同性婚人権救済弁護団

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

同性婚 だれもが自由に結婚する権利

同性婚人権救済弁護団

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784750343938
ISBN 10 : 4750343935
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
追加情報
:
259p;22

内容詳細

同性婚を認めないのは、憲法違反。2015年7月、同性婚の法制化を求め、455名が日弁連に人権救済を申し立てた。なぜ法制化を求めるのか、どんな生きづらさ、利益があるのか―。当事者たちの切実な声を織り交ぜながら、その実態を明らかにするとともに、婚姻制度にかかわる憲法や民法の論点、世界の動きなども解説。同性婚を憲法上の権利として確立したアメリカ最高裁判決の日本語訳も収載。

目次 : 1 悩み・孤立・生きづらさ―私たちが同性婚を求めるのはなぜか(子どものころに感じた不安や戸惑い/ 社会から受け入れられない自分を受け入れられない ほか)/ 2 なぜ、差別や偏見があるのだろう?―「同性愛嫌悪」の根底にあるもの(同性愛ってなんだろう?/ なぜ、同性愛になるのだろう? ほか)/ 3 同性カップルを取り巻く不利益―かくも不平等な法律、制度、ルール(パートナーが亡くなったとき/ 事故や病気のとき ほか)/ 4 憲法や法律は同性婚をどうとらえているか―「憲法で禁じられている」の誤り(民法ではどうなっているんだろう?/ 憲法ではどう解釈できるのだろう? ほか)/ 5 世界にひろがる同性婚―日本との違いはどこにあるのか

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

社会・政治 に関連する商品・チケット情報

  • 『友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」』 告げられた余命はわずか3か月。生還か永遠の別れか―。大人たちが挑んだ極限の闘い。 大人の男たちの間に生まれた、知られざる友情の物語。 ローチケHMV|2017年10月30日(月)
  • 上野千鶴子 - 世代の痛み - 団塊ジュニアから団塊への質問状 小泉今日子との「アンチ美魔女」対談の記憶も新しい、社会学者上野千鶴子と、ロスジェネを代表する活動・著述家、雨宮処凛が、来たるケア社会・非婚時代などすぐそこにある社会課題を論じ合うスリリングな1冊。 ローチケHMV|2017年10月18日(水)
  • 宇野 常寛- 母性のディストピア 『ゼロ年代の想像力』『リトル・ピープルの時代』とその射程を拡大してきた著者の新たな代表作にして、戦後サブカルチャー論の決定版。 ローチケHMV|2017年10月4日(水)
  • 中野信子 (脳科学者)-ヒトは「いじめ」をやめられない 「ほんまでっか!?TV」ほかバラエティや情報番組でおなじみの脳科学者中野信子の新刊。子どもはもちろん、大人社会でも多発している「いじめ」にどのように対処すればいいの―?脳科学から考えたヒントが満載。 ローチケHMV|2017年9月20日(水)
  • 【祝!ご婚約内定】眞子さま 25年のご足跡 眞子さまのご誕生から成長の歩み、直近の公務まで、100点以上の写真とともにご紹介。 ローチケHMV|2017年9月4日(月)
  • ”日本一気軽に読める”政治入門書!(だけど結構、本格派) 「そもそも政治がわかりません」「マスコミをどこまで信じる?」「その情報、アヤシクない?」などなどAKB48の3人(茂木忍、加藤玲奈、向井地美音)の素朴なギモンを、いま最注目の若手憲法学者・木村草太さんとジャーナリストの津田大介さんに学ぶ。 ローチケHMV|2017年6月22日(木)

おすすめの商品