DVD

さまぁ〜ず/バカルディライブ DVD-BOX

さまぁ〜ず

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PCBE60017
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD

商品説明

◆3,000セット限定生産◆

お笑いコンビ・さまぁ〜ずの、今までに発売されたライブ全6作品をDVD化。ライブに定評のある彼らの「バカルディ」時代の3作品(『サラダで白飯くえねえよ!』『なまたまごかけご飯』『少年と犬と公園と私』)と、「さまぁ〜ず」になってからの3作品(『冬なのにさまぁ〜ずライブ』『さまぁ〜ずライブ2』『さまぁ〜ずライブ3』)をDVDボックスにして初回限定リリース。DVDボックスの特典は、マイナスターズ(ライブ内に出てくる大竹率いるバンド)の歌を収録したCD!

収録時間:600分

内容詳細

■『サラダで白飯くえねえよ!』:笑いが俺らの得意技、コントバディ・バカルディー。幻のライブ映像を初のパッケージ化。当節巷で流行るもの。ブルセラ、サッカー、バカルディー。メディア揺さぶる人気者。M10級の笑いの王者。熱い思いを笑いにかえて、バカルディーがやらねば、誰が笑う。でーっ! お待たせしました。 バカルディの単独ビデオ。97年に行われたニュークリアパワーのライブ・コントを収録。笑界の核弾頭と化した、コントバディ・バカルディーのお笑いを呵々大笑とご覧あれ。

■『なまたまごかけご飯』:「夏の暑い日に…」(イントロデュース)…三村の扮する青年、タケノウチが、定食屋で[いつもの]なまたまごかけ御飯を注文する。「A DAY HARBOR」…田舎の船着場。想いにふけるタケノウチの前に、騒々しい地元のタクシー運転手(大竹)が現れる。おせっかいに辟易しながらも、彼に定食屋の娘・リョウちゃんへの恋心を打ち明けるタケノウチ。告白を決意。「EVENING ISLAND」…リョウちゃんが無人島へ行くと聞き、先回りする2人。「NIGHT ISLAND」…見つからず、途方に暮れる。「NIGHT NIGHT ISLAND」…伝説の花の前で、彼女を待つ。理想を押し付ける男。「STAR」…男の愛の詩。「NOON ISLAND」…彼女発見、しかしその意外な格好に男は!「AFTERNOON OTAFUKUTEI」…恋の行方は如何に?「EXTRA」…タクシー運転手のその後。

■『少年と犬と公園と私』:「電器屋さんが来た日」…男(三村)は壊れたクーラーを直すべく電器屋(大竹)を呼ぶが、「型が古い」だの「風水が悪い」だのと難癖をつけられ作業は進まない。そこへ別れた恋人から電話が…。「鉄板焼の男たち」…食事に来たサラリーマン(三村)。評判の店ということで期待を高まらせるのだが、シェフ(大竹)の行動は料理と全く関係なくて…。「ぬのぶくろ」…部屋の前に置いてある大きな布袋を不審に思う青年(三村)。隣に住むサンタの格好をした中年男(大竹)のものだと思ったが否定されて…。「少年と犬と公園と私」…サンタ親父の別れた妻(大竹)が、息子(三村)に一目会いたくて公園に。「お母さん」と呼ばせたくて苦労するが、カラ回りするばかり。

■『冬なのにさまぁ〜ずライブ』:2000年の12月14、15日に新宿・朝日生命ホールで行われた、バカルディ改め「さまぁ〜ず」の爆笑ライブが待望のDVD化。このライブはTBS系「新ウンナンの気分は上々」内で与えられた新コンビ名「さまぁ〜ず」としての公演を収録。このいかにも間の抜けたネーミングは、そもそも、後輩の分際で何故かライバル視してくる海砂利水魚との番組内対決で、「負けた方が屈辱的な改名を強いられる」という罰ゲームによるもの。今までのライブとは一味違った、バカルディファン以外も必見のライブに仕上がっている。

■『さまぁ〜ずライブ2』:「オープニング」…朝のゴミ集積所。サラリーマンの三村は、アマチュア・ミュージシャンの大竹と相棒が落としてしまったピックを探すのを手伝うが…。「ペットほしいの?」…不思議なペットショップに来た男(三村)。店長(大竹)から、世界で22番目に小さいサルなど、妙なクセのある生物ばかり勧められて困惑する。「エロ意識過剰」…学芸会はクラスで「浦島太郎」をやろうと決めた小学校教師の三村。だがPTAを恐れる教頭の大竹が、学芸会の演目に対し表現規制を開始し…。「アメリカナイズ」…息子(三村)の好きな女のコが外人と知った母(大竹)は、息子の誕生日パーティーを企画し彼女を招待。和室を米国風に飾り付け、ハリきるが…。「最後のスタイリング」…ある芸人(三村)と、今日を最後に退職する彼のスタイリスト(大竹)。最後だからと、衣装にタキシードを用意されて…。「かわいたのかな?」…夜のゴミ集積所。再び捜し物をするアマチュア・ミュージシャンの大竹と相棒。そこへ今朝と同じようにサラリーマンの三村が通りかかり、またしてもずるずると関わってしまい、彼らのオリジナル・ソングを聴かされるハメに。

■『さまぁ〜ずライブ3』:2002年12月24〜27日、天王洲アートスフィアで行われた最新ライブ。「足つぼマッサージ」…街中でふと足つぼマッサージの看板が目にとまった、三村扮するサラリーマン。店に入ると、真っ赤なドレスを着た受付嬢・大竹がお出迎え。三村は料金等を詳しく聞こうとするが…。「塩崎流」…友人・三田君の結婚披露宴で使うVTRを撮りに、新郎の恩師・塩崎B造(大竹)の家を訪れた三沢(三村)。三田君は20年前、塩崎が開いていた不良更生教室に通っていたという。そこで行われていた、塩崎流という恐るべき修行法とは…!? シークレットゲストとして、つぶやきシローが特別出演。「バケーション」…ハワイ・モロカイ島のホテルの一室で、延々と将棋をする2人の男。4日間連続の雨で、全く外に出られないのだ。暇でしょうがないのに、雨のおかげでのんびりできると負け惜しみを言う2人だが…。「マイナスターズ」…大竹がボーカルを務めるバンド・マイナスターズが、三村の働く倉庫へライブの練習をしにやってきた。演奏すると思いきや、いきなりMCの練習を始める大竹。やがて三村は、マイナスターズの音楽世界に引きずり込まれていく…。『ライブ2』で登場した“ダキョウ倶楽部”が、“マイナスターズ”と名を変えて再登場!「靴屋さん」…クリスマスイブの夜。街角に並ぶクリスマスケーキの露店。サラリーマン(三村)は、家族5人で食べるには20cmか、25cmかケーキの大きさで悩む。そんな彼に「26cmじゃない?」と声をかけたのは、なぜか激安靴屋のオヤジ(大竹)だった。オヤジは靴を夫婦仲に例えたウンチクをサラリーマンに言って聞かせ、靴を買わせようとする…。「結婚式」…三田君の結婚式。塩崎B造(大竹)からのビデオメッセージの後、友人代表の三沢(三村)がお祝いのスピーチを述べる。そして三沢が用意した、新郎新婦への特別豪華プレゼントとは…!? ほか、幕間に紙芝居や人形劇など、様々なスタイルのスライドショーがあります。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連する商品情報

国内TV に関連する商品情報

おすすめの商品