CD 輸入盤

最後から2番目の思想 アレクサンドル・タローが描くサティの世界(2CD)

サティ(1866-1925)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HMC902017
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

鈴木淳史のクラシック妄聴記 第9回
「タローのあまりにもバロックなサティ」
より

 アレクサンドル・タローのピアノを最初に聴いたときは、その音楽の底から立ち上がってくるヒンヤリとした感触に、いささか近寄り難いものを覚えたものだった。その音楽が精妙で風通しのいいことはよくわかっているのだけれど、取りつく島がないようなクールさに躊躇してしまったのだ。ヒンヤリ系の演奏を嬉しがって聴く自分のような男でも、由来も知れぬクールさには、一歩身構えてしまうのである。

 今回タローが挑んだサティは、まさにアンチ・ロマンを声高に唱えた作曲家。早速聴いてみると、その相性の良さに改めて驚かされた。これまでのサティ演奏といえば、ロマンティシズムにベッタリの流儀もあれば、中世の神秘主義に根を張ったもの、さらにコチコチの現代流、あるいはポスト・モダンでございといわんばかりの軽〜いアプローチなど、様々なものがあったが、タローの演奏はこれらいずれのスタイルにも属さない。一言でいえば、ガッツリとバロック派。

 ピアノ独奏作品を集めた一枚目は、曲の合間に6曲のグノシェンヌを配置し、続けて聴くと、まるでバロックの組曲のようだ。緩急のリズムの交代が心地いい。トリルも快楽的。《メドゥーサの罠》では、一部にプリペアドしてあるピアノを使用するなど、音色へのコダワリも。
 そして、感情をだらだら引きずらないのがバロックの流儀。キビキビと表情を変え、そのザックリとした切断面に余韻を宿す。《干からびた胎児》の大袈裟で、やたらにカッチリと弾かれたフィナーレのあとに演奏された、グノシェンヌの第5番の退廃的な美しさといったら。

 ディスク二枚目は、四手や歌曲などのデュオ作品を収録している。エリック・ル・サージュとの精妙にして立体的な四手作品、むせかえるようなフランス語の発音がたまらないシャンソン歌手ジュリエットとの歌曲、そして《右や左に見えるもの》はイザベル・ファウストという、かなり贅沢なセッションだ。アンサンブルでのタローは、そのキッチリとした弾き方は変わらないが、快楽的なエキスが一層強く滲み出ているようにも感じる。
 わたしの場合、サティの作品は好きなのだが、何曲も続けて聴くと飽きてしまうことが少なくない。ただ、今回のタローの演奏ではそういうことはまるでなかった、ということは強調しておきたい。

(すずき あつふみ 売文業) 


エリック・サティ:最後から2番目の思想
アレクサンドル・タローが描くサティの世界
共演者も豪華!

洒落ていて物憂くてエスプリたっぷりでどこか不気味・・・そんなサティの音楽。考えてみれば、タローほどサティ作品にぴったりなピアニストはそういないのではないでしょうか。タローは持ち前の抜群のセンスで、プリズムのように刻一刻と変わる曲のニュアンスや洒落っ気を気持ちよく描いてみせてくれます。「指先の魔術師」タローが奏でる独特の音色にはドキッとさせられます。ピアノ・ソロだけでも充分たのしめますが、disc2の「デュオ」での豪華共演者陣も注目です。ル・サージュとのデュオは、これ以上ない、と思えてしまうくらいに息も音色もセンスもぴったり。本当にうまいフランス人がフランスものを弾くとこうなるのか、と思わず脱帽。ジュリエットは、タローが「理想のサティ歌い」と絶賛するシャンソン歌手で、パリのちょっと古びたカフェを連想させる、雰囲気たっぷりの歌を聴かせてくれます。「右や左に見えるもの」では、イザベル・ファウストが変幻自在の活躍。ヴァイオリンという楽器がもつ音色の意外な響きをたのしませてくれます。ゲリエのトランペットも実に見事。パリっとおしゃれに決まった、サティの新たなる名盤の登場です。
 ブックレットの裏表紙に書いてあるサイトにアクセスし、パスワードを入れると、ボーナストラックなどが入手できるという趣向もあります。
 ジャケットに用いられているイラストは、ジャン=コクトーによるサティ像。(キングインターナショナル)

【収録情報】
[CD1]ピアノ・ソロ編
1.グノシェンヌ第1番
2.舞踏への小序曲
3.ジムノペディ第1番
4.本当にぶよぶよした前奏曲
5.グノシェンヌ第2番
6.嫌らしい気取り屋の三つのワルツ
7.グノシェンヌ第3番
8.ピカデリー
9.自動記述法
10.グノシェンヌ第4番
11.操り人形は踊っている
12.メドゥーサの罠
13.冷たい小品
14.最後から2番目の思想
15.いくぶん生き生きと(モンマルトルのエスキースとスケッチより)
16.乾からびた胎児
17.グノシェンヌ第5番
18.ワルツーバレエ
19.世紀ごとの時間と瞬間的な時間
20.ばら十字団の最初の思想
21.金の粉
22.グノシェンヌ第6番
[CD2]デュオ編
1.梨の形をした3つの小品(1台4手のための)
2.ジュ・トゥ・ヴ
3.お医者さんのところで 
4.僕には友達がいた
5.エンパイア劇場のプリ・マドンナ
6.風変わりな美女(1台4手による)
7.右や左に見えるもの
8.シネマ(ミヨー編曲による1台4手版)
9.ダフェネオ
10.リュディオン(潜水人形)
11.再発見された像(C管トランペットとピアノのための嬉遊曲)
12.シテール島への船出
13.いいとも、ショショット

[CD1]
1-22:アレクサンドル・タロー(Pf)(12はプリペアード・ピアノ)
[CD2]
1-13:アレクサンドル・タロー(Pf)
1,6,8:エリック・ル・サージュ(Pf)
2,3,4,5:ジュリエット(声)
7,12:イザベル・ファウスト(Vn)
9,10,13:ジャン・ドゥルスクルーズ(T)
11:ダヴィッド・ゲリエ(Tp)
 録音:2008年4、5月

収録曲   

ディスク   1

  • 01. グノシェンヌ第1番
  • 02. 舞踏への小序曲
  • 03. ジムノペディ第1番
  • 04. 本当にぶよぶよした前奏曲
  • 05. グノシェンヌ第2番
  • 06. 嫌らしい気取り屋の三つのワルツ
  • 07. グノシェンヌ第3番
  • 08. ピカデリー
  • 09. 自動記述法
  • 10. グノシェンヌ第4番
  • 11. 操り人形は踊っている
  • 12. メドゥーサの罠
  • 13. 冷たい小品
  • 14. 最後から2番目の思想
  • 15. いくぶん生き生きと(モンマルトルのエスキースとスケッチより)
  • 16. 乾からびた胎児
  • 17. グノシェンヌ第5番
  • 18. ワルツーバレエ
  • 19. 世紀ごとの時間と瞬間的な時間
  • 20. ばら十字団の最初の思想
  • 21. 金の粉
  • 22. グノシェンヌ第6番

ディスク   2

  • 01. 梨の形をした3つの小品(1台4手のための)
  • 02. ジュ・トゥ・ヴ
  • 03. お医者さんのところで
  • 04. 僕には友達がいた
  • 05. エンパイア劇場のプリ・マドンナ
  • 06. 風変わりな美女(1台4手による)
  • 07. 右や左に見えるもの
  • 08. シネマ(ミヨー編曲による1台4手版)
  • 09. ダフェネオ
  • 10. リュディオン(潜水人形)
  • 11. 再発見された像(C管トランペットとピアノのための嬉遊曲)
  • 12. シテール島への船出
  • 13. いいとも、ショショット

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
仄かな詩情を湛える冷涼な響きは、シャンパ...

投稿日:2015/07/28 (火)

仄かな詩情を湛える冷涼な響きは、シャンパンよりむしろ芳醇辛口な日本酒を想わせる。味わい深い逸品。

曼珠沙華 さん | 群馬県 | 不明

0
★
★
★
★
★
まあこれほど美しい音で弾かれたサティは、...

投稿日:2009/03/17 (火)

まあこれほど美しい音で弾かれたサティは、ちょっと聴いたことがない。サティのシンプルな書法は、奏者のセンスを丸裸にしそうだが、それがかえってタローの持つエスプリを全開させている感じ。特にタッチと表情の多彩さは、ほとんど「マジック」の領域。考え抜かれたプログラミングと合わせ、拘り派タローのサティ、最高の聴きどころ。録音には所々、会場(教会)の外でさえずっていた鳥の鳴き声が入っている。タローはそれを知っていて、あえてそのテイクを選んだとのこと。また2枚目最後の曲が終わった後にもちょっとした遊びが。タローとゲストたちが本当に楽しみながら作っていたことが、演奏だけでなく、そういったところからも伝わってくる。また、いつもながら

ちったん さん | さいたま市 | 不明

9
★
★
★
★
★
サティへの愛が感じられる盤。何と言っても...

