DVD

『美しきエレーヌ』全曲 ペリー演出、ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊、ロット、セネシャル、他(2000 ステレオ)

オッフェンバック(1819-1880)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COBO5970
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
ビスタサイズ/スクイーズ

商品説明

Opera Cresta〜オペラ・クレスタ〜
オッフェンバック:『美しきエレーヌ』 パリ・シャトレ座2000年
ミンコフスキ指揮、ロット、ブロン


2000年パリでセンセーショナルな成功を収め、オッフェンバック・ルネサンスの火蓋を切ったミンコフスキ指揮、ロラン・ペリー演出、パリ・シャトレ座の『美しきエレーヌ』。チャーミングなフェリシティ・ロットのエレーヌ、ブロン、セネシャル、ル・ルー、ナウリなどの実力派歌手を配し、ミンコフスキの生気に溢れる音楽、ロラン・ペリーのエスプリに満ちたステージが爆笑とペーソスを誘います。

【収録情報】
・オッフェンバック:喜歌劇『美しきエレーヌ』全曲

 エレーヌ:フェリシティ・ロット
 パリス:ヤン・ブロン
 メネラオス:ミシェル・セネシャル
 アガメムノン:ロラン・ナウリ
 カルカス:フランソワ・ル・ルー
 オレステス:マリー・アンジェ・トロドヴィチ
 アキレス:エリック・ウシェ
 アイアスI:アラン・ガブリエル
 アイアスII:ロラン・アルヴァロ
 バッキス:イェルディス・テボー
 レーナ:ステファニー・ドゥストラック
 パルテニス:マガリ・レジェー
 フィロコム:ジョゼ・カナレス
 ルーヴル宮音楽隊&合唱団
 マルク・ミンコフスキ(指揮)
 ロラン・ペリー演出

 収録時期:2000年10月16-22日
 収録場所:パリ、シャトレ座(ライヴ)

・特典映像(出演者インタビュー、音声:ドルビーデジタル2.0)

 収録時間:全プログラム:152分(本編127分、特典映像25分)
 画面:カラー、16:9
 本編音声:リニアPCM48kHz/16bitステレオ、ドルビーデジタル5.1、DTS 5.1
 字幕:日本語・フランス語
 NTSC

クレスト1000シリーズの姉妹シリーズ、「Opera Cresta オペラ・クレスタ」が誕生!
初心者からマニアまで、すべてのオペラ・ファンのためのオペラ映像シリーズ決定版。(日本コロムビア)

内容詳細

美貌のプリマドンナ、フェリシティ・ロットが魅力的なエレーヌを演じる、オッフェンバックの喜歌劇「美しきエレーヌ」。パリ・シャトレ座のプロダクションで、センセーションを巻き起こしたミンコフスキがルーヴル宮を率いて指揮を執っている。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 なんと楽しい喜歌劇なのだろう。この作品...

投稿日:2013/01/28 (月)

 なんと楽しい喜歌劇なのだろう。この作品を公演で見たことはないものの、オッフェンバックの作品と知り購入したが、存分に楽しめた。ロラン・ペリーの演出、バレエの振り付けが今日的で、楽しく爆笑の連続であった。何よりも客席、出演歌手が一体となってこの舞台を作り上げその雰囲気に見ている私も引き込まれた。クライバー指揮のばらの騎士に出演しているフェリシティ・ロットが元帥夫人とは全く異なった役柄で、驚くほどチャーミングである。ほかにも名脇役を得て、また多くのリハーサルを繰り返したであろう仕上がりは見事である。ミンコフスキのルーブル宮音楽隊の音楽もメリハリのきいた音作りで、はじけるような楽しさである。この作品を知らない人でも大いに楽しめる1枚です。

トスカの微笑 さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
古典の基礎によって裏付けされたなんと豪華...

投稿日:2011/06/03 (金)

古典の基礎によって裏付けされたなんと豪華なエンターテイメントだろう。 神話の世界を俗っぽく置き換えているのが実に面白い。 歌手たちがみんな芸達者だ。演出、振り付けが楽しい。 これだけの振りを覚えるのは歌手たちも苦労したことだろう。 録音ではよく聴いて知っていたミシエル・セネシャル、フェリシティ・ロット、フランソワ・ル・ルーを映像で初めて観た。 歌唱も演技も素晴らしい。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

オッフェンバック(1819-1880)

Jacques Offenbach is best known for his opera Les contes d'Hoffman (Tales of Hoffmann) and for a work he did not compose, Gaite parisienne, which used his themes as assembled and arranged by Manuel Rosenthal. Offenbach was one of those populist figures whose tuneful and exhilarating music could, at its best, elevate his art to classic status. His chief importance was in the development of the oper

プロフィール詳細へ

オッフェンバック(1819-1880)に関連する商品・チケット情報

オペラ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品