コルンゴルト (1897-1957)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲、ドヴァリョーナス:ヴァイオリン協奏曲 グルズマン、ヤルヴィ&ハーグ・レジデンティ管

コルンゴルト (1897-1957)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BIS1822
組み枚数
:
1
レーベル
:
Bis
:
Sweden
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

20世紀半ばに作られた
ロマンティックなヴァイオリン協奏曲2篇


イスラエルの実力派ヴァディム・グルズマンが、第2次世界大戦後の作ながら甘美な旋律と鮮烈な抒情に満ちたヴァイオリン協奏曲2篇に挑戦。ハイフェッツのために書かれたコルンゴルト作品は、ハリウッド映画音楽調の華麗なオーケストレーションと豊富なメロディで最近多くの名手がとりあげる人気作。ソ連邦リトアニア共和国国歌の作曲者で、戦後のリトアニア音楽界を牽引したバリス・ドヴァリョーナス[1904−1972]作品はリトアニア民謡調のメロディに満ち、熱っぽく感動へ盛り上げる典型的な社会主義リアリズム音楽で、スターリン賞受賞。不思議な感動を呼び起こす音楽で、涙なしには聴けません。父ヤルヴィの信頼感満点の伴奏も特筆です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.35
・ドヴァリョーナス:ヴァイオリン協奏曲ロ短調 (1948)
・ドヴァリョーナス:悲歌的小品
・ドヴァリョーナス:『湖のほとりで』
 ヴァディム・グルズマン(ヴァイオリン)
 ハーグ・レジデンティ管弦楽団
 ネーメ・ヤルヴィ(指揮)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

コルンゴルト (1897-1957)

Erich Wolfgang Korngold's career bridged astonishing gaps in history and music -- from the final years of Imperial Austria, when he was hailed as a new Mozart, to Hollywood in the heyday of the studio system, to the darkened era of postwar Europe. In Vienna of the 1920s, his name evoked the best that engagingly melodic, tonal music had to offer in the concert hall or the opera house; in Hollywood

プロフィール詳細へ

コルンゴルト (1897-1957)に関連する商品・チケット情報

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品