サン=サーンス (1835-1921)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

SHM-CD

サン=サーンス:交響曲第3番『オルガン付』、デュカス:魔法使いの弟子 ジェイムズ・レヴァイン&ベルリン・フィル、サイモン・プレストン

サン=サーンス (1835-1921)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG52099
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

カミーユ・サン=サーンス
@交響曲 第3番 ハ短調 作品78《オルガン付き》

ポール・デュカス
A交響詩《魔法使いの弟子》

サイモン・プレストン(オルガン@)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:ジェイムズ・レヴァイン

録音:1986年6月 ベルリン

解説(内容)
【ドイツ・グラモフォン定盤 premium】【SHM-CD仕様】【グリーン・カラー・レーベルコート】【ルビジウム・クロック・カッティング】色彩感に溢れたオーケストラと壮麗なオルガンの響きが効果的に対置されたサン=サーンス円熟期の第3交響曲は、循環形式の手法によって細部に至るまで有機的に関連付けられ、全体が見事に統一された作品です。切れ味の鋭い現代的感覚で人気の高いレヴァインはこの交響曲の本質を明快に捉え、ベルリン・フィルハーモニーを見事にドライヴして壮大なスケールの演奏を繰り広げています。デュカスの《魔法使いの弟子》をカップリング。

収録曲   

  • 01. 交響曲 第3番 ハ短調 作品78≪オルガン付き≫ 第1楽章〔第1部〕: Adagio - Allegro moderato
  • 02. 交響曲 第3番 ハ短調 作品78≪オルガン付き≫ 第1楽章〔第2部〕: Poco adagio
  • 03. 交響曲 第3番 ハ短調 作品78≪オルガン付き≫ 第2楽章〔第1部〕: Allegro moderato - Presto - Allegro moderato
  • 04. 交響曲 第3番 ハ短調 作品78≪オルガン付き≫ 第2楽章〔第2部〕: Maestoso - Piu allegro - Molto allegro
  • 05. 交響詩≪魔法使いの弟子≫

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この「オルガン」は良いと思う。 同曲の標...

投稿日:2016/08/10 (水)

この「オルガン」は良いと思う。 同曲の標準はデュトワ盤で、カラヤンはじめド派手な演奏が多い。 同じベルリンフィルとではカラヤンとメータ盤があるが やたら残響が響き繊細な旋律が聴こえてこない。 その点このレヴァイン盤は繊細な部分も丁寧に演奏している。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この演奏は指揮者良し、オケ良し、音楽性良...

投稿日:2014/03/12 (水)

この演奏は指揮者良し、オケ良し、音楽性良しのハイレベルな名演奏です。どうも評論家には人気が無いようですね。それが信じられません。どう考えてもベストの演奏の一つに入ってくるはずなのですが。どうなっているのでしょうか。

ムサイシス さん | 三重県 | 不明

0
★
★
★
★
★
本盤にはサン・サーンスの交響曲第3番とデ...

投稿日:2011/06/06 (月)

本盤にはサン・サーンスの交響曲第3番とデュカスの交響詩「魔法使いの弟子」のフランス音楽の中でも特に有名な曲がおさめられているが、いずれも素晴らしい名演と高く評価したい。本演奏を聴いていの一番に思い浮かぶ感想は、「巧い」、「凄い」、そして「楽しい」である。このような感想は、深遠な内容を有する独墺系の作曲者などの交響曲等の演奏では芳しいものとは言えないが、本盤の両曲のように旋律の美しさや標題音楽の面白さが主眼の楽曲では、最高の賛辞と言えるのではないだろうか。レヴァインは、世界一の名人揃いのオーケストラであるベルリン・フィルを率いて、それこそ管弦楽による豪華なご馳走を提供してくれていると言えるだろう。サン・サーンスのオルガン付きの華麗なるオーケストレーションの面白さやデュカスの音楽の楽しさを、聴き手がこれほどまでにわくわくした気持ちで味わうことができる演奏は他にはあるまい。ベルリン・フィルの卓越した技量は唖然とする「巧さ」であり、とりわけサン・サーンスの交響曲第3番の終結部のオルガンを伴った大音響のド迫力は「凄い」の一言。デュカスの交響詩「魔法使いの弟子」は、あたかも魔法使いの弟子があわてふためくシーンが思い浮かぶほどの「楽しい」演奏に仕上がっていると言える。このような演奏を聴いていると、レヴァインの類稀なる音楽性の豊かさとともに、エンターテイナーとしての高い資質を痛感させられるところだ。なお、ベルリン・フィルによるサン・サーンスの交響曲第3番の演奏としては、本演奏の数年前に録音されたカラヤン盤(1981年)があるが、そちらは楽曲の魅力よりもカラヤンの個性が全面に出た演奏であり、「巧さ」や「凄さ」においては本演奏とほぼ同格の名演であるが、「楽しさ」においては本演奏の方がより優れていると言えるのではないだろうか。録音は、本盤でも十分に満足できる音質であると言えるが、先日発売されたSHM−CD盤は、本盤よりも若干ではあるが音質が鮮明になるとともに、オルガンの重低音による音場の奥行きが幅広くなったと言える。いまだ未購入で、レヴァインによる本名演をできるだけ良好な音質で味わいたいという聴き手には、SHM−CD盤の購入を是非ともお奨めしておきたい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

サン=サーンス (1835-1921)

Camille Saint-Saens (1835-1921) was a French composer, conductor, organist, and pianist of the Romantic era, famous for being a child prodigy, a virtuoso performer and sight-reader, and a polymath with a lifelong interest in mathematics and the sciences. Saint-Saens composed in all the forms of his day, achieving great success with his Symphony No. 3, Organ; Carnival of the Animals; Danse Macabre;

プロフィール詳細へ

サン=サーンス (1835-1921)に関連する商品・チケット情報

交響曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品