カプースチン、ニコライ(1937-)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

カプースチン:サクソフォン協奏曲、エシュパイ:サクソフォン協奏曲 ヴォルコフ、ゴレンシテイン&オーケストラ『ニューロシア』

カプースチン、ニコライ(1937-)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EZCD10003
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

今や大人気!
売れっ子作曲家カプースチンのサクソフォン・コンチェルト作品
世界初登場! オーケストラ作品としても世界初!
画期的レコーディングがENZOから!

アムランなどの手によりその作品が相次いで録音され、楽譜出版も相次いで行われるなど、ここ10年ほどもっとも注目を集める作曲家となったカプースチン。そのジャズ・イディオムにのっとった即興性を遺憾なく発揮したサクソフォン・コンチェルトの新録音が登場。曲は「21世紀版ラプソディー・イン・ブルー」とでも形容したくなるような、驚くべき名作となっております。またエシュパイは過去に別の音源がリリースされていたようですが、現在は入手難。(キングインターナショナル)

・カプースチン:アルトサクソフォンと管弦楽のための協奏曲Op.49(世界初録音)
・エシュパイ:ソプラノサクソフォンと管弦楽のための協奏曲
 アレクセイ・ヴォルコフ(アルトサクソフォン、ソプラノサクソフォン)
 オーケストラ『ニューロシア』
 マルク・ゴレンシテイン(指揮)

 録音:2008年5月 モスクワ、モスフィルム・スタジオ(デジタル)

内容詳細

旧ソ連時代の80年代半ばに書かれた、ジャズ・テイストを持つサクソフォーン協奏曲2題。カプースチン作品はジャズとロックが全面に出され、冒頭以外はほとんど映画音楽のよう。対してエシュパイ作品はクラシカルな要素が強く、ショスタコーヴィチ的な部分も聴かれる。(ま)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

  • フルトヴェングラー&トリノRAI響/ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 TAHRAの名盤「イタリアのフルトヴェングラー」のライセンス復刻。イタリアの名ヴァイオリニスト、デ・ヴィートとフルトヴェングラーの共演。メンデルスゾーン、ブラームスともに軽やかで明るい響きを持ちながら緊張感もある演奏です。 ローチケHMV|3日前
  • ジェイムズ・エーネス/ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 カナダのヴァイオリニスト、ジェイムズ・エーネスの新録音はベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。伴奏はアンドルー・マンゼとロイヤル・リヴァプール・フィルという豪華な布陣です。 ローチケHMV|3日前
  • ヤン・バルトシュ/モーツァルト:ピアノ協奏曲第20、12番 ブレンデルも激賞するヤン・バルトシュによるモーツァルト:ピアノ協奏曲アルバム。ピアノ協奏曲第20番はイエジ・ビエロフラーヴェク率いるチェコ・フィルハーモニー管弦楽団との共演で、第12番は弦楽四重奏による伴奏版での録音。 ローチケHMV|5日前
  • ボベスコ/ブラームス:ヴァイオリン協奏曲、他 ベルギーTALENTレーベルからのライセンスによるSILKROAD MUSICのボベスコ・シリーズ。今もなお色褪せぬボベスコの瑞々しいヴァイオリンの響きに想いを馳せるファン必聴盤です。 ローチケHMV|2017年7月14日(金)
  • シェリング/ヴィヴァルディ:四季、モーツァルト:トルコ風 1969年ステレオ・ライヴ。SWR所蔵のオリジナル・テープよりデジタル・リマスターが施されています。両曲とも自ら指揮も務めた演奏で、オケはプフォルツハイム南西ドイツ室内管弦楽団です。 ローチケHMV|2017年7月13日(木)
  • タティアナ・ルーラント/ライネッケ:フルート作品集 ニューヨーク、カーネギー・ホールでセンセーショナルなデビューを飾り、評論家によって「フルートのパガニーニ」を称された女性フルーティスト、タティアナ・ルーラント。このアルバムではドイツ・ロマン派の巨匠ライネッケのフルート作品を演奏しています。 ローチケHMV|2017年7月12日(水)

おすすめの商品