人物・団体(アーティスト) My ページにブックマーク登録する

ページで絞り込む

人物・団体名(アーティスト)で
絞り込む

表示順:

Beatles

Beatles ( ビートルズ ) アーティストTOP 商品一覧

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。 続きを読む

登録  

King Crimson

King Crimson ( キング・クリムゾン ) アーティストTOP 商品一覧

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。 続きを読む

登録  

David Bowie

David Bowie ( デヴィッド・ボウイ ) アーティストTOP 商品一覧

もともと音楽スタイルを巧く横断していくような身軽な賢さや絶妙なバランス感覚を売りにしていた彼は、ある種のアメリカン・ロックやソウルのアーティストが追及していくような音楽表現の深さみたいな、ある種の逃げと成熟が許されない立場に立たされたということも言えるかもしれない。 続きを読む

登録  

Rolling Stones

Rolling Stones ( ローリング・ストーンズ ) アーティストTOP 商品一覧

今更改めて言うことでもないけれど、ローリング・ストーンズは四半世紀以上に亘って活動しているロックンロール・バンドだ(ロックンロールの部分に、ある人はブルースを入れてもいいし、R&Bあるいはポップだって構わない)。この事実が意味するところは、現在居る彼らのファンの半数以上にとって、ストーンズとは、物心ついた頃から既に在ったバンドだということだ。 続きを読む

登録  

Paul McCartney

Paul McCartney ( ポール・マッカートニー ) アーティストTOP 商品一覧

ポール・マッカートニーを形容する言葉としてぴったりくるものは何だろう?元ビートルズ。親しみ易く普遍的なスタンダード・ナンバーを幾つも作った稀代のメロディ・メイカー。あるいは無類のロックンロール好き。英国出身のミュージシャン中でも最高峰のセレブリティ(サーの称号すら持つ)…いやいずれも当たりではあるのだが、どこか物足りない気がする… 続きを読む

登録  

Guns N' Roses

Guns N' Roses ( ガンズ・アンド・ローゼズ ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

Led Zeppelin

Led Zeppelin ( レッド・ツェッペリン ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

Jimi Hendrix

Jimi Hendrix ( ジミ・ヘンドリックス ) アーティストTOP 商品一覧

その短いキャリアの中でロック・ミュージックにおけるギタープレイの革命を起こしたジミ・ヘンドリックスは、現在もなお「伝説」として語り継がれている。またジミは、イノヴェイティヴな音楽を遺した業績は勿論のこと、そのどこか音楽の殉教者といえるような悲劇的な佇まいから、ひょっとしたらロック史において最も「天才」という言葉が似合うアーティストと言えるかもしれない。 続きを読む

登録  

Eric Clapton

Eric Clapton ( エリック・クラプトン ) アーティストTOP 商品一覧

誰もが認める「ギターの神様」エリック・クラプトン。そして、その「のっぴきならない」エモーショナルなギター・サウンドに加え、歌表現まで含めたブルースの追求に目覚めたことが、エリック・クラプトンの音楽に強い訴求力とポピュラリティを付け足したのではないだろうか。 続きを読む

登録  

Bob Dylan

Bob Dylan ( ボブ・ディラン ) アーティストTOP 商品一覧

米フォーク/ロックの巨人として誰もが認めるボブ・ディランの歌唱は実にユニークなもの。単に個性的というだけでは明らかに表現が足りないだろう。人間臭さや生きる佇まいそのものが現れている彼の歌声は、一度聴いたら忘れようにも忘れられないほどのインパクトを持って迫ってくるのだ。 続きを読む

登録  

Pink Floyd

Pink Floyd ( ピンク・フロイド ) アーティストTOP 商品一覧

ピンク・フロイドといえばキング・クリムゾン、イエス、ジェネシス 、EL&Pなどと並んでUKプログレッシヴ・ロックの黄金期を築いたバンドであることはいうまでもないが、最近ならばレディオヘッドなどに代表されるどこか陰鬱な部分を持ったUKロックバンドを例える際に、必ずといっていいほど名前が用いられるのもまたピンク・フロイドである。 続きを読む

登録  

Judas Priest

Judas Priest ( ジューダス・プリースト ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

Jeff Beck

Jeff Beck ( ジェフ・ベック ) アーティストTOP 商品一覧

ロック界最高峰の天才ギタリストのひとりであり、またエリック・クラプトン、ジミー・ペイジとともに英国ロックの3大ギタリストとも称されているジェフ・ベック。最近ではやや老成してしまった感の否めない二人を尻目に、ベックは時折、彼特有の気まぐれぶりを見せはするものの、今も現役感覚に満ちた緊張感のあるプレイを聴かせてくれる。 続きを読む

登録  

Cheap Trick

Cheap Trick ( チープ・トリック ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

Frank Zappa

Frank Zappa ( フランク・ザッパ ) アーティストTOP 商品一覧

「難解」、「変態」などと言う言葉で論じられることの多いザッパだか、時代に流されること無く、自身の音楽にこだわり続けた姿勢はこれから先も変わらず評価され続けるに違いない。 続きを読む

登録  

Neil Young

Neil Young ( ニール・ヤング ) アーティストTOP 商品一覧

はじめてニール・ヤングの歌声を聴いたときは、軽いショックを受けた。なぜならその声を聴く以前に、雑誌だかLPのジャケットだかで、彼のゴツい風貌を目にしていたからだ。その体躯に似合わぬ繊細な高音ヴォーカル、と当初は思ったわけだが、今ではあの顔にしてこの声、というのが分かち難く結びついてしまって、当初どのような声を想像していたのか思い出せないほどになっている。 続きを読む

登録  

Tom Waits

Tom Waits ( トム・ウェイツ ) アーティストTOP 商品一覧

1949年12月7日生まれ。カリフォルニア州ポモーナにて、病院に滑り込んだタクシーの中で生まれたとは本人談。嗄れた歌声、独特の歌詞世界、スモーキーで味わい深い音楽性は業界内外で高く評価されている。 続きを読む

登録  

Queen

Queen ( クイーン ) アーティストTOP 商品一覧

’60年代イギリスが生んだ国民的ヒーローをビートルズとするなら、’70年代はまさしくこのクイーンが、イギリスが生んだ国民的英雄といえるだろう。そしてこの言葉に加えて言うならば、’70年代のロックを代表するまでに音楽的に高度な達成を為した偉大なるバンドであるのは当然のこと、現在でも最もファンに愛され続けるバンド、という形容が似合う際立った存在であるということだろうか。 続きを読む

登録  

The Who

The Who ( ザ・フー ) アーティストTOP 商品一覧

ハイ・ナンバーズはサンデンの代わりにキース・ムーンを迎え、バンドには黄金のラインアップが揃った。またこの時期、カネに困ったミーデンがハイ・ナンバーズのマネージメント権を、キット・ランバートとクリス・スタンプという二人に売り渡すという事件が起こったが、かねがねミーデンのやり方に不満を持っていたバンドにとってはこれはかえって良い出来事といえた。彼らはバンド名を再びザ・フーに戻し、再スタートを切る。 続きを読む

登録  

Van Morrison

Van Morrison ( ヴァン・モリソン ) アーティストTOP 商品一覧

そのシブい音楽性から若いリスナーにはおそらく、何か通好みといったイメージを持たれているだろうヴァン・モリスンだが、その歌声はそうしたイメージとは別種の、ある種開放的で直接的ともいえるカタルシスを感じさせてくれる…。 続きを読む

登録  

%%header%%閉じる

%%message%%