グルダ、フリードリヒ(1930-2000)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Concerto For Myself: Gulda / Munich.po

グルダ、フリードリヒ(1930-2000)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4278002
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Gulda, Friedrich - Concerto For Myself
  • 02. 1. Allegro
  • 03. 2. Aria Con Variazioni. Adagio
  • 04. 3. Free Cadenza
  • 05. 4. Rondo Finale
  • 06. Gulda, Friedrich - Sonate Fuer Klavier D-dur Kv 28
  • 07. 3. Thema Und Variationen. Andante
  • 08. Gulda, Friedrich - Le Rossignol En Amour

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
今日、実演で初めてこのグルダ作曲の「Conc...

投稿日:2018/03/11 (日)

今日、実演で初めてこのグルダ作曲の「Concerto for myself」を聴きました。私もこのCDを手にしてから、ジャズが特に好きな訳ではないのですが、この曲は気持ちが非常に高揚する大変好きな曲となりました。その音楽性の素晴らしさに驚愕しているバッティストーニの指揮ということもあり、大変期待して聴きに行ったのですが、今日だけは実演を聴いて、逆にこのCDに聴くグルダの素晴らしさを思い知らされました!会場でも販売していたみたいですが、このCDの演奏は一聴の価値ありと考えます。グルダはやはり天才です!!

RCS さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
私はこの曲が大好きだ。初めて聴いたのは90...

投稿日:2012/12/16 (日)

私はこの曲が大好きだ。初めて聴いたのは90年頃。NHKーFMでグルダがベルリンフィルと共演したものが放送されたのを幸いエアチェック(死語!)してあり、そのテープを何度も聴いた。このベルリンでの演奏はオーディエンスがノリノリで、第一楽章のカデンツァ(もちろんグルダのジャズピアノ)の後、オーケストラがメインテーマを高らかに奏でると盛大な拍手が沸き起こり、エンディングは更に大きな歓声と拍手でジャズコンサート並の盛り上がりだ。こちらのCDの演奏はミュンヘンの録音。ベルリンに比べるとやや大人しいが、曲の良さは充分に伝わる。ああ、ベルリンライヴがCD化されるのを待っているのは自分だけか。

かんたあびれ さん | 神奈川県 | 不明

2

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品