SACD

教会カンタータ全集 鈴木雅明&バッハ・コレギウム・ジャパン(55SACD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC8501
組み枚数
:
55
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明


BCJ/バッハ:教会カンタータ全集
日本単独企画として全点SACDハイブリッドで登場!
美麗豪華ボックスで超お買い得完全限定盤!
日本語解説&対訳豪華上製本付き!


SACDハイブリッド盤。完全限定生産。1995年に開始したバッハ・コレギウム・ジャパンによるバッハの教会カンタータが18年を経て2013年に完結しました。日本の団体としては初で、まさに世界に誇る偉業と申せましょう。この全タイトル55枚を日本独自の豪華ボックス・セットにして発売。

【注目の特典盤】
予約限定特典として、BCJが2005年9月にセッション録音されながら、未発表のままになっていたバッハの『詩篇51番』BWV1083(原曲:ペルゴレージの『スターバト・マーテル』)の通常CD付き。演奏も素晴らしく、非常に貴重なお宝です。

【前半27巻分もSACD化】
注目は、全点がSACDハイブリッド盤であること。同シリーズ既発分のうち、第1巻から27巻までは通常CDでしたが、今回、BIS社社長フォン・バール氏自らがリマスタリングを行ない、すべてSACDハイブリッド化を実現させました。それにより、より臨場感あふれるサウンドでお楽しみいただけます。

【最初から一貫して高水準な演奏】
ことに初期のメンバーだった米良美一は今聴いてもゾクゾクする美声。あらためてBCJの実力を実感できます。声楽陣も常連のゲルト・テュルク、ペーター・コーイをはじめ、鈴木美登里、野々下由香里といった懐かしいメンバーから、最近のハナ・ブラシコヴァやキャロリン・サンプソンら豪華な名が並びます。
 器楽陣も鈴木秀美、寺神戸亮、三宮正満ら常連のほか、コンチェルト・パラティーノ、ダン・ラウリンら世界的名手も出演するなど、考えうる最高のキャストで臨んでいます。

【豪華な日本語解説書】
日本語解説書も全面改訂したうえで5分冊による計1000ページを越える豪華上製本化。磯山雅、鈴木雅明、クラウス・ホーフマン各氏による詳細な解説も読み物として面白く、豊富な知識を与えてくれます。歌詞はこれまで日本語訳のみだった第1巻から33巻までもすべて対訳化したのも嬉しい限り。

【高級感あふれる装丁】
外箱の装丁も美麗で、高級感あふれるインテリアとしてもピッタリ。これ1セットあれば、バッハの教会カンタータ通になれる、超弩級の全集です。

【収録情報】
Disc1
ミュールハウゼン時代の3つのカンタータ
第4番『キリストは死の縄目につながれたり』BWV4
第150番『主よ、われ汝をあおぎ望む』BWV50
第196番『主はわれらを御心に留めたまえり』BWV196
栗栖由美子(S) 太刀川昭、米良美一(C-T) 片野耕喜(T) ペーター・コーイ(Bs) コンチェルト・パラティーノ 
録音:1995年6月29,30日/7月1,2日

Disc2
三位一体後第3、4、5日曜日のためのカンタータ集
第71番『神はわが王なり』BWV71
第131番『深き淵から主よ、われ汝を呼ばわる』BWV131
第106番『神の時は最上の時』BWV106
鈴木美登里 柳沢亜紀(S) 米良美一(C-T)ほか
録音:1995年11月8-10日

Disc3
ワイマール時代のカンタータ@
第12番『泣き、嘆き、憂い、怯え』BWV12
第54番『罪に手向かうべし』BWV54
第162番『ああ、いまわれ婚筵に行かんとして』BWV162
第182番『天の王よ、汝を迎えまつらん』BWV182
栗栖由美子(S) 米良美一(C-T) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs) 濱田芳通(BFl)
録音:1996年4月1-4日

