CD 輸入盤

レーガー、シューマン、ウェーバー、ナウマン作品集 ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PH07003
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

首席奏者ダムら至宝のホルン・セクションによる
ロマン薫るコンツェルトシュテュック!
シューマンほかドレスデンゆかりのウェーバー、ナウマン
名技全開のレーガー
ブロムシュテット&ドレスデン、極めつけのライヴ集

シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者だったヘルベルト・ブロムシュテットは、1975年から85年までの在任中、ベートーヴェンやシューベルト、ブルックナーといった王道レパートリーで、今なお忘れがたい難い名演奏の数々を聴かせてくれたものです。そうした記憶を蘇らせるかのように、ここにまた魅力いっぱいのアルバムがドイツProfilのSKDエディションよりリリースされます。
 まず一曲目は、有名なモーツァルト「トルコ行進曲つき」ソナタの第1楽章冒頭主題を用い、管弦楽法に趣向を凝らしたレーガーの代表作。次々と交替する各パートの名技が際立つ一方で、それでいながら大きな流れの中でバランスを崩すことなくすべて溶け合うさまが絶妙です。
 つづいて、ドレスデン在住時代の1849年にシューマンが書き上げたコンツェルトシュテュック。首席ペーター・ダムらホルン・セクションの存在感は絶大で、いぶし銀の柔らかい音色と変幻自在のアンサンブルに心躍ります。
 ドレスデンに生没したナウマンは、宮廷作曲家、宮廷楽長としてウェーバー以前の当地の楽壇において重鎮であった音楽家。壮麗にして祝典ムードに包まれたテ・デウムは、演奏時間にして14分ほどの作品。成功したオペラや宗教曲の持ち味が詰まっています。。
 そして、ほとんど世界最古の伝統を誇るオケの指揮台に当時立っていたウェーバー。黒い森を思わせる、どこか暗く深みある響きは独特で「実際このオケなくしてはこの曲を描き尽くすことなどかなわないのではないか」とさえ思えてくるほど。
 気がつくとレーガーを除いたすべてがドレスデンにゆかりあるプログラムというのも大満足。ブロムシュテットはいつものように極上の響きを引き出すにとどまることなく、スタジオ録音だけでは決して窺い知れない躍動感あふれる音楽作りをみせるあたりに新鮮な驚きを覚えます。

@レーガー:モーツァルトの主題による変奏曲とフーガOp.132
Aシューマン:4本のホルンと管弦楽のためのコンツェルトシュテュックヘ長調Op.86
Bウェーバー:歌劇「オベロン」序曲
Cヨハン・ゴットリープ・ナウマン:テ・デウム
 ドレスデン国立歌劇場合唱団(C)
 シュターツカペレ・ドレスデン
 ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)

 録音時期:@1990年3月10日B1990年3月14日C1980年12月18日(ステレオ)
 録音場所:ドレスデン、ゼンパーオーパー(@BC)、1981年10月15日ドレスデン、クルトゥアパラスト(A)


関連ニュース記事

ブロムシュテット&ゲヴァントハウスBOX
ブロムシュテット&ゲヴァントハウス/ブル8
シュターツカペレ・ドレスデンの歴史

収録曲   

  • 01. Variations and Fugue on a theme of Mozart, Op. 132
  • 02. Variations and Fugue on a theme of Mozart, Op. 132
  • 03. Variations and Fugue on a theme of Mozart, Op. 132
  • 04. Variations and Fugue on a theme of Mozart, Op. 132
  • 05. Variations and Fugue on a theme of Mozart, Op. 132
  • 06. Variations and Fugue on a theme of Mozart, Op. 132
  • 07. Variations and Fugue on a theme of Mozart, Op. 132
  • 08. Variations and Fugue on a theme of Mozart, Op. 132
  • 09. Variations and Fugue on a theme of Mozart, Op. 132
  • 10. Variations and Fugue on a theme of Mozart, Op. 132
  • 11. Concertstuck for 4 Horns and Orchestra in F major, Op. 86
  • 12. Oberon, J 306: Overture

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
☆
個人的には、気に入っている1枚デス。あま...

投稿日:2007/11/12 (月)

個人的には、気に入っている1枚デス。あまり音源化されない演目を、名手による演奏で聴けるのが嬉しいところ。細かい部分で気になるところはあっても、全体を聴き通してみると、「とても楽しい1枚だな〜」と素敵な気分にさせてくれます。珍曲好きな方には、特にお薦めデス(笑)

のだめ さん | 横浜 | 不明

0
★
★
★
★
★
どれも素晴らしい演奏。光り輝やかんばかり...

投稿日:2007/06/01 (金)

どれも素晴らしい演奏。光り輝やかんばかりで凄い。さすがブロムシュッテト! シューマンはスタジオ録音したクルツの指揮の演奏みたいにノーミスではないが、ライブであの演奏は凄い。ブロムシュッテットが指揮と言うのも嬉しい所。

matto さん | aichi | 不明

0
★
★
★
★
★
ドレスデンサウンドの妙技が堪能できる素敵...

投稿日:2007/03/23 (金)

ドレスデンサウンドの妙技が堪能できる素敵な1枚。 普段、あまり聞くことの出来ない名曲の数々を、極上の音色と解釈で聴くことの出来る素晴らしい名盤である。

ドクターペイン さん | 仙台市太白区 | 不明

0

管弦楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品