モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

DVD 輸入盤

歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全曲 カラヤン&ウィーン・フィル

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SVD46383
組み枚数
:
1
レーベル
:
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD

商品説明

カラヤン/『ドン・ジョヴァンニ』全曲

1987年ザルツブルク音楽祭におけるライヴ収録。カラヤンが最終的に到達したモーツァルト演奏円熟のきわみを収めた映像ソフトで、この複雑な要素が渾然となった演奏至難とされる喜悲劇に対して万全のアプローチを試み、見事に成功した稀有な例と絶賛されたものです。ブラック基調のシックな舞台と地獄落ちの場面のユニークな演出のコントラストも見どころ。まさに“伊達男”を地でいくレイミーをはじめ、トモワ=シントウ、ヴァラディ、フルラネット、ヴィンベルイ、バトルと豪華なキャストもポイントです。

・モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全曲
 ドン・ジョヴァンニ:サミュエル・レイミー
 ドンナ・アンナ:アンナ・トモワ=シントウ
 ドン・オッターヴィオ:エスタ・ヴィンベルイ
 騎士長:パータ・プルチュラーゼ
 ドンナ・エルヴィーラ:ユリア・ヴァラディ
 レポレロ:フェルッチョ・フルラネット
 マゼット:アレクサンダー・マルタ
 ツェルリーナ:キャスリーン・バトル
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 演出:ミヒャエル・ハンペ
 映像監督:クラウス・ヴィラー
 収録:1987年 ザルツブルク音楽祭[ライヴ]
 収録時間:189分

こちらの商品には、ブックレットは付いておりません。
ライナーノートにあたる文字資料は、
「Program notes」「Biography」として 英・独・仏の三ヶ国語(選択式)でディスクに収録され、
メニュー画面からご覧いただけます。

こちらの商品は、両面再生方式ディスクとなります。

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
LDのようにひっくり返す二層式DVDは初...

投稿日:2008/12/07 (日)

LDのようにひっくり返す二層式DVDは初めてですが、非常に不便です・・・。 8千円台と高価な国内盤と較べても明らかに画質は落ちます。VHSに喩えれば、3倍モードの酷い画質。国内盤にはイタリア語の字幕がないので、敢えて安価な輸入盤も購入。内容は悪くないのですが、画質が安かろう悪かろうなのは残念。87年のムーティ盤の画質も酷かったが、フィルム撮りの54年のフルトヴェングラー盤に、中身も画質も完全に負けてます・・・。

燕の巣 さん | 静岡 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
中身は素晴らしいです。しかし、コピー技術...

投稿日:2008/09/06 (土)

中身は素晴らしいです。しかし、コピー技術がいい加減なのでしょうか、画像には不満です。もっと良い版の出現を期待しています。

越後のガンコチャン さん | 新潟 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
豪華な歌手陣をはじめ演奏には満足できるが...

投稿日:2008/07/13 (日)

豪華な歌手陣をはじめ演奏には満足できるが、とにかく音質が悪すぎる!収録時のマイクの設定に問題があるのか音量の大きい際に頻繁に聴こえてくるビリビリとつぶれた音にうんざりしてくる。まあ価格が価格だけにYoutubeでの視聴に比べたらというふうに考え方を切り替えられれば結構お買い得なのかも。エルヴィーラ役のヴァラディも悪くないが、CDでは同役を歌っていたバルツァがカラヤンと喧嘩してこの公演に参加していないのが惜しまれる。

noff さん | 東京 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品・チケット情報

オペラ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品