CD 輸入盤

ヴァイオリン・ソナタ全集第3集 アリーナ・イブラギモヴァ、セドリック・ティベルギアン(2CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDA68143
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ全集第3集(2CD)
アリーナ・イブラギモヴァ、セドリック・ティベルギアン


21世紀ロシアの名手、アリーナ・イブラギモヴァ。2015年から2016年にかけての来日公演でも全曲演奏会が行われたモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集。よく知られた名作から若きモーツァルトが書いた初期のソナタまでをバランスよく組み合わせるというコンセプトで各巻が選曲されており、第3巻は2015年10月3日の王子ホール「全曲演奏会第3回」で演奏されたプログラム。
 愛器アンセルモ・ベッロシオ1775年頃製作のヴァイオリンを携えたアリーナ・イブラギモヴァが、朋友セドリック・ティベルギアンと奏でる麗しく清新なるモーツァルト。2017年にも、コンチェルトやティベルギアンとのデュオで複数来日公演を予定しているアリーナ・イブラギモヴァの大活躍は止まりません!(輸入元情報)

【収録情報】
モーツァルト:
● ヴァイオリン・ソナタ第32番変ロ長調 K.454
● ヴァイオリン・ソナタ第12番ト長調 K.27
● ヴァイオリン・ソナタ第17番ハ長調 K.296
● ヴァイオリン・ソナタ第36番ヘ長調 K.547
● ヴァイオリン・ソナタ第16番変ロ長調 K.31
● ヴァイオリン・ソナタ第23番ニ長調 K.306

 アリーナ・イヴラギモヴァ(ヴァイオリン)
 セドリック・ティベルギアン(ピアノ)

 録音時期:2015年5月26-28日
 録音場所:イギリス、ワイアストン・コンサート・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品