HMV ONLINE > CD/ DVD・ブルーレイ(BD) > クラシック > シェーンベルク(1874-1951)

シェーンベルク(1874-1951)

シェーンベルク(1874-1951) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV ONLINE】では、2,500円以上(税込)で送料無料!(一部商品を除く) 【エルパカBOOKS】では、本・雑誌・コミックなどを取り扱い、1000円以上(税込)のご購入で送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

%%header%%閉じる

%%message%%

シェーンベルク(1874-1951)

登録

登録

シェーンベルク(1874-1951)のプロフィール

Arnold Schoenberg (1874-1951) was an Austrian composer who began his career at the height of late Romanticism yet became one of the most dominant and controversial figures of modern music. Schoenberg's early style was lush and highly chromatic, but still recognizably tonal, and Verklarte Nacht represents this youthful phase. By 1909, Schoenberg had begun composing angular, atonal works, among whic

シェーンベルク(1874-1951)のプロフィール詳細


シェーンベルク(1874-1951)の代表作

こちらはシェーンベルク(1874-1951)の代表作です。

シェーンベルク(1874-1951)の商品一覧

こちらはシェーンベルク(1874-1951)の商品一覧です。

シェーンベルク(1874-1951)の商品をメディアで探す

表示順:
表示件数
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

検索結果:256件中1件から10件まで表示

検索結果:256件中1件から10件まで表示

シェーンベルク(1874-1951)ニュース・最新情報

こちらはシェーンベルク(1874-1951)のニュース・最新情報です。

シェーンベルク(1874-1951)の商品ユーザーレビュー

こちらはシェーンベルク(1874-1951)の商品ユーザーレビューです。

  • SACD 『モーゼとアロン』全曲 カンブルラン&南西ドイツ放送響、グルントヘーバー、A.コンラート、他(2012 ステレオ)(2SACD)『モーゼとアロン』全曲 カンブルラン&南西ドイツ放送響、グルントヘーバー、A.コンラート、他(2012 ステレオ)(2SACD)

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

    SWR響前シェフのカンブルランの置き土産(本当は二度もやったアッシジの聖フランチェスコも録音してほしかったが).カンブルランに新ヴィーン楽派の商業録音がないのは単純に苦手だからだと思っていたが、なかなかどうして、大変充実を感じる演奏だった. モーゼとアロンはシェーンベルクが十二音技法の実験段階を終え、膨大な対位法を(自由な無調期に発展させた)音色旋律の技法で肉付け彩色するスタイルを確立した亡命直前期の大作だが、作曲家の最も脂の乗った音楽を的確に把握しつつも一気呵成に処理している.時に白熱しすぎる棒を破綻すれすれで返す合奏力もこのオケならではと言えるだろうし、端正で洗練された音色の混合の美しさが冴える. ライヴとはいえ演奏会形式ゆえソロが明瞭なのも美点で、第1幕における6声の「燃える柴からの声」や語り・歌唱の混合等独創的な書法がクリアに聞かれる一方、オケの複雑さが頂点に達する「黄金の仔牛を巡る踊り」ではぎりぎりの緩急と煽りを見せる(さすがにそれなりの乱れが生じているが).とりわけアーロン役アンドレアス・コンラッドの凛とした歌唱が光るが、題名役のグルントヘーバーは立派ではあるものの若干マイペースに感じてしまった.一大プロジェクトとして臨んだオイローパコーアアカデミーも、雑味はあるものの、準備の成果を反映した力感のある合唱を聴かせる. 総じて完璧な演奏かというとそうではないのだが、何と言ってもこの終始苛烈な音楽の熱気をそのままに聴ける、というところがよい(フライブルク公演は行われなかったので、9月20日は録り直しセッション). なおSWR響は、南西ドイツ放送の予算削減計画の煽りを受け、2016年を以て活動終了する事が決まった(シュトゥットガルトの放送響に統合される).モーゼとアロンの世界初演者である初代首席指揮者ハンス・ロスバウト以来、現代音楽への長い貢献のみならず古典でも優れた演奏を見せたオケが無くなるのは残念極まりないが、このオペラはその両領域に亘るSWR響の個性を描くのに正に最適な演目だろう.
  • CD 『グレの歌』、『浄夜』 メータ&イスラエル・フィル、プラハ・フィルハーモニー合唱団、他(2CD)『グレの歌』、『浄夜』 メータ&イスラエル・フィル、プラハ・フィルハーモニー合唱団、他(2CD)

    ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー) ★★★★☆

    超大作『グレの歌』と「浄夜」というロマンティック・シェーンベルクを並べたアルバム。いずれもライブ。で、『グレの歌』はメータさんにとっては再録音であります。ライブということもあるのか、破綻なくきっちりまとめることを心掛けたのでしょうか、比較的落ち着いたアプローチです。抒情も劇性もほどほど。第一部でのヴァルデマールとトーヴェのやり取りは、愛に耽りながらも死の予感を深めてゆき、ロマンティックにうねりつつも陰鬱な雰囲気がつのり、最終的に恐ろしい悲劇へと到達しますが、その流れの高揚は今一つ。ま、もちろん、大変な難曲ですから、細部にこだわって執拗に再現すれば特に歌手への負担が過剰になって破綻が生じやすくなりますから、やや安全運転に傾いたのかもしれません。コーラスが現れてからはなかなかに盛り上がりますが、それでも総じていま一つの盛り上がりぢゃないかなあ。全曲聴き終えての感動もいささかもの足りませぬ。「浄夜」はそれなりに濃厚に歌いあげて、こちらは結構ですかな。いずれもライブ録音ですが、会場ノイズは入りつつも拍手はカットされております。良好というくらいのレベルでしょうか。新しいわりに特別良くはありません。なお、「浄夜」の収録レベルがやたらにでかくて、『グレの歌』のクライマックスと同じくらいの大音量で弦の強奏が鳴り渡るのはよろしくありません。製品の造り方としては、なんか無神経だよね。総じて平均より上の出来栄えではありますが、プラスαに欠ける、そんなところです。

すべてのシェーンベルク(1874-1951)商品レビューを見る(199件)

シェーンベルク(1874-1951)のページをご覧の皆様へ
HMV.co.jpでは、CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなど税込2,500円以上のお買い上げで、国内一括配送の配送料が無料となります。(一部送料有料指定商品を含む場合は有料となります)
本・雑誌・コミックを含むお買い上げ合計税込1000円以上のご注文も、国内一括配送料無料となります。(非会員購入は対象外)
国内最大級のECサイトです!Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

HMV.co.jp

情報の一部は(C)2014 Rovi Corporation., japan music data.により提供されています。
また、書誌データの一部は「BOOKデータベース」(著作権者:(株)トーハン/日本出版販売(株)/(株)紀伊國屋書店/日外アソシエーツ(株))の情報です。

HMV.co.jpの表示価格はオンラインでの買物のみに適用され、HMV店舗の表示価格と異なる場合がございます。

株式会社ローソンHMVエンタテイメント 東京都公安委員会 古物商許可 第302171105567号
Copyright © 1998-2014 Lawson HMV Entertainment, Inc