Disc4
ワイマール時代のカンタータA
第199番『私の心は血の中を泳ぐ』BWV199
第165番『おお、聖なる霊と水の洗いよ』BWV165
第185番『永遠の愛の慈悲深い心よ』BWV185
第163番『どの人にも、それぞれのものを』BWV163
鈴木美登里, 柳沢亜紀(S) 太刀川昭(C-T) 櫻田亮(T) シュテファン・シュレッケンベルガー(Bs) 
録音:1996年6月26-30日

Disc5
ワイマール時代のカンタータB
第18番『あたかも雨や雪が天から下り』BWV18
第152番『出で立て、信仰の道に』BWV152
第155番『わが神よ、いつまで、ああいつまでか』BWV155
第161番『来たれ、汝甘き死の時よ』BWV161
第143番『主を讃美せよ、私の魂よ』BWV143
鈴木美登里(S) 米良美一(C-T) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs)  
録音:1997年2,6,7月

Disc6
ワイマール時代のカンタータC
第31番『天は笑い、地は歓呼す』BWV31
第21番『わが心に憂い多かりき』BWV21
第21番『わが心に憂い多かりき』BWV21(異版)
モニカ・フリンマー(S) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs) 
録音:1997年6月

Disc7
ワイマール時代のカンタータD
第63番『キリスト者よ、この日を刻み込め』BWV63
第61番『さあ来てください、異邦人の救い主よ』BWV61
第132番『道を備え、大路を備えなさい』BWV132
第172番『鳴り響け、汝らの歌声』BWV172
米良美一(C-T) イングリット・シュミットヒューゼン(S) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs) 
録音:1997年7月

Disc8
ライプツィヒ時代のカンタータ@
第22番『イエス十二弟子を呼び寄せて』BWV22
第23番『汝まことの神にしてダビデの子よ』BWV23
第75番『貧しい者たちは食べて』BWV75
鈴木美登里(S) 米良美一(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:1998年5月

Disc9
ライプツィヒ時代のカンタータA
第76番『天は神の栄光を語り』BWV76
第24番『純朴な心』BWV24
第167番『人々よ、神の愛を讃美しなさい』BWV167
鈴木美登里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) 浦野智行(B)
録音:1998年6月

Disc10
ライプツィヒ時代のカンタータB
第105番『主よ、裁かないでください』BWV105
第179番『心せよ、神を畏れることが』BWV176
第186番『つまずくな、おお魂よ』BWV186
ミア・パーション(S) ロビン・ブレイズ(C-T) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:1999年2月

Disc11
ライプツィヒ時代のカンタータC
第136番『神よ、私を究め』BWV136
第138番『なぜ憂うるのか、私の心よ』BWV138
第95番『キリストは私の命』BWV95
第46番『さあ目を留めよ、見るがいい』BWV46
鈴木美登里(S) カイ・ヴェッセル(C-T) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:1998年9月

Disc12
ライプツィヒ時代のカンタータD
第147番『心と口と行いと生活をもって』BWV147
第21番『わがうちに憂い満ちし時』BWV21(ライプツィヒ版)
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs) 
録音:1999年6月

Disc13
ライプツィヒ時代のカンタータE
第64番『見よ、どれほどの愛を』BWV64
第25番『私の身体の健康は失われ』BWV25
第69a番『主を讃えよ、私の魂よ』BWV69a
第77番『お前の主である神を愛しなさい』BWV77
第50番『今や私たちの神の救いと力と』BWV50(断片のみ)
野々下由香里、緋田芳江(S) ロビン・ブレイズ(C-T)、
キルステン・ソレク=アヴェラ(A) ゲルト・テュルク、櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs) コンチェルト・パラティーノ
録音:1999年6、10月

Disc14
ライプツィヒ時代のカンタータ1723年@
第148番『主に帰せよ、御名にふさわしい栄光を』BWV148
第48番『私はみじめな人間』BWV48
第89番『ああお前をどうすべきだろうか、エフライムよ』BWV89
第109番『信じます、尊い主よ、この不信仰者を助けてください』BWV109
鈴木美登里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) 浦野智行(Bs)
録音:2000年2月

Disc15
ライプツィヒ時代のカンタータ1723年A
第40番『神の子が現れたのは』BWV40 
第60番『おお、永遠、汝、雷の言葉よ』BWV60 
第70番『目覚めよ、祈れ、祈れ、目覚めよ』BWV70 
第90番『おぞましい最期がおまえ達をひきさらう』BWV90
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) 浦野智行(Bs) 
録音:2000年9月

Disc16
ライプツィヒ時代のカンタータ1723年B
第194番『こよなく待ち焦がれた喜びの祝いよ』BWV194 
第119番『主をほめよ、エルサレム』BWV119
野々下由香里,緋田芳江(S) キルステン・ソレク=アヴェラ(A) 櫻田亮(T) ヨッヘン・クプファー(Br) ペーター・コーイ (Bs)
録音:1999年10月、2000年11月

Disc17
ライプツィヒ時代1724年のカンタータ@
第153番『ご覧下さい、愛の神よ』BWV153 
第154番『わが最愛のイエスは失われぬ』BWV154 
第73番『主よ、御心のままに、私を定めて下さい』BWV73 
第144番『取れ、己が取り分を。そして去れ』BWV144 
第181番『軽佻浮薄の霊どもは』BWV188
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs) 
録音:2001年3月

Disc18
ライプツィヒ時代1724年のカンタータA
第66番『喜べ、心よ。退け、痛みよ』BWV66
第134番『おのがイエスの生きたもう、と知る心は』BWV134 
第67番『イエス・キリストを脳裡にとどめよ』BWV67
ロビン・ブレイズ(C-T) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs) 
録音:2001年5月

Disc19
ライプツィヒ時代1724年のカンタータB
第86番『誠に、誠に、あなたがたに告げる』BWV86 
第37番『信じて洗礼(バプテスマ)を受ける者』BWV37 
第104番『イスラエルの牧者よ、お聞き下さい』BWV104 
第166番『あなたはどこへ』BWV166
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) 櫻田亮(T) ステファン・マクラウド(Bs)
録音:2001年6,7月

Disc20
ライプツィヒ時代1724年のカンタータC
第184番『待ち望し喜びの光よ』BWV184 
第173番『高く挙げられし肉と血よ』BWV173 
第59番『私を愛する人は、私の言葉を守る』BWV59 
第44番『彼らはおまえたちを追放し』BWV44
野々下由香里(S) 波多野睦美(A) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs) 
録音:2001年9月

Disc21
ライプツィヒ時代1724年のカンタータD
第65番『彼らはシェバからやって来る』BWV65 
第81番『イエスは眠りたもう、私の望みはどこにあろうか』BWV81 
第83番『新しき契約の喜びの時よ』BWV83 
第190番『主に向かって、新しき歌を歌え』BWV190(復元稿)
ロビン・ブレイズ(C-T) ジェイムズ・ギルクリスト(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2002年2月

Disc22
ライプツィヒ時代1724年のカンタータE
第20番『おお、永遠、汝、雷の言葉よ』BWV20 
第7番『キリスト我らが主ヨルダン川に来たりたもう』BWV7 
第94番『私はこの世に何を求めよう』BWV94
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ヤン・コボウ(T) ペーター・コーイ(Bs) 
録音:2002年4月

Disc23
ライプツィヒ時代1724年のカンタータF
第10番『我が魂は主を崇め』BWV10 
第93番『愛するみ神にすべてを委ね』BWV93 
第178番『主なる神、我らの側に留まりたまわず』BWV178 
第107番『なぜうなだれるのか』BWV107
野々下由香里(S) マシュー・ホワイト(C-T) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs) 
録音:2002年5-6月