投稿日:2009/02/14 (土)

サティへの愛が感じられる盤。何と言ってもDisc2が貴重。歌曲、4手作品、「右や左に見えるもの」などを一同に集めたのは他にないんじゃないかしら。これまでの演奏と違う新たな驚きもあり(「メデューサの罠」でケージよりも前にサティがプリペアド・ピアノをやっていたって、知ってました?)CDの作りもお洒落。お遊びも入っていて聴いていて楽しいことこの上ない。演奏はサティの革新性に重点を置いた、明晰さが前面に出たもので、今までの作品集とは少し毛色が違うように思う。新たなサティ像を見せてくれたタローに感謝。

Billy Moon さん | 京都 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

サティ(1866-1925)

Erik Satie was an important French composer from the generation of Debussy. Best remembered for several groups of piano pieces, including Trois Gymnopedies (1888), Trois Sarabandes (1887) and Trois Gnossiennes (1890), he was championed by Jean Cocteau and helped create the famous group of French composers, Les Six, which was fashioned after his artistic ideal of simplicity in the extreme. Some hav

プロフィール詳細へ

サティ(1866-1925)に関連する商品・チケット情報

  • 高橋アキのサティ第3弾 録音会場には、美しく豊かな響きで知られるイタリア・ウンブリアの聖クローチェ美術館を選び、ピアノは、銘器ファツィオーリF278を使用しています。 ローチケHMV|2016年7月8日(金)
  • 小川典子のサティ SACDハイブリッド盤。小川典子がサティのピアノ独奏曲全曲録音を始動! 1890年製エラールによる演奏で当時の響きを追求。 ローチケHMV|2016年6月13日(月)
  • オルガ・シェプス/サティ:ピアノ作品集 大御所評論家ヨアヒム・カイザーをして「オルガ・シェプスは真の発見だ。彼女が弾くようなショパンをこれまで私は聴いたことがない」と言わしめた個性的才能の持ち主、オルガ・シェプスの新録音。 ローチケHMV|2016年4月19日(火)
  • ティボーデ/サティ:ピアノ独奏作品全集&連弾集(6CD) サティ生誕150年記念盤、定評あるティボーデのソロ録音に、ロジェ&コラールの連弾をプラスした万全のボックス。録音も優秀です。 ローチケHMV|2016年3月10日(木)
  • エリック・サティ主要作品全集(10CD) エリック・サティの主要作品を集めた限定ボックスがエラート・レーベルから登場。音源はEMI、Virgin Classics、ERATO、DECCA、Mandalaによるものを使用しています。 ローチケHMV|2015年10月15日(木)
  • エリック・サティの足跡を辿るドキュメンタリー映像 アップライトピアノを2台重ねて演奏したり、プール、駅、工場などで、演奏家自ら「家具の音楽」と化したり、サティの挿絵をアニメーションとして使用したりと、実際にサティの想像を映像化しています。 ローチケHMV|2015年7月19日(日)

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

  • ベヒシュタインのピアノを用いたダルベルトのフォーレ 洒脱な感性、作品と作曲家への深い考察、そしてそれらを音で表現するテクニックを併せ持つダルベルトが、美しい横の線(メロディ)と密度の濃い和声が織りなすフォーレ作品の世界を見事に解き明かします。 ローチケHMV|8時間前
  • リヒテルのガーシュウィンがリマスター&プライスダウン 収録会場は、シュヴェツィンゲンのロココ劇場。南西ドイツ放送収録による録音は、小ホールの密度の高い音を再現するもので、リヒテルのピアノとシュトゥットガルト放送交響楽団の共演を心地よく聴かせてくれます。 ローチケHMV|2日前
  • 渡辺玲子/Air & Dance on Violin 19世紀末のウィーンを出発し、華麗な音色と卓抜した運弓をもって銘器デル・ジェスを駆使した「歌と踊り」は、近代欧州を俯瞰する一大絵巻です。 ローチケHMV|5日前
  • 伊藤恵のショパン:24の前奏曲、シューマン:クライスレリアーナ 円熟のピアニズムと音楽性で奏でられ、第70回文化庁芸術祭優秀賞、第53回レコード・アカデミー賞を受賞した『シューベルト ピアノ作品集 6』に続くアルバム。 ローチケHMV|5日前
  • 名手オールソンによるスクリャービン第2弾 1970年のショパン国際コンクールの覇者、米国のピアニスト、ギャリック・オールソン(ちなみに2位は内田光子でした)がスクリャービンのソナタ全集を録音。 ローチケHMV|2017年3月15日(水)
  • ディナースタイン/モーツァルト・イン・ハバナ シモーネ・ディナースタインとキューバとの直接的な関係は、彼女の師でありハバナ出身のピアニスト、ソロモン・ミコウスキーが、2014年ハバナでの音楽フェスティバルを発足させ、彼女を演奏に招待したことでした。 ローチケHMV|5日前

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト