この商品の関連特集

この商品に関連するタグ

CD

稲川怪談クラシック

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HUCD10187
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

稲川淳二氏の怪談の世界とクラシック音楽が強烈な融合!

この一見、接点が無さそうに思える組み合わせですが、実はクラシック音楽には恐怖をイメージして作られた名曲が数多く存在し、まさに見事としか言いようない最高の融合を果たします。

【収録情報】
1.稲川淳二 オープニングトーク
2.カルミナ・ブラーナ〜『おお運命の女神よ』
3.組曲「動物の謝肉祭」〜水族館
4.展覧会の絵〜グノーム
5.トッカータとフーガよりトッカータ
6.バレエ音楽「中国の不思議な役人」より 第1曲 序奏〜若い娘と三人のならず者
7.バレエ音楽「中国の不思議な役人」より 第11曲 マンダリンの体はみどり色に光る
8.バレエ音楽「中国の不思議な役人」より 第12曲 娘はもはや抵抗しない〜抱擁
9.「ペール・ギュント」組曲 第1番 Op.46〜山の魔王の宮殿にて
10.バレエ音楽「春の祭典」より第1部 (1913年版)〜春のきざし(若い男女の踊り)
11.交響曲 第6番「悲愴」〜第4楽章
12.ローマの祭り〜チルチェンセス
13.ピアノ三重奏曲 第5番「幽霊」より第2楽章
14.バレエ音楽「シンデレラ」組曲 第1番 Op.107〜真夜中
15.交響曲 第1番 第3楽章
16.稲川怪談「高架橋」 浄められた夜 Op.4〜第1楽章 (弦楽六重奏版/原曲) <Special Track>
17.稲川淳二 ミニ楽曲解説 <Special Track>

【アーティストプロフィール】
今や夏の風物詩として定着した感のある「ミステリーナイトツアー 稲川淳二の怪談ナイト」。2014年も全国45公演をほぼ満員御礼で数え、22年間にわたり行われた通算公演回数540回、延べ動員数44万人を記録している。夏から秋にかけて日本全国を回り、怪談という手法で人の心や風土、時代などを 稲川淳二氏の卓越した話術により語り継いでいる。熱烈なファンも各地に存在し、毎年、稲川がやってくることを楽しみにされている方も多い。(HATS)

内容詳細

93年のスタートから23年間で延べ46万人を動員している“稲川淳二の怪談ナイト”。そのスピンアウト企画は、怪談のイメージにふさわしいクラシックの楽曲を集めたもの。稲川淳二のトークで始まり、バッハの「トッカータ」など、“それっぽい”曲が並ぶ。ボートラに怪談をひとつ収録。(い)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 稲川淳二 オープニングトーク
  • 02. オルフ:カルミナ・ブラーナ〜おお運命の女神よ
  • 03. サン=サーンス:組曲『動物の謝肉祭』〜水族館
  • 04. ムソルグスキー/ラヴェル編:展覧会の絵〜グノーム
  • 05. J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調〜トッカータ
  • 06. バルトーク:中国の不思議な役人より第1曲:序奏〜若い娘と三人のならず者
  • 07. バルトーク:中国の不思議な役人より第11曲:マンダリンの体は緑に色に光る
  • 08. バルトーク:中国の不思議な役人より第12曲:娘はもはや抵抗しない〜抱擁
  • 09. グリーグ:『ペール・ギュント』組曲第1番 Op.46〜山の魔王の宮殿にて
  • 10. ストラヴィンスキー:『春の祭典』(1913年版)第1部〜春のきざし(若い男女の踊り)
  • 11. チャイコフスキー:交響曲第6番『悲愴』〜第4楽章
  • 12. レスピーギ:ローマの祭り〜チルチェンセス
  • 13. ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第5番『幽霊』〜第2楽章
  • 14. プロコフィエフ:『シンデレラ』組曲第1番 Op.107〜真夜中
  • 15. マーラー:交響曲第1番『巨人』〜第3楽章
  • 16. (Special Truck)稲川怪談「高架橋」:シェーンベルク:浄められた夜 Op.4〜第1楽章(弦楽六重奏版)
  • 17. (Special Truck)稲川淳二 ミニ楽曲解説

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品