Disc24
ライプツィヒ時代1724年のカンタータG
第8番『愛する御神よ、いつ我は死なん』BWV8
第33番『ただあなたにのみ、主イエス・キリストよ』BWV33
第113番『主イエス・キリストよ、この上なく貴き宝よ』BWV113
第8番『愛する御神よ、いつ我は死なん』BWV8(異稿)
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs) 
録音:2002年9月

Disc25
ライプツィヒ時代1724年のカンタータH
第78番『イエスよ、あなたはわが魂を』BWV78 
第99番『神の業こそ、麗しい』BWV99 
第114番『ああ、愛するキリスト者、慰めを受けよ』BWV114
野々下由香里(S) ダニエル・テイラー(C-T) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs) 
録音:2003年2月14-17日

Disc26
ライプツィヒ時代1724年のカンタータI
第180番『装いせよ、おお、愛する魂を』BWV180 
第122番『新たに生まれた嬰児の』BWV122 
第96番『主キリスト、神ひとり子』BWV96
野々下由香里(S) ティモシー・ケンウォージー=ブラウン(C-T) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs) 
録音:2003年6月

Disc27
ライプツィヒ時代1724年のカンタータJ
第80番『われらが神こそ、堅き砦』BWV80 
第5番『私は、どこへ逃れることができよう?』BWV5 
第115番『備えをなせ、わが心よ』BWV115
スザンヌ・リディーン(S) パスカル・ベルタン(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2003年9月

Disc28
ライプツィヒ時代1724年のカンタータK
第62番『いざ来ませ、異邦人の救い主』BWV62 
第139番『幸いなるかな、神に身を委ねる者』BWV139 
第26番『ああいかに儚き、いかに虚しきものよ』BWV26 
第116番『汝、平和の君イエス・キリスト』BWV116
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2004年3月

Disc29
ライプツィヒ時代1724年のカンタータL
第135番『ああ主よ、この憐れな罪びとを』BWV135
第2番『ああ神よ、天よりご覧ください』BWV2 
第3番『ああ神よ、何と多くの心の痛みが』BWV3 
第38番『深き悩みの淵から、私はあなたを呼びます』BWV38
ドロテー・ミールズ(S) パスカル・ベルタン(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs) コンチェルト・パラティーノ 
録音:2004年6月

Disc30
ソロ・カンタータ@
第51番『すべての国よ、神を誉め讃えよ』BWV51 
アリア『神と共にすべての事に当り』BWV1127* 
結婚カンタータBWV210よりアリア『歌たちよ、魂のこもった調べを奏でて』
*世界初録音
キャロリン・サンプソン(S) 
録音:2005年9月

Disc31
ライプツィヒ時代1724年のカンタータM
第91番『褒め讃えられよ、イエス・キリスト』BWV91 
第101番『私から取り去ってください、主よ、まことの神よ』BWV101 
第121番『キリストを誉め讃うよう、喜ばしく』BWV121 
第133番『私は、あなたのうちにあって喜び』BWV133
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs) コンチェルト・パラティーノ
録音:2004年3月

Disc32
ライプツィヒ時代1725年のカンタータ@
第111番『わが神のみこころがに、常に成就しますように』BWV111 
第123番『最愛のイマヌエル、敬虔なる者の君主よ』BWV123 
第124番『私のイエスを離さない』BWV124 
第125番『平安と喜びをもって、私は逝こう』BWV125
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) アンドレアス・ヴェラー(T) ペーター・コーイ(Bs) 
録音:2005年2月

Disc33
ライプツィヒ時代1725年のカンタータA
第41番『イエスよ、今讃美を受けたまえ』BWV41 
第92番『私は、神の心とみ旨に』BWV92 
第130番『主なる神よ、我ら皆あなたを讃えます』BWV130
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ヤン・コボウ(T) ドミニク・ヴェルナー(Bs) 
録音:2005年4月

Disc34
ライプツィヒ時代1725年のカンタータB
第1番『何と美しいことでしょう、暁の星が照り輝くのは』BWV1 
第126番『我らを保たせたまえ、主よ、あなたの御言葉のもとに』BWV126
第127番『主イエス・キリスト、真の人にして神』BWV127
キャロリン・サンプソン(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2005年6月

Disc35
ライプツィヒ時代1725年のカンタータC
第128番『ただキリストの昇天のみが』BWV128 
第176番『傲慢な、そして臆病なものが』BWV176 
第87番『今までは、あなたがたは私の名によっては何も願わなかった』BWV87
第74番『私を愛する人は、私の言葉を守る』BWV74
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2006年7月

Disc36
ライプツィヒ時代1725年のカンタータD
第42番『その同じ安息日の夕方』BWV42 
第103番『おまえたちは、泣き喚く』BWV103 
第108番『私が去り行くのは、あなたがたの益となる』BWV108 
第6番『留まってください、私たちと共に』BWV6
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ジェイムズ・ギルクリスト(T) 
ドミニク・ヴェルナー(Bs)
録音:2006年2月23-27日

Disc37
ソロ・カンタータA〜アルト独唱のためのカンタータ集
第169番『神にのみ、私の心を捧よう』BWV169 
第170番『満ち足りた安らぎ、魂の愉しむ悦びよ』BWV170 
第35番『霊と魂は、惑い乱れます』BWV35 
第200番『告白します、あの方の御名を』BWV200
ロビン・ブレイズ(C-T)
録音:2005年8月、2006年9月

Disc38
ソロ・カンタータB
第52番『偽りの世よ、おまえなどに頼るまい』BWV52
第82番『私は、満ち足りた』BWV82(バス稿)
第55番『私は、哀れな人、罪のしもべ』BWV55
第58番『ああ神よ、何と多くの心の痛みが』BWV58
キャロリン・サンプソン(S) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2006年9月

Disc39
ライプツィヒ時代1725年のカンタータE
第68番『これほどにも、神はこの世を愛された』BWV68
第175番『彼は自分の羊の名を呼んで』BWV175
第28番『神を讃えよ!今や、一年は終わり』BWV28
第183番『彼らはおまえたちを追放し』BWV183
第85番『わたしはよい羊飼いである』BWV85
キャロリン・サンプソン(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs) コンチェルト・パラティーノ ディミトリー・バディアロフ(ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ) 
録音:2007年2月

Disc40
ライプツィヒ時代1725年のカンタータF
第137番『主を讃えよ、大いなる力に満ち栄光に輝く王を』BWV137
第168番『申し開きをなせ!との雷鳴のごとき言葉』BWV168
第79番『主なる神は太陽にして盾なり』BWV79
第164番『汝ら、キリストのものと自称する者たちよ』BWV164
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2007年6月

Disc41
ソロ・カンタータC
第56番『われは喜んで十字架の杖を手に取らん』BWV56
第82番『私は、満ち足りた』BWV82(ソプラノ稿)
第158番『平安汝にあれ』BWV158
第84番『われは己が定めに満ち足れり』BWV84
キャロリン・サンプソン(S) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2007年9月、2008年7月

Disc42
ライプツィヒ時代1726年のカンタータ@
第72番『すべてはただ神の御心に依って』BWV72
第32番『いとも慕わしいイエス、わが焦がれ求める君よ』BWV32
第13番『わがため息、わが涙は』BWV13
第16番『主なる神よ、汝を我らは誉め讃え』BWV16
レイチェル・ニコルズ(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2008年2月6-10日

Disc43
ライプツィヒ時代1725年のカンタータG
第110番『われらの口には笑いが満ち』BWV110
第57番『幸いなるかな、試練を耐え忍ぶ者は』BWV57
第151番『甘き慰め、わがイエスが来給う』BWV151
ハナ・ブラシコヴァ(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2007年7月25-29日

Disc44
ライプツィヒ時代1726年のカンタータA
第146番『我らは多くの苦難を経て神の国に入るべし』BWV146 
第88番『見よ、われは多くの漁師を遣わし』BWV88 
第43番『神は歓呼の声とともに天に昇らん』BWV43
レイチェル・ニコルズ(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2008年9月18-22日

Disc45
ライプツィヒ時代1726年のカンタータB
第39番『割いて与えよ、飢えた者に汝がパンを』BWV39
第187番『すべての創られしものはあなたを待ち望む』BWV187
第129番『主に誉れあれ』BWV129
ヴァイオリンと管弦楽のためのシンフォニアニ長調BWV1045
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ペーター・コーイ(Bs) 若松夏美(Vn)
録音:2009年2月

Disc46
ライプツィヒ時代1726年のカンタータC
第102番『主よ、あなたの目は信仰を顧み給う!』BWV102
第45番『人よ、良きことの何たるかはすでに汝に告げられたり』BWV45
第17番『感謝の捧げ物をなす者、これぞわれを讃える者』BWV17
第19番『戦闘が起これり』BWV19
ハナ・ブラシコヴァ(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2009年9,10月

Disc47
ライプツィヒ時代1726年のカンタータD
第36番『嬉々として舞い上がれ、星々の高みにまで』BWV36(決定稿)
第47番『誰であれ高ぶる者は低くせられ』BWV47
第27番『誰ぞ知らん、わが最期の時がいかに迫り来るかを』BWV27
ハナ・ブラシコヴァ(S) ロビン・ブレイズ(C-T) 水越啓(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2010年2月

Disc48
ライプツィヒ時代1727〜29年のカンタータ@
第34番『おお永遠の炎、おお愛の源よ』BWV34
第117番『賛美と栄光が至高なる善にあれ』BWV117
第98番『神のなし給うは恵みに満てる御業』BWV98
第120番『神よ、シオンにて安らかにあなたを賛美し』BWV120
ハナ・ブラシコヴァ(S) ロビン・ブレイズ(C-T) 水越啓(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2010年6月

Disc49
ライプツィヒ時代1727〜29年のカンタータA
第188番『我は堅き信頼を』BWV188
第156番『我は片足を墓穴に入れて立つ』BWV156
第159番『見よ、我らはエルサレムへと上り行く』BWV159
第171番『神よ、あなたの御名のごとく、あなたの誉れも』BWV171
レイチェル・ニコルズ(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2010年9月

Disc50
ライプツィヒ時代1726〜29年のカンタータ
第149番『勝利と歓呼の歌が響く』BWV149
第145番『我の生くるは、わが心よ、汝が喜びのため』BWV145
第174番『我はいと高き神を心の限りに愛す』BWV174
第49番『我は、狂おしく焦がれる思いを胸に出で行き、探し求む』BWV49
ハナ・ブラシコヴァ(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2011年2月

Disc51
ライプツィヒ時代1727〜32年のカンタータ
第195番『義しき者に光は幾度となく差し昇り』BWV195
第192番『いざ、すべての者よ、神に感謝せよ』BWV192
第157番『我はあなたを離さじ、我を祝福し給うまでは!』BWV157
第120a番『主なる神、すべてを司る者』BWV120a
ハナ・ブラシコヴァ(S) ダミアン・ギヨン(C-T) クリストフ・ゲンツ(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2011年6月

Disc52
ライプツィヒ時代1730〜40年代のカンタータ@
第140番『目覚めよと、我らに呼ばわる声』BWV140
第112番『主はわが頼もしき羊飼い』BWV112
第29番『我らは感謝せん、神よ、あなたに感謝せん』BWV29
ハナ・ブラシコヴァ(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2011年9月

Disc53
ライプツィヒ時代1730〜40年代のカンタータA
第97番『わがなすすべての営みにおいて』BWV97
第177番『我はあなたに叫び求めん、主イエス・キリストよ』BWV177
第9番『救いは我らに来たれり』BWV9
ハナ・ブラシコヴァ(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2012年2月

Disc54
ライプツィヒ時代1730〜40年代のカンタータB
第100番『神がなし給うは恵みに満ちた御業』BWV100
第14番『神がこの時我らと共におられなければ』BWV14
第197番『神は我らの避け所』BWV197
第197a番『いと高きところにいます神に栄光あれ』BWV197a(断片)
ハナ・ブラシコヴァ(S) ダミアン・ギヨン(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2012年9月

Disc55
ライプツィヒ時代1730〜40年代のカンタータC
第69番『主よ讃えよ、わが魂よ』BWV69
第30番『喜べ、贖われた者たちの群れよ』BWV30
第191番『いと高きところには神に栄光あれ』BWV191
ハナ・ブラシコヴァ(S) ロビン・ブレイズ(C-T) ゲルト・テュルク(T) ペーター・コーイ(Bs) 三宮正満(オーボエ/オーボエ・ダモーレ) 菅きよみ(フラウト・トラヴェルソ) 寺神戸亮(コンサートマスター)
録音:2013年2月

バッハ・コレギウム・ジャパン
鈴木雅明(指揮)

録音場所:神戸松蔭女子学院大学チャペル
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
SACD Hybrid
CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
リヒターやリリングなどで聴きなじんだバッ...

投稿日:2016/05/08 (日)

リヒターやリリングなどで聴きなじんだバッハの教会カンタータだが、BCJによる、まるで曲が今そこで生み出されたばかりのような生気あふれる演奏は、別の意味で魅力的だ。 全巻のSACD/Hybridセットが10万円で発売された時に、ほとんど注文しようと思ったのだが、置き場所を取るので我慢した。今回購入したコンパクトな輸入盤は、財布にもスペースにも優しいし、付属の2冊の英独仏のパンフレットも必要十分だ。なお、パンフレットに記されたデータによると、1995年から2013年の19年間に録音されたもので、2003年までは16-20bit/44.1kHzのステレオ録音で、それ以降は24bit/44.1-88.2kHz(55枚目だけは24bit/96kHz)のサラウンド録音となっており、DSD録音はなされていない。今回、初期の録音もSACDでリマスターしてあり、SACD層で初期(16/44.1)と最後の録音(24/96)を聴き比べてみたが音質に違いはなく、いずれも高水準にある。SACD層とCD層では前者のほうが音は自然で柔らかだが、普通の意味ではCDでも充分に良い音だと思う。

日光仮面 さん | 鹿児島県 | 不明

3
★
★
★
☆
☆
発売は嬉しいが販売方法には・・昨年少し安...

投稿日:2016/04/15 (金)

発売は嬉しいが販売方法には・・昨年少し安くなって再販売、BCJなら「買わなけりゃ」と思って思い切って購入。1年後、ふと見ると輸入盤だけど1/4価格で登場。私のように他の方の全集でも対訳集で今まで対応していた者にとっては複雑な心境。この価格なので寝室か車用にと言い聞かせてポチ!してしまった。こんな事続けたら私の懐が持たない。

マッキー56 さん | 長野県 | 不明

5
★
★
☆
☆
☆
皆さんお褒めの全集ですが、私も一部所蔵し...

投稿日:2016/03/19 (土)

皆さんお褒めの全集ですが、私も一部所蔵していますが、カウンターテナーがどうしても好きになれません。そして、何より鈴木雅明の解釈は他のガードナー、リリングと比べ浅いように思われます。 以前の11万が2万円台と大いに食指が動きましたが、以上の理由で見送りです。この全集はカンタータ好きよりオーデオ好き向けですね。

TA さん | 神奈川県 | 不明

10

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連する商品・チケット情報

  • 鈴木雅明&BCJによるバッハ:世俗カンタータ第8弾 SACDハイブリッド盤。ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世のために書かれた2篇、『汝の果報を称えよ、祝福されしザクセンよ』と『静かに流れよ、たわむれる波よ』を収録。 ローチケHMV|1日前
  • 【映像】バッハDVD12枚組ボックス ガーディナー、アバド、ブロムシュテット、鈴木雅明、コープマンなど、EURO ARTSレーベルで発売されたJ.S.バッハとC.P.E.バッハ作品映像からの12枚組DVDボックス。 ローチケHMV|7日前
  • 武久源造の弾くバッハ「適正律」クラヴィーア曲集 「平均律」の名で呼ばれるこの作品を「適正律」と訳しての全曲録音を始動。ペダル付チェンバロとジルバーマン・ピアノを自在に奏しバッハの真意に迫ります。 ローチケHMV|2017年3月19日(日)
  • ディナースタイン/モーツァルト・イン・ハバナ シモーネ・ディナースタインとキューバとの直接的な関係は、彼女の師でありハバナ出身のピアニスト、ソロモン・ミコウスキーが、2014年ハバナでの音楽フェスティバルを発足させ、彼女を演奏に招待したことでした。 ローチケHMV|2017年3月17日(金)
  • シャイーのバッハ録音が7枚組ボックスに 世界最古の歴史を誇るゲヴァントハウス管弦楽団は、バッハと深いつながりを持つオーケストラでもあり、シャイーはその伝統を大切にして、『マタイ受難曲』やブランデンブルク協奏曲、クリスマス・オラトリオなどで高い評価を得ていました。 ローチケHMV|2017年2月26日(日)
  • リチャード・エガーによるバッハ:パルティータ全曲 バッハの作品を論じるときにしばしば用いられる「数字」。このディスクでも、エガーは自身でライナーノートを書いていますが、この数字をベースに興味深い文章を寄せています。 ローチケHMV|2017年2月20日(月)

古楽 に関連する商品・チケット情報

  • コレッリの弟子たちのヴァイオリン協奏曲集 イギリスのバロック・ヴァイオリンの巨匠サイモン・スタンデイジの新作は、偉大なコレッリの影に隠れて不当に無視されてきた3人の弟子たちのヴァイオリン協奏曲集。 ローチケHMV|9時間前
  • コンチェルト・メランテ/神はわがやぐら テレマンはルター派のためのカンタータを数多く書いており、作曲の際には、讃美歌のコラールを盛り込むことで、信仰心を表現したとも言われています。 ローチケHMV|1日前
  • ズーカーマン・プレイズ・ヴィヴァルディ(6CD) 滴るような美音で知られる名ヴァイオリニスト、ピンカス・ズーカーマンの6枚組のボックス。「四季」は1972年のイギリス室内管と1980年のセントポール室内管との2種類の録音を収録しています。 ローチケHMV|4日前
  • ア・カペラ合唱グループ「スティレ・アンティコ」の澄みきった声楽アンサンブル SACDハイブリッド。ルネサンスの作曲家、ジャケス・デ・ヴェルトの作品を、「いにしえのスタイル」の名を持つイギリスの声楽アンサンブル、スティレ・アンティコによる晴れやかで透明なア・カペラ合唱で。聴いてうっとりとする1枚です。 ローチケHMV|2017年3月22日(水)
  • ユリア・レージネヴァ/グラウン:アリア集 グラウンは後期バロック音楽から古典派音楽への過渡期に活躍し、その作風にはギャラント様式による繊細な表現、旋律美の追究など、18世紀中ごろのドイツにおける新しい音楽思潮が反映されています。 ローチケHMV|2017年3月21日(火)
  • リコーダーの名手、オベルリンガーの新作は『ロココ』 ロココ様式と呼ばれる装飾音符を多用した軽快な音楽を中心に収録したアルバム。横笛も含む様々なリコーダーを使用し、創意工夫に富む多彩な装飾音や、切れ味の良いテクニック、アンサンブルの妙味を満喫できます。 ローチケHMV|2017年3月20日(月)

おすすめの商品