サン=サーンス (1835-1921)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第3番『オルガン付』、動物の謝肉祭 デュトワ&モントリオール響

サン=サーンス (1835-1921)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
430720
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Camille Saint-Saens (1835 - 1921)
    Symphony no 3 in C minor, Op. 78 "Organ"
    演奏者 :
    Hurford, Peter (Organ)
    指揮者 :
    Dutoit, Charles
    楽団  :
    Montreal Symphony Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1886, France
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Camille Saint-Saens (1835 - 1921)
    Carnival of the animals
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Suite
    • 作曲/編集場所 : 1886, France
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フランスものとはいえ、バッハのオルガン曲...

投稿日:2011/06/26 (日)

フランスものとはいえ、バッハのオルガン曲全集で圧倒的な存在感を示した名手ハーフォードがオルガンを弾いているとあっては、期待はいやが上にも増す。

古楽器奏者 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
この第3番交響曲は1982年(デュトワ46歳の頃...

投稿日:2010/10/03 (日)

この第3番交響曲は1982年(デュトワ46歳の頃・・・盤によっては1980年録音と表記しているものも・・・)のMSOを振っての演奏録音でもう約30年前の収録にも拘わらず音色はDECCA故かしっかりしたものでオルガンの機能音発揮を迫力はともかく十分捉えております。デュトワのレパートリーには所謂独墺交響曲が少なくともCD盤としては入っておらずサン・サーンス他フランス、ロシア系の管弦楽曲等に焦点を置いているようです。演奏タイムとしては@10’24+9’30A6’47+7’43とややアッサリ傾向? 演奏自体もこの交響曲につきまといがちな威圧感はなく全体明るめで洗練されたものとなっております。第1楽章前半のスタートは透明感があり息長い扱い・・・そして展開は少し足早な感じで特に弦が美しいです。表層的ではありますが音色は明るく音構成が明確。山場も明快・軽快ですね。この楽章後半でオルガン(別の録音によるモントリオールの聖ユスターシェ教会のオルガン)が出しゃばらず入ります。この後半章は循環式でゆっくり美しく流れます。その中でも高揚するシーンでは洒落た仕掛けも聴けます。第2楽章前半は前楽章後半と対照的にメリハリをつけピアノも入って活きいき感が満ちます。余談ですが私などはこの第2楽章前半の音楽を聴くと昔TVニュースのバック音楽を連想します。移行節も簡単アッサリで後半への予感を告げるように静かに弦主体に流れ後半に突入。オルガンの宣誓後コラール風を経てデュトワのカラー・色彩感がどぎつくなく展開され結構重心は低く運ばれます。そしてクライマックスへ一途、各節はテンポ速めにコーダもティンパニーを交えて・・・、オルガンは普通に引っ張ります。ハーフォードのオルガンは明快かつ清潔な感じがしました。1980年録音の「動物の謝肉祭」(オーケストラLS、タイム22’21)もデュトワの色彩感が生きた演奏となっています。最高ランクにしておきます。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

1

サン=サーンス (1835-1921)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品