グレインジャー (1882-1961)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

吹奏楽のための編曲作品集 ランデル&ロイヤル・ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージック

グレインジャー (1882-1961)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CHAN10455
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

グレインジャーによる吹奏楽のための編曲作品集

グレインジャーの魔法のような編曲術が作品の新たな魅力を引き出した!
1年に1度のペースで1つの“テーマ”に沿った独創的なアルバムを打ち出すなど、日本でも高い人気を誇るイギリス・トップ・クラスの吹奏楽団、ロイヤル・ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージック・ウィンド・オーケストラ(以下RNCM)の2008年最新作は、同楽団にとって3度目となるパーシー・グレインジャーの作品集!
 第3巻となる今回のグレインジャー作品集は、吹奏楽のためのオリジナル作品を収録した第1巻(CHAN9549)第2巻(CHAN9630)とは趣きを変え、グレインジャー自身が他の作曲家の作品にアレンジを施した編曲作品を“テーマ”としています。
 リストとパーカー以外の収録曲は、グレインジャーのアレンジによる23曲の編曲作品を集めた『ウィンド・バンドのための宝石(Gems for Winds)』と題された編曲集に収められている作品。13世紀の作曲者不詳の作品に始まり、マショー、ジョスカン、バッハ、フランク、フォーレ、グーセンスなど中世から近現代までの音楽史を、グレインジャーの魔法のような編曲術でたどることが出来ます。
 また、グレインジャーによる編曲版としてはほとんど録音が存在していなかった作品を数多く収録されており、吹奏楽の新たなコンサート・レパートリーの発掘にも一役買うことになるでしょう。
 グレインジャーの素晴らしいアレンジによって生まれ変わった珠玉の作品が新たな魅力を放つ! 吹奏楽ファン、アレンジ作品ファン、そしてグレインジャー・ファン必聴!(東京エムプラス)

・作曲者不詳(13世紀):乙女は天使に
・マショー:バラード第17番
・ジョスカン・デ・プレ:ラ・ベルナルディーナ
・カベソン:ドリア旋法による前奏曲
・フェッラボスコ:4つの音符のパヴァーヌ
・ジェンキンス:5声のファンタジー第15番
・バッハ:行進曲 BWV Anh.122
・バッハ:カンタータ第85番『われはよき牧人なり』 BWV.85より
・バッハ:コラール『おお人よ、汝の罪の大いなるを嘆け』 BWV.622
・リスト:ハンガリー幻想曲 S.123
・フランク:コラール第2番
・フォーレ:トスカナのセレナード Op.3-2
・グーセンス:民謡
・パーカー:ダウン・ラングフォード・ウェイ

 イヴァン・ホヴォラン(ピアノ)
 ロイヤル・ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージック・ウィンド・オーケストラ
 クラーク・ランデル(指揮)
 録音:2007年4月
 Recorded in Studio 7, New Broadcasting House, Manchester
Producer: Brian Pidgeon
Sound Engineer: Don Hartridge, Tom Parnell (Assistant)
DDD, 24 Bit / 96K

収録曲   

  • 01. Anonymous (thirteenth century): Angelus ad Virginem (1942) 1:55
  • 02. Machaut: Ballade No. 17 (1937) 2:11
  • 03. Josquin des Prez: La Bernardina (1943) 1:16
  • 04. Cabezón: Prelude in the Dorian Mode (1941) 4:17
  • 05. Ferrabosco II: The Four Note Pavan (1940) 3:06
  • 06. Jenkins: Five-Part Fantasy No. 15 (1937-41) 3:16
  • 07. Bach: March, BWV Anh. 122 1:31
  • 08. Bach: See what His love can do (1937) 3:02
  • 09. Bach: O Mensch, bewein' dein' Sünde groß, BWV 622 3:38
  • 10. Liszt: Hungarian Fantasy, S 123, R 458 (1959) 16:38
  • 11. Franck: Chorale No. 2 (1942) 11:47
  • 12. Fauré: 'Sérénade toscane', Op. 3 No. 2 2:49
  • 13. Goossens: Folk-Tune (1942) 2:33
  • 14. Parker: Down Longford Way (1935) 2:08

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

グレインジャー (1882-1961)

Percy Grainger (1882-1961) was a tireless teacher and composer remembered for his arrangements of music for countless combinations of instruments, most notably for band. His aim was to make music a democratic art, accessible to all. At first, he earned a living as a concert and recording pianist, then gradually moved more into education. Grainger was one of the first ethnomusicologists to collect

プロフィール詳細へ

おすすめの商品