ひきちガーデンサービス

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

二十四節気で楽しむ庭仕事

ひきちガーデンサービス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784806714859
ISBN 10 : 4806714852
フォーマット
出版社
発行年月
2014年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
159p;21

内容詳細

季語を通して見ると、庭仕事の楽しみ百万倍。めぐる季節のなかで刻々変化する身近な自然を、オーガニック植木屋ならではの眼差しで描く。

目次 : 春(立春/ 雨水/ 啓蟄/ 春分/ 清明/ 穀雨)/ 夏(立夏/ 小満/ 芒種/ 夏至/ 小暑/ 大暑)/ 秋(立秋/ 処暑/ 白露/ 秋分/ 寒露/ 霜降)/ 冬(立冬/ 小雪/ 大雪/ 冬至/ 小寒/ 大寒)

【著者紹介】
曳地トシ : 1958年、神奈川県真鶴町生まれ

曳地義治 : 1956年、東京都立川市生まれ。木工業、ログビルダーなどを経て、植木職人となる。(公財)日本生態系協会・ビオトープ施工管理士2級、土木施工管理技士2級(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • Masanori Sazuka さん

    僕は二十四節気ごとにコラムを書いたりしているので、なんだか身近に感じる。しかも、俳句も用いたりするので、ますます身近である。循環型というか、動的な庭作りにも関心があるので、とどめを刺されたようなものだ。

    二十四節気、庭の変化を俳句と庭作りの仕事の実体験からくるコラムたち。

    庭は、というか動植物は、そうそう思うとおりにはならないが、手をかけると変化があるし、手をかけなければかけない変化がある。
    いつも同じ形に刈りこんで、花は季節が終わったら抜いて捨て、殺虫剤を撒きちらすぐらいなら、いっそコンクリートとかプラスチックとかで人工芝で模造品でも作って置いておけ、と思っている。むしろ、そういう人に読んで何かに気がついてほしい本。

    「季語を通して見ると、庭仕事の楽しみ百万倍」とある。大きく出たなあ。けれどたしかに、季語を知り、二十四節気を知り、現在の気候との違いなどを知って庭と戯るのは、百万倍かわからないが、まったくこんなに楽しいことはない。

実用・ホビー に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品