さん |30代

    2
  • いつの間にか復刻されていたんですね。喜ばしい限り。...

    投稿日:2015/07/26

    いつの間にか復刻されていたんですね。喜ばしい限り。   この方の指揮、あまりに怜悧、透徹、極限的に冷たい印象を受ける。しかしその果てに出来上がったものは、人間とは何たるかの本質的な温かさ、慈しみをなぜか感じてしまう。   ムラヴィンスキーのような怖れを伴った統率とも違う。カラヤンのような美意識全面展開(笑)で自己のフィールドに取り込もうとする感覚とも当然違う。この人の目指すものは何だったのだろう。これほどまでに曲自身の美がなんの煩わしさもなく遊離してくる感覚は、グレの歌に限らず、他でもほぼ思い当たるものが無い。それくらいに僕はこの演奏を最上位に置きたい。   HMVレビューに書かれている「切っ先鋭くギクシャクとした演奏」って、本当にこの演奏を聴いての評だろうか・・・。いやいやいや、全く反対!よっぽど他の人(誰とは言わない。っていうか、他のほとんどの演奏。)のグレほうがギックッシャックしてる。   ケーゲルはなぜこんなにも流麗に演奏できるのだろう。最初の一音から、他の指揮者と全く異なった時間軸の中いきなり引きこまれる感覚。鳥肌です。それが一気に120分。全く弛緩することなどありません。是非、音源ファイル化して途中でCDの入れかえなどすることなく、続けてお聞きになることをお勧めします。   この演奏を最後まで付き合えたオケの方々、ソリスト、合唱団の皆々様の精神力ってどんなものなのだろう。セッション録音でしょう・・・。大変だっただろうなぁ・・・。   これだけ巨大な編成なのに、どこにもほころびを感じない。もう、ため息しか出ません。今もこの文章を書いている間に聞いていますが、曲想が膨らんではふっと力が抜けるタイミングごとにため息をついている始末。こんな評っていいのかしら。(苦笑)   録音も最良の部類に入ります。許される環境をお持ちなら、是非とも相応の音量で音に浸っていただきたい。グレの歌の舞台背景だとかストーリーがどうだとかは、もうこの際どうでもイイです。大編成クラシックがお好きならきっとハマれることでしょう。スピーカー環境を構築できなくてもヘッドホンがあります。昨今、ヘッドホンもいろいろあって面白いです。   と、ここまで書いてきましたが、当方、ベルリンクラシック盤を所有しております。ブリリアント盤、時に音質劣化したとの報告もあります。そこが気がかりではあります。が、大推薦の一枚として、レビューさせていただく次第です。

    みたけ さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%