その猫がきた日から 講談社文学の扉

アラン・アルバーグ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062121279
ISBN 10 : 4062121271
フォーマット
出版社
発行年月
2003年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,125p

内容詳細

危険、そいつに触るな。ある日、ぼくの家にしのび込んできた子猫。あのかわいい子猫がどんどん大きくなって、こんな恐ろしい獣へと変わるなんて…。君の家にも起こるかもしれない、恐怖の3週間の物語。

【著者紹介】
アラン・アルバーグ : 1938年にロンドン南部のクロイドンに生まれ、ブラック・カントリー(イングランド中部のバーミンガムを中心とする大工業地帯)で育つ。サンダーランド教育大学を卒業して、小学校の教師となる。第一作“Brick Street Boys”を出版したのち、妻のジャネットと共に『ゆかいなゆうびんやさん』シリーズ(文化出版局)など数多くのすぐれた絵本を作ってきた。1978年、1991年にケイト・グリーナウェイ賞受賞

こだまともこ : 出版社勤務を経て、児童文学の創作および翻訳を始める。東京都在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アラン・アルバーグ

イギリスの作家。郵便配達、墓掘り、教師など様々な仕事についたあと、作家となり、妻の画家ジャネットが絵をつけた子どもの本を発表しはじめる。1978年『もものきなしのきプラムのき』(評論社)と1986年『ゆかいなゆうびんやさん』(文化出版局)にてケイト・グリーナウェイ賞を2度受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品