CD

Back Streets of Tokyo

オフコース

基本情報

カタログNo
:
FHCF8007
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

何事も徹底して凝ったアルバム作りをしてきたオフコースが85年にリリースした、自作の曲をすべて英語で歌ったアルバム。発音も専門家の手ほどきを受けてすべてに完璧を期す。タイトルも英語。コンサートは常に超満員。ハーモニーとサウンドの美しさはやはり一級品。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
発売当時、ラジオで流れたのを聴いて、なん...

投稿日:2010/08/28 (土)

発売当時、ラジオで流れたのを聴いて、なんとも言えない絶望感を感じたのを今でも覚えている。「なんで英語なんだ?アレンジもほとんどそのままじゃん!もっと『秋の気配』とか、『僕の贈りもの』とか初期のナンバーを入れるとか、アップ・テンポの曲をバラードにするとか、やり方はいくらでもあるだろう!ひょっとしてオリジナルを作るのに煮詰まってこんな企画アルバムに逃げたんじゃないのか?どうしてこんなアルバムを出したんだ?!わからないよ...!」この想いは二十年以上たった今でもまったく変わらない。そして、わずか2,3年後に解散の報せを聞いたとき、「やっぱり...」と思った。私にとってオフコースの最低作品だ。好きな人には申し訳ないんだけど...。

yass さん | 大分県 | 不明

1
★
★
★
★
★
姉がカセットで持ってて、当時木曜ドラマス...

投稿日:2008/03/01 (土)

姉がカセットで持ってて、当時木曜ドラマストリートのテーマ曲でしたね。 英語だから歌詞の意味はわからなかったけど、インパクトある曲でした。 サウンド的にとかいろいろな面で見るとオフコースらしくない感じだけれど、これはこれでいいんじゃないかなと。 僕は好きですよ。 ただ、なんでかんで世界進出とかしたがるんだろうか。 日本人の英語なんぞ、世界に認められないと思う。 その国でさえ、デビューしても埋もれていっしまうんだから。 国内だけで留まるべきだよ。 しかし、紙ジャケ発売はいつやろか。

ひろのすけ さん | 日本 | 不明

0
★
★
★
★
☆
全米進出を目指して製作されたものの、契約...

投稿日:2007/08/19 (日)

全米進出を目指して製作されたものの、契約にこぎつけずにお蔵入り、日本のみでのリリースとなったいわくつきの作品。5人時代の「哀しいくらい」のカバー「Melody」なんて聴いてしまうと、サウンド面での康さん不在の大きさが、それこそ“哀しいくらい”に際立ってしまう。8曲中6曲が小田作品だが、かえって小田作品のみで勝負したほうが良かったんじゃないだろうか?全米進出失敗したこの頃から、小田とほか3人の間に微妙な距離が生まれ始め、結果的に解散への布石となってしまった作品。

ぼぶ さん | 東京 | 不明

1

オフコースに関連する商品情報

おすすめの商品