CD 輸入盤

Peer Gynt Suites.1, 2: Karajan / Bpo

グリーグ(1843-1907)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4194742
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

グリーグ:
・『ペール・ギュント』組曲第1番 op.46
・『ペール・ギュント』組曲第2番 op.55
・『十字軍の兵士シグール』 op.56
 録音:1971年9月[ステレオ]

・ホルベルク組曲 op.40
 録音:1981年2月[デジタル]

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

収録曲   

  • 01. Changes
  • 02. Rich & Famous
  • 03. As Time Goes Byu
  • 04. (We Won't) Stop the War
  • 05. Father and Son
  • 06. One with the World
  • 07. Start Running
  • 08. Countdown
  • 09. Dream Healer
  • 10. The Spirit

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
今までデジタル録音の最新版を聴いてきまし...

投稿日:2009/12/05 (土)

今までデジタル録音の最新版を聴いてきました。 過去にこんな素晴らしい録音があったのか…。 美しい…これで十分すぎる。 なんで、再録音したんだろう…とさえ思ってしまうほど。 でも、新しい録音の方も嫌いではありません。

masato さん | 新潟県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
hiroshimaの方とおなじく私も初めて「十字...

投稿日:2009/11/06 (金)

hiroshimaの方とおなじく私も初めて「十字軍兵士シグナール」をこのカラヤンの演奏でLP盤で聴いた一人です。前奏曲は活発なマーチ風からスタート、王のホールでの儀式めいた踊りのように移って行きます。間奏は低音弦で不安な感じからやがて展開部は早くテンポはなり打楽器に導かれたり最後は弦に戻って静かに終わります。第3楽章というか「崇めマーチング」華やかな管楽器から堂々としたマーチ・・・中ほどはややダレ気味でもクライマックスも堂々としたものでボャーと聴く分にはいいですね。本命のペール・ギュントは本盤が1971年収録なのですが丁度10年前の1961年VPOとのふくよかなVPOサウンドとは異なった(収録曲も少し多い)BPOの透き通ったボッテリしないゆったりとした演奏が印象的でありカラヤン美学がBPOに徹底した証しでもあるのでしょう。タイム的にはあまり差はありませんが「イングリッドの嘆き」とか「ソルヴェイグの歌」といった緩楽章ではBPO盤は長めになってゆったりととにかく美しく仕上げようという意図がムード的にあります。それでも素晴らしい演奏です。なお、カラヤンは同じDGにBPOを振って1982年にもペール・ギュント組曲を録っていますが私はそれは聴いておりません。

0
★
★
★
★
★
Sigurd Jorsalfar - Three Pieces for Orch...

投稿日:2007/05/02 (水)

Sigurd Jorsalfar - Three Pieces for Orchestra, op. 56: 3. Homage March ...... 初めて 、聴く曲。ですけど、とても。気に入りました。。ご存知ない方は 、是非。!。。

kanahayley さん | hiroshima | 不明

0

グリーグ(1843-1907)に関連する商品情報

  • 【LP】ギレリスによるグリーグ「Lyric Pieces」 ソ連時代の名ピアニスト=エミール・ギレリスによるグリーグの抒情小曲集「Lyric Pieces」!曲名通りリリカルで繊細なタッチが堪能できる名作(1974年)です! HMV&BOOKS online|2018年4月22日(日)
  • グリーグ管弦楽作品全集(8CD) グリーグの管弦楽作品を全曲収録したこのBOX。グリーグが生涯に渡って追求したノルウェーの民族音楽の影響をはじめ、彼が愛した自然の情景、豊かな情感が、卓越した管弦楽法を用いて描かれています。 HMV&BOOKS online|2017年1月14日(土)
  • ピリオド・ピアノで弾くグリーグ:ピアノ協奏曲、ピアノ曲集 鬼才リュビモフの弟子であり、ロシアン・ピアノ・スクールの次代を担うヴィルトゥオーゾ、アレクセイ・ズーエフと、「ブリュッヘン後」を歩み始めた18世紀オーケストラの共演。 HMV&BOOKS online|2016年12月15日(木)
  • アリス=紗良・オットとサロネンによるグリーグのピアノ協奏曲 アリス=紗良・オットがサロネン指揮バイエルン放送交響楽団と共演したグリーグのピアノ協奏曲。組み合わせは抒情小曲集からの曲と『ソルヴェイグの歌』に『山の魔王の宮殿にて』のピアノ版。 HMV&BOOKS online|2016年7月14日(木)
  • レッパード指揮イギリス室内管の『ペール・ギュント』が゙SACD化 SACDハイブリッド。イギリス室内管弦楽団の爽やかな演奏を優秀なアナログ録音で捉えたレッパードの注目作を本来の優秀なサウンドで。 HMV&BOOKS online|2016年3月29日(火)
  • グリーグ管弦楽曲全集第5弾 SACDハイブリッド盤。作曲家の生まれ故郷と同じベルゲン育ちのオードランが進めるグリーグの管弦楽曲全集シリーズ第5弾。 HMV&BOOKS online|2015年11月7日(土)

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト