CD 輸入盤

序曲集 カラヤン&ベルリン・フィル

ウェーバー(1786-1826)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4190702
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ヴェーバー:序曲集
カラヤン&ベルリン・フィル


【収録情報】
ヴェーバー:
1. 舞踏への招待 op.65(管弦楽編曲:ベルリオーズ)
2. 歌劇『オイリアンテ』序曲
3. 歌劇『オベロン』序曲
4. 歌劇『アブ・ハッサン』序曲
5. 歌劇『魔弾の射手』序曲
6. 序曲『精霊の王』 op.27
7. 歌劇『ペーター・シュモル』序曲

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1971年9月(1)、1972年2月(2,4,6,7)、1971年2月(3,5)
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

収録曲   

  • 01. Weber: Invitation to the Dance, 'Aufforderung zum Tanze' [08:48]
  • 02. Euryanthe - Overture [09:07]
  • 03. Oberon - Overture [08:41]
  • 04. Abu Hassan - Overture [03:30]
  • 05. Der Freischutz - Overture [10:43]
  • 06. Overture 'Der Beherrscher der Geister' [05:13]
  • 07. Peter Schmoll und Seine Nachburn - Overture [10:34]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
LPでカラヤンがBPOと組んで魔弾の射手を録...

投稿日:2017/03/07 (火)

LPでカラヤンがBPOと組んで魔弾の射手を録音したのはEMI盤が最初だが、それを聴いた時、びっくり仰天した。それまでに聴いた他の演奏に比べ、あまりにもスケール感が大きかったから。まるで別の曲だ、と思った。このDGG盤も同じ解釈。オベロンも緩急の対比が見事だし、活気・迫力が申し分ない。他の曲も本当に楽しい。オペラ指揮者としてたたきあげたカラヤンの経験と、生来の類まれな才能をつくづくと感じる至芸がここにある。新装なったリバイバルを心から歓迎。

なごやん さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
久しぶりに聴きました。そして、びっくりし...

投稿日:2007/09/10 (月)

久しぶりに聴きました。そして、びっくりしました。現在の私の耳に、かつてのレコード時代の「立派」で「堂々」とした印象とはまったく違って聴こえました。あおりたて、大げさにテヌートをかけて豪気を装う。そうなるとアンサンブルはただ荒れて粗雑にばかり感じられます。カラヤンが音楽市場を支配していた生前には、ドイツ音楽の序曲集といえば、ほとんどの評論家諸氏がカラヤン盤を挙げていました。今ではそれは「時代がかった」「芝居じみた」表現にしか聴こえません。聴き手の側の私も、時間の中で変わった…ということなのでしょうか?

ジンジャーエール さん | 川崎市 | 不明

2
★
★
★
★
★
僕が持っているCDは廃盤のようなので「魔...

投稿日:2005/10/08 (土)

僕が持っているCDは廃盤のようなので「魔弾の射手」と「オベロン」しか聞いてませんが、書かせてもらいます。 「魔弾の射手」は後のEMI盤の超劇的な(ある意味トンデモ演奏)と比べると極めて常識的な演奏。「オベロン」もテンシュテットのライブ盤などと比べてもこれもとても常識的な演奏。つまり、上手できちんとした演奏なのです。他にもすばらしい演奏がたくさんあるけど、この演奏も最高の演奏の一つ、ということです。

フランツ さん | 宮崎県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウェーバー(1786-1826)

Carl Maria von Weber (1786-1826) was a German composer, conductor, and writer of the Romantic era who became an indispensible figure in the development of German opera. Best known for composing Der Freischutz, Euryanthe, and Oberon, Weber also wrote important concert works, such as two concertos for clarinet and two symphonies, as well as incidental music, chamber pieces, and songs. Weber's style

プロフィール詳細へ

ウェーバー(1786-1826)に関連する商品情報

  • ウェーバーのクラリネット協奏曲集を名手ポール・メイエが24年ぶりに再録音 ポール・メイエはウェーバーの協奏曲を1991年に録音し、高い評価を受けていましたが、今回の新録音では、近年の指揮者としての経験を活かしてメイエ自身が指揮を兼ね、共演多数のローザンヌ室内管弦楽団を自由に操る一方、技巧的に困難な箇所も魅力的に吹ききり、変幻自在な音楽を生み出しています。 HMV&BOOKS online|2016年3月13日(日)
  • 傑作オペラ映画『魔弾の射手』 日本語字幕付き。ハーディング指揮、ノイベルト監督。映画ならではの濃密で大胆な表現を駆使、甘美さから戦慄表現まで入念に描きあげた力作。 HMV&BOOKS online|2013年6月6日(木)
  • デイヴィス/『魔弾の射手』 2012年4月、バービカン・ホールで行われた演奏会形式上演のライヴ録音。デイヴィス22年ぶりの再録音となります。 HMV&BOOKS online|2013年3月15日(金)
  • イザベル・ファウストのヴェーバー作品集 カスタネットのような第2番第1楽章や、バラライカの音色を思わせる第3番第1楽章など多国籍情緒も聴きもの。 HMV&BOOKS online|2012年12月12日(水)
  • ケンペの『魔弾の射手』 中部ドイツ放送に所蔵されていたオリジナルのテープを使用、60年以上前の録音を生々しく蘇生。 HMV&BOOKS online|2012年6月3日(日)
  • マイケル・コリンズのヴェーバー:クラリネット協奏曲 イギリス管楽器界の重鎮でありトップ・クラリネット・プレーヤー、マイケル・コリンズの吹き振りアルバム。 HMV&BOOKS online|2011年11月22日(火)

